アトム-サイト
[ アトム-サイト ] - 管理人さんのページです。
feed-icon RSS2.0   feed-icon Atom
[ Web ] 一覧へ
EC-CUBE
管理人さんのブログ 2009-12-14 16:33:24

『osCommerce』、『ZenCart』とショッピングサイトのシステムをインストールしてきたが、一番いいのはやっぱり『EC-CUBE』(他に比べて、開発が活発、進化継続中です)。
※『海外向け』や『ダウンロード商品』への対応がないので、その場合は『ZenCart』ですかね。

オープンソースなので、基本無料。
インストール自体は、ZenCartと同じ様な物で簡単。
公式サイトを参考にして入れてみてください。

自分がやるのは、いつもこんな感じです。
# wget http://downloads.ec-cube.net/src/eccube-2.4.1.tar.gz
# tar zxvfp eccube-2.4.1.tar.gz (パーミッション保持展開)
# mv eccube-2.4.1 shop
# chown -Rf apache:apache shop/
apache設定のDocumentRootをhtml以下にして、ブラウザで/install/にアクセスするだけ。

サブディレクトリ以下にEC-CUBEを入れたい場合(www.****.com/shop/等)は、eccube/html/を既存のDocumentRootのshopへ。eccube/data/をDocumentRoot以上の位置へ移動させ、define.phpのHTML2DATA_DIR,DATA_DIR2HTMLをそれぞれ編集します。

# cd eccube/
# mv html/ ../
# cd ..
# mv html shop

# cd eccube/
# mv data/ ../../

追記(修正):サブディレクトリ対応は、dataとhtmlを別にするより、普通に展開したままのディレクトリ構成でDocumentRoot以下へhtmlへのシンボリックリンクを張った方がいいです。

編集後、通常通りブラウザで/install/にアクセスすれば、インストールが始まります。
インストール後、ショップ情報や郵便番号DB登録等。
SSL対応する場合は、これら設定後に/data/install.phpのhttpをhttpsにします(対応していない部分もあります)。
Web EC-CUBE (.jpeg)
『ポイントの使用、不使用を切り替えできる機能』の設定場所が分かりにくいです。
『システム設定』-『パラメータ設定』-『USE_POINT』をfalseにすると不使用にできます。
あと、php_value max_execution_time を指定してあげないと、管理画面の『売上集計』がタイムアウトしてしまいます(バッチ処理を行わななければ、月集計は数分かかりますね)。

携帯でアクセスすると、勝手に携帯用のレイアウトにしてくれてます(文字化け等の場合は、AllowOverride値がAllになっていない可能性があります。 /や、/mobile以下の.htaccessを読み込む設定にしておかなければいけません)。

インストールさえできれば、後は商品入力して売るだけなんですが、サイトデザインを独自にしないといけません。
テンプレートを買えばいいのですが、自力でも簡単にできます(まぁどこまで凝るかに寄りますが…)。

デフォルトと区別する為に、自分はコピーを使っています。
『デザイン管理』-『テンプレート設定』で、デフォルトをダウンロードして保存します。
その下『テンプレート追加』で、ダウンロードしたファイルを追加してあげます(テンプレートコードやテンプレート名はお店の名前にでもしておきましょう)。
Web EC-CUBE (.jpeg)
defaultcopyというテンプレート名(コード)で追加
追加すると、『html/user_data/packages/(テンプレートコード名)/』というフォルダができるので、ここ以下を書き換えてサイトデザインを作っていきます。
例えば、『html/user_data/packages/(テンプレートコード名)/img/header/』以下に画像が入ってたりします(当然、差替えるだけでデザインが変わります)。
ちなみに、テンプレート購入したとしても、ロゴ差し替え等は必須作業ですね。
メイン画面の真ん中の画像は、『html/user_data/packages/(テンプレートコード名)/img/main/image.gif』とか、見つけ易いです。
CSSなんかは、『html/user_data/packages/(テンプレートコード名)/css/』以下。
main.cssとか触れば、基本部分の雰囲気が変わりますね。

EC-CUBEの本を探してみました(Amazonで探すとコチラ)。
ほとんど出版されて無いですね。

決済
『郵便振替』『現金書留』『銀行振込』『代金引換』とかの支払方法はデフォルトで入ってますが、オンライン決済(クレジットとか)は契約等して組み込まなくてはいけません。
…といっても、決済システム自体は用意されていて簡単にできます。

EC-CUBEのサイトには『オーナーズストア』という色々なサービスを提供しているコーナーがあります。
まずは登録(無料)。
決済モジュール等も無料なので、0円で購入。
ショップサイト側では、登録確認メールで送られてきた『認証キー』を、ショップ管理画面の『OWNERS STORE』より入力します。
これで『購入商品一覧』が使える様になり、購入(無料)した決済モジュールが表示されます。
Web EC-CUBE (.jpeg)
ダウンロードすれば、ショップにインストールされた事になります。
ここから先は、決済サービス会社との契約ですね(初期費用、月額料金等で選びましょう)。
決済の契約結べば、その設定方法とかは連絡くれます。

