アトム-サイト
[ アトム-サイト ] - 管理人さんのページです。
feed-icon RSS2.0   feed-icon Atom
[ ゲーム ] 一覧へ
プレーメーカー
管理人さんのブログ 2011-03-15 15:01:04

Wiiイレ
Wiiの【ウイニングイレブン プレーメーカー】をやっています。
ゲームを楽しむというよりは、戦術のお勉強って感じ(やってて楽しいのは確かですが…)。
子供達の試合中等、年齢的に段々と戦術的な話もしないといけないですからね。

戦術本
サッカーのお勉強の為に色々な戦術の本は読むんですが、ピンと来た本はこの2冊くらいかな。
難しいのも読んでみたんですが、その本なんかはほとんど理解できませんでしたね(難解に書く事に神経が注がれている感じで、うまく伝えようという意識が全く無い本でした)。
ゲーム プレーメーカー (.jpg)
【Jリーグをめざす SOCCER 戦術編】(Amazonだとコチラ
 ・横浜マリノスの本
 ・局所的(1対1・2対1・3対2)なポイントと練習法
 ・攻守の基本チーム戦術
 ・各ポジションの役割
 ・キーパー技術
【サッカーの戦術&技術】(Amazonだとコチラ
 ・攻守の個人戦術
 ・攻守のチーム戦術
 ・ゴール前でのプレー
 ・問題点別解決策
ピンと来るとは言っても、そんなに目新しい事は書かれていませんね。
普段、自分がサッカーをしていて感じる事が、そのまま記載してある感じ。
でも、子供達に伝える事と自分が出来る事は別なわけで、結局は『本を読むなりして確認し理解した事を、整理して理論的に説明できるかどうか』って所がポイントな気がします。
その為の【ウイニングイレブン プレーメーカー】です(いちいち子供達の試合で試行錯誤するわけにはいかないですから…)。

新しく戦術系の本を買ってみました。
プレーメーカーの為というのも多少はあるんですが、戦術から子供達の練習メニューへ落とし込める感じの本が欲しかったので選んで購入。
ゲーム プレーメーカー (.jpg)
【オランダに学ぶ サッカー戦術 練習メニュー120】(Amazonだとコチラ)。
いいですよ、この本。
子供の試合を見て「××が上手くいかないんだけど、どう練習すればいいの?」とかいつも思うんですが、そのオランダ式の対処法がバッチリ書かれています。
練習メニュー自体は『ゲームの中のポイントになる部分を切り取って再現させる』というやり方ですね(あくまで実践的にやるという事です)。
そのまま使えそうなメニューばかりが載っていて、ありがたい一冊です。
【バルサ流トレーニングメソッド】(Amazonだとコチラ)。
『戦術的ピリオダイゼーション』という難しい名前が付いた理論に基づいて組まれた練習メニューがいっぱい載っています。
要約すると『サッカーとは色々な要素が混在してるので、個々を抜き出したメニューを組んでもダメ(例えばフィジカルだけとか)、サッカー自体を練習しましょう』という事です。
着眼点は違うんですが、先に読んだ『オランダに学ぶ サッカー戦術 練習メニュー120』と同じ様な結論になってる気がしますね。
メニュー内容は『××させたる為の練習法』という括りでまとまっています(これまた使えるメニューばかりで、お勧めの一冊です)。

戦績
でも、よく出来てますね、ウイニングイレブン プレーメーカー。
完璧に試合をシミュレーション出来ちゃうので、やり込む毎に戦術的な理解が深まる気がします。
良いゲームソフトです。
元コナミの社員として、鼻高々ですよ(アハハ…)。
Amazonでプレーメーカーを探した結果はコチラ(ココをクリック)。
知らない人とネット対戦してるんですが、1割程の割合でしか勝てませんよ(今の勝率はもう少し良いです)。
プロがする実際の試合以上にパス回しが早く綺麗に攻めてくるので、どうにも太刀打ちできません。
皆さんネットでやり込むくらいなので、かなりの強豪揃いですね(たまに、攻撃がもたつく様な人に勝てるくらいです)。

