アトム-サイト
[ アトム-サイト ] - 管理人さんのページです。
feed-icon RSS2.0   feed-icon Atom
[ ドラマ ] 一覧へ
海堂尊
管理人さんのブログ 2011-01-24 17:24:30

チームバチスタの栄光(ドラマ)
『チームバチスタの栄光』がドラマ化。
見始めました。
ドラマ 海堂尊 (.jpg)
原作は相当売れたらしいですね。

第一話、見たんですが、やはり続きが気になります。
事故(医療ミス)なのか?殺人なのか?
…と、ちょっとだけネットで調べると『原作とは犯人が違う』!
オイオイ!自分はまだ医療ミスなのかなぁ~と思ってるのに『犯人』って…。
余分な情報仕入れるのは止めました。
こういうミステリーは、予備知識無しで見ないとダメですね。
ドラマ 海堂尊 (.jpg)
ドラマ 海堂尊 (.jpg)
ドラマ 海堂尊 (.jpg)
チビノリダー、頑張れ~!

====

第二話は、子供のバチスタ手術の話。
今まで子供だけは術中死無し、さて今回は…。
結局成功。
「子供は殺さない」という事か?医療ミスではなく殺人の可能性が高くなった。
犯人、麻酔科医かなぁ~(何人かグルでやってる気がする)。

====

だいぶ登場人物の人柄や立場的な物が見えてきた。
でも、犯人、分かんないなぁ~(紛失したビデオは関係なかったし…)。

なんだかんだしてる間に、大人のバチスタ手術が5日後に実施だって。
やばいじゃん、早く真相解明しないと…。

====

新しい手がかりの『薔薇の花』。
突き詰めていくと麻酔科医が急浮上。
やっぱり犯人なのか?動機は何?どんな手口なの?
…で急遽バチスタ手術が前倒し。
しかも、再び犯行予告と言える『薔薇の花』が…。

予告編見ると、次回で犯人が分かりそう…。
かなり面白いドラマで、毎回1時間があっという間に過ぎてしまう。

====

犯行予告通り、バチスタ手術失敗。
アレコレ頑張って、手口が判明しました。
犯人は麻酔科医。

…なんだけど、他にも居るらしい。
どうして?
手術失敗させようとする動機は何なの?
警察に引き渡す前に麻酔科医は失踪しちゃうし、これからどうなっちゃうのさ?

====

あれから2話進んだ。
麻酔科医は殺され、この事件にはどうやら真犯人がいるらしいというとこまできた。
こういう事件の背景には必ず動機があるわけで「手術失敗して一番得をするのは誰なのか?」を考えると…。
第一助手の鶴見辰吾が犯人かなぁ。
自分が執刀医に繰り上がれるから…(医者ってのは地位に固執したがるから…)。
麻酔科医は、弱みを握られて、途中から代理で実行犯になったとか…。

後、何話あるんだろ?
気になるドラマだなぁ。

====

第二助手の「俺にとって大事なチーム・バチスタを無茶苦茶にしたから」という動機で麻酔科医を殺したというのが分かったのが先週。
「なんだよ、その理由。アホか?」とか思っていたが、いやぁ更にその先があったのね。
話は意外な方向へ…。
白鳥&田口コンビ、よく気がついたね。
結局は医療ミス。
病理医の過去の理由もこれで結び付いた。

救える命があるのに『メス』を置いていいのか?
結果的にはその後に悲劇を生んでしまったんだけど、難しい判断だなぁ。

次回、最終回。
更に衝撃な真実があるらしい。

====

医療ミスを利用した殺人でした。
以前予想した犯人は当たったけど、動機は『地位に固執』とかそんな陳腐な理由ではなかったですね。
「娘の死」と「執刀医への疑惑」、一瞬襲った心の闇がやらせた犯行、なんか物悲しい結末でしたね。
チームバチスタは解散したけど、各々はそれぞれの新しい場所で頑張って生きていって欲しいなぁ~と、そんな感じに思います。