アップデート
以前は有料の『自動アップデートサービス』があったのですが、なくなってしまいました。
自分でやるしかないので、どうやればいいのか検証してみました。

プログラムだけなら更新ファイルを上書きすればいいんでしょうが、データベースまで変わるとなると、インストールし直ししかなさそうです。

◆自分がやってる方法は以下の通り。

1.現状のデータベースのバックアップを取ります。
$ pg_dump demo_eccube > eccube_db_backup

2.新しいバージョンのEC-CUBEをダウンロードしてきます。
# wget http://downloads.ec-cube.net/src/eccube-2.3.4.tar.gz

3.解凍しましょう。
# tar zxvf eccube-2.3.4.tar.gz

4.現状のサイトへ新しいファイルを丸々上書きコピーします。
# cp -Rf eccube-2.3.4/data eccube
# cp -Rf eccube-2.3.4/html eccube

5.ブラウザでサイトにアクセスし、EC-CUBEインストールをやり直します。
 最初に入れた情報と同じ物を入れていきます。
 データベースは既に存在しているので、削除を選んでクリーンインストールします。
 これで、まっさらな状態のアップデートされたEC-CUBEとなってます。

6.データベースのデータを戻してあげます。
 一度、データベースを削除して再生成してあげないと、テーブルが重複したりしてうまくいきません。
$ dropdb demo_eccube
$ createdb -O hogehoge -E UTF-8 demo_eccube
 まっさらなデータベースにデータを戻してあげましょう。
$ psql -d demo_eccube < eccube_db_backup

以上で、アップデート完了します。

~~~~

以前、上記 ↑ の様に書いたんですが、この方法だとデータベースとプログラムがうまく整合性とれてないとヤバいかもしれませんね。
やっぱりインストールし直したら、ショップや商品設定の最初からやり直すしか無い気がします。
基本は、バージョンアップしないで、重要なセキュリティアップデートだけプログラム修正していく(情報は載ってます)ですね。

EC-CUBEの本、読んでみました。
Web EC-CUBE (.jpg)
あまりカスタマイズしないで、普通にショップ運営していくだけなら十分な内容だとおもいます。
Amazonで探すとコチラです(ココをクリック)。

カスタマイズ編が出ましたね。
内容見てみたんですが、かなり細かい事まで書いてあります(仕事でやってる様な改造がそのまま書いてあったりしますね)。
Web EC-CUBE (.jpg)
Amazonで探すとコチラです(ココをクリック)。

※ 『EC-CUBE』に繋がる関連物を 視覚的に探しだせるサイトを作ってみました(よろしければクリックしてみてくださいね)。

 月間ページ閲覧者数:4人

[ Web ] 一覧へ


<< 2018年6月
2018年6月20日(水)
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 最近の書き込み

SMTP
  <2016-04-06 12:03:21>
S.M.A.R.T.
  <2015-05-07 08:03:36>
POP
  <2015-04-21 11:33:37>
Linuxコマンド
  <2015-04-21 11:03:04>
アルバートオデッセイ
  <2014-08-04 23:12:12>
トイレ
  <2014-01-31 08:58:16>
(*)調光スイッチ
  <2013-09-30 10:46:11>
(*)調光スイッチ
  <2013-09-20 01:26:34>
(*)調光スイッチ
  <2013-09-17 12:21:11>
(*)調光スイッチ
  <2013-09-15 20:13:59>


 カテゴリー

おでかけ(83)
サッカー(45)
旅(45)
DIY(43)
食べ物(39)
映画(36)
家(35)
季節(34)
健康(32)
地元(29)
本(29)
家族(29)
モバイル(23)
生物(23)
学校(22)
家電(21)
ドラマ(21)
風景(18)
Web(18)
 ・ Amazonアソシエイトプログラム
 ・ バーチャルホスト
 ・ Webalizer
 ・ EC-CUBE
 ・ ZenCart
 ・ XOOPS Cube インストール
 ・ 動的ページを静的ページに
 ・ XOOPS インストール後確認
 ・ はてなワールド
 ・ iGoogle
 ・ 検索エンジン登録
 ・ twitter
 ・ subversion
 ・ mixi コミュニティ
 ・ osCommerce インストール
 ・ ロゴ自動生成サイト
 ・ DynamicDNS
 ・ XOOPS インストール
PCハード(17)
通勤(16)
ゲーム(16)
Winアプリ(15)
ブログ(14)
Linux(13)
飲み物(13)
自転車(13)
ゴルフ(11)
ブラウザ(11)
ネットワーク(10)
javascript(10)
足技(9)
php(9)
会社(8)
感銘映像(8)
税金(6)
空想(5)
VMware(5)
Ruby(4)
データベース(3)
perl(1)