攻略
実際のサッカーでも同じなんですが、気にしている攻略ポイントを書いておきます(でも、結局は『その場でのヒラメキ』かなぁ)。
攻撃
・全体を見て、空いたスペースを探す(サイドチェンジとか)。
・スペースで受けて、動くスペースに合わせてドリブルとかを入れる。
・ボールを見るのではなく、次の事(次の次とか)を考えてソコを動かす(「次を動かしたら、そこへのパスの出し手にボールが来る」というタイミングなので、2手先まで動かしておく)。
・選択肢がいくつかある場合は、その場で咄嗟に最善と思われる選択に切り替える。
・DFを引き付け動いた後のスペースを使う。
・ポストプレーのクサビ後に受けると、フリーになれる(シュート打てたりする)。
・しっかりパスを繋ぐ為に、DFの間にポジションを取る(前方で受ける時は、ボールに寄る)。
・パスを出す方も動いてDFに当たらない場所からパスを通す(受け側まで直線を引く感じ)。
・DFを引き寄せてからパスを出してあげる。
・足元ではなく、前を向かせるパスがいい(空いてるスペースへのパスは、後ろの人が使う)。
・ゴールエリアのライン辺りで前を向いてシュートしたいので、そこにパスやセンタリングを上げる(キーパーに取られないギリギリに、出し手が場所とタイミングを合わせる)。
・ヘディングは威力が無いので、なるべくグランダーのセンタリングにする。
・カウンターは縦に早く、シンプルに。
・シュートは2列目が走りこむ(1列目は反転しないといけないので…)。
・中央がDFでふさがれている時は、ペナルティエリア辺りを回り込む攻め方でシュートまで持っていく。
・1本で通らないパスは、他の人のダイレクトパス経由にする。
・大事なスペースを使いたい時は、他の人経由のパスにすると、スペースでのDFの寄りが遅れさせられる。
守備
・プレスをかけ始める位置を決めておく。
・ポジションをゴールと相手のライン上。
・ボールと相手が見える向き。
・裏を取られないチャレンジできるポジション。
・カバーリングの意識。
・相手のスペースを消す為の、縦の距離をコンパクトにした守備。
・最終ラインを上げれば、FWをオフサイドポジションに置き去りにでき中盤の数的優位を作れる(ボールにプレッシャーが掛かっている時)。
個人
・無理な方向に切り返さない(特に前方にDFが居る時は、無理しない)。
・次に出したいパスの方向にコントロールする(ファーストタッチ)。
操作
・センタリングは、行き先ドリブル指定してしまって中央を操作する。
・ひっぱりは、Aボタン2回押しで2回目を引っ張る(ひっぱりミスが無くなる)。
・DFは危ない所に引っ張りDF。
・プレスをかけ始める位置からマンマーク&パス警戒。

※ 『プレーメーカー』に繋がる関連物を 視覚的に探しだせるサイトを作ってみました(よろしければクリックしてみてくださいね)。

 月間ページ閲覧者数:6人

[ ゲーム ] 一覧へ


<< 2018年9月
2018年9月19日(水)
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

 最近の書き込み

SMTP
  <2016-04-06 12:03:21>
S.M.A.R.T.
  <2015-05-07 08:03:36>
POP
  <2015-04-21 11:33:37>
Linuxコマンド
  <2015-04-21 11:03:04>
アルバートオデッセイ
  <2014-08-04 23:12:12>
トイレ
  <2014-01-31 08:58:16>
(*)調光スイッチ
  <2013-09-30 10:46:11>
(*)調光スイッチ
  <2013-09-20 01:26:34>
(*)調光スイッチ
  <2013-09-17 12:21:11>
(*)調光スイッチ
  <2013-09-15 20:13:59>


 カテゴリー

おでかけ(83)
サッカー(45)
旅(45)
DIY(43)
食べ物(39)
映画(36)
家(35)
季節(34)
健康(32)
地元(29)
本(29)
家族(29)
モバイル(23)
生物(23)
学校(22)
家電(21)
ドラマ(21)
風景(18)
Web(18)
PCハード(17)
通勤(16)
ゲーム(16)
 ・ アルバートオデッセイ
 ・ DS英語ソフト
 ・ 得点力学習DS
 ・ 3DS
 ・ プレーメーカー
 ・ Wii
 ・ セガワールド
 ・ ゲームセンター
 ・ 横浜はじめて物語
 ・ ROUND 1 (豊橋)
 ・ Wiiリモコン専用 無接点充電セット
 ・ UFOキャッチャー
 ・ DS修理
 ・ 東京ゲームショー
 ・ サン電子
 ・ DSゼルダ無幻の砂時計
Winアプリ(15)
ブログ(14)
Linux(13)
飲み物(13)
自転車(13)
ゴルフ(11)
ブラウザ(11)
ネットワーク(10)
javascript(10)
足技(9)
php(9)
会社(8)
感銘映像(8)
税金(6)
空想(5)
VMware(5)
Ruby(4)
データベース(3)
perl(1)