アトム-サイト
[ アトム-サイト ] - 管理人さんのページです。
feed-icon RSS2.0   feed-icon Atom
SP
管理人さんのブログ 2011-03-10 10:08:18
SP

エスピー スペシャル
岡田准一くんの『SP(エスピー)』スペシャルを見た。
いい出来のドラマというのは聞いてたし、見たいなぁ~と思ってた(ドラマはみてなかった)所のスペシャル。
内容的には総集編で、正にグッドタイミング(全話見る暇もあまりないので…)。
かっこいいねぇ~、岡田くん(背はあまり高くなさそうだったが…)。
ドラマ自体も面白かったです。
『踊る大捜査線』っぽい大組織の中の葛藤みたいのもあるし…(プロデューサが同じ人かな)。
その岡田くん演じる主人公、危険を感じ取る能力があるのね。
都合いい設定な気もするけど、そこが不思議な魅力。
あぁいう超能力っぽいものは自分にはない。
…けど、たまにプログラムでいつの間にかバグが混入してる時に「ここかな?」と直感した所に原因があったりする、のと似てるかな(まぁこれは過去の経験からひらめくんだろうけど…)。

映画化するらしいです。
最後のシーンもあって、堤真一の今後の動向が気になるなぁ(『セーラー服と機関銃』でもいい役してましたね)。

革命前夜スペシャル
映画がいよいよ最終章(2部構成)。
今回その映画の革命前夜の様子をドラマ化したスペシャル版がテレビ放映されていたので見てみました。
色々な人が暗躍して行動を始める部分の話なので、謎だらけです。
「気になるでしょ?じゃぁ映画を観ましょう」という感じのドラマですね(まぁ、そういう趣旨のスペシャルですし…)。
『龍馬伝』で『おりょう』役をしていた『真木よう子』、いいですね。
あぁいうツッケンドン的な感じが似合います。
Amazonで『SP』を検索してみました(コチラをクリック)。


時代劇
管理人さんのブログ 2011-03-04 10:17:26
時代劇

輪違屋糸里〜女たちの新選組〜
『上戸彩』の時代劇ドラマがあったので見ようとしたら、前編取り損ね。10分しか入ってないよ、ガッカリ。
Gコードを後ろの天気予報と間違えたらしい。なので、後編だけ。
変な眼鏡してるな『上戸彩』。
ちなみに、『糸里』という女性は、新撰組の『土方歳三』と関わりがあったんですが、素性は不明みたいですね(『浅田次郎』が創作した小説の映像化の様です)。
ドラマ自体はまぁそこそこかな。
NHK大河ドラマのような重厚感が無いのが時代劇にとっては致命的な気がする(背景とかどうしても気になってしまうから…)。
Amazonでの文庫本はコチラですね(ココをクリック)。

大奥
この『大奥シリーズ』のドラマは、全部見てますね。
あの、女同士のドロドロ感が、他には無い世界観を作り上げています。
映画がTVで放映されていたので、見てみました。
七代将軍徳川家継の頃の『江島生島事件』をモチーフにしてました。
主役は『仲間由紀恵』、強烈な女優さんがいっぱい出演。
あぁいう環境だと「大奥総取締役もやり難いだろうなぁ~」って思いますね。
お相手の生島役は、ジェネラルルージュ役だった『西島秀俊』(男から見てもカッコいいわ)。
Amazonで『大奥』を検索してみました(コチラをクリック)。


トイレの神様
管理人さんのブログ 2011-01-31 10:08:03
トイレの神様

正月に【トイレの神様】のテレビドラマが放映されていたので、見ました。
【植村花菜】のヒット曲のドラマ化ですね。
小学生の頃から、おばあちゃんと暮らしていた女の子の話。
ウチの子供達は、若くして亡くなった妻の代わりにバーさんに育てられているので、同じ様な境遇だったりします。
その為か、自分自身も結構共感する部分があって、心に響くシーンがいくつもありましたね。
歌もいいですよね。
何度聞いても、最後に泣けてきますよ。
Amazonで【トイレの神様】を検索すると、こんな感じ(ココをクリック)。
あまりに有名な歌なんで、皆知ってるんでしょうが…。


海堂尊
管理人さんのブログ 2011-01-24 17:24:30
海堂尊

チームバチスタの栄光(ドラマ)
『チームバチスタの栄光』がドラマ化。
見始めました。
原作は相当売れたらしいですね。

第一話、見たんですが、やはり続きが気になります。
事故(医療ミス)なのか?殺人なのか?
…と、ちょっとだけネットで調べると『原作とは犯人が違う』!
オイオイ!自分はまだ医療ミスなのかなぁ~と思ってるのに『犯人』って…。
余分な情報仕入れるのは止めました。
こういうミステリーは、予備知識無しで見ないとダメですね。
チビノリダー、頑張れ~!

====

第二話は、子供のバチスタ手術の話。
今まで子供だけは術中死無し、さて今回は…。
結局成功。
「子供は殺さない」という事か?医療ミスではなく殺人の可能性が高くなった。
犯人、麻酔科医かなぁ~(何人かグルでやってる気がする)。

====

だいぶ登場人物の人柄や立場的な物が見えてきた。
でも、犯人