チームバチスタの栄光(映画)
ドラマがあまりに面白かったので、映画もレンタルで借りて見てみました。
ドラマ 海堂尊 (.jpg)
田口先生が『竹内結子』。
ドラマ 海堂尊 (.jpg)
白鳥が『阿部寛』。
映画版白鳥もハマってましたね。

チームバチスタの栄光(原作)
ドラマがボリュームあったからか、映画はすんなり終わってしまった印象。
映画は原作と同じなのか?…と、気になったので、今度は本をブックオフで買ってきて読み始めました。
ドラマ 海堂尊 (.jpg)
読破!
原作と映画はほとんど同じでしたね(最後の締めや余韻部分が違う程度)。

原作・映画・ドラマの中で、一番はドラマかな。
二転三転する展開に、毎週ハラハラドキドキしていたし…。

田口・白鳥コンビの原作はまだまだあるので、今後に期待大!
Amazonで【チームバチスタ】関係を探すとこんな感じです(コチラをクリック)。

ジェネラル・ルージュの凱旋(ドラマ)
【ジェネラル・ルージュの凱旋】もドラマ化されました。
毎週、ずっと見てましたよ。
ただ、ストーリー的には【チームバチスタの栄光】の方がドキドキした気がします(展開が二転三転するあのハラハラ感が、前作程無かったというか…)。
逆に、役者さんの上手さみたいな物は、【ジェネラル・ルージュの凱旋】の方があったかな。
かなり面白いドラマでしたね(まだ見てない人は、是非)。

正月に【ジェネラル・ルージュの凱旋】のスペシャル版が放送されてましたね。
録画して見ました。
ドラマ 海堂尊 (.jpg)
ドラマの後の数日間の話でした。
怪文書が届いて、その通りに事態が進んで行くという展開。
あまりヒネリが無くって、自分が「怪しいなぁ」と思ったそのままでしたね。
でも「久々、あの役者達に会えたからいいか…」という感じです。

※ 『海堂尊』に繋がる関連物を 視覚的に探しだせるサイトを作ってみました(よろしければクリックしてみてくださいね)。

 月間ページ閲覧者数:9人

[ ドラマ ] 一覧へ


<< 2018年6月
2018年6月21日(木)
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 最近の書き込み

SMTP
  <2016-04-06 12:03:21>
S.M.A.R.T.
  <2015-05-07 08:03:36>
POP
  <2015-04-21 11:33:37>
Linuxコマンド
  <2015-04-21 11:03:04>
アルバートオデッセイ
  <2014-08-04 23:12:12>
トイレ
  <2014-01-31 08:58:16>
(*)調光スイッチ
  <2013-09-30 10:46:11>
(*)調光スイッチ
  <2013-09-20 01:26:34>
(*)調光スイッチ
  <2013-09-17 12:21:11>
(*)調光スイッチ
  <2013-09-15 20:13:59>


 カテゴリー

おでかけ(83)
サッカー(45)
旅(45)
DIY(43)
食べ物(39)
映画(36)
家(35)
季節(34)
健康(32)
地元(29)
本(29)
家族(29)
モバイル(23)
生物(23)
学校(22)
家電(21)
ドラマ(21)
 ・ SP
 ・ 時代劇
 ・ トイレの神様
 ・ 海堂尊
 ・ 酒井法子
 ・ 坂の上の雲
 ・ 福山雅治
 ・ 龍馬伝
 ・ 篤姫
 ・ 冬のソナタ
 ・ 一リットルの涙
 ・ 流星の絆
 ・ のだめカンタービレ
 ・ マラソン
 ・ 時効警察
 ・ ハチミツとクローバー
 ・ プロポーズ大作戦
 ・ FREEDOM
 ・ ロミオとジュリエット
 ・ 鯨とメダカ
 ・ ラストフレンズ
風景(18)
Web(18)
PCハード(17)
通勤(16)
ゲーム(16)
Winアプリ(15)
ブログ(14)
Linux(13)
飲み物(13)
自転車(13)
ゴルフ(11)
ブラウザ(11)
ネットワーク(10)
javascript(10)
足技(9)
php(9)
会社(8)
感銘映像(8)
税金(6)
空想(5)
VMware(5)
Ruby(4)
データベース(3)
perl(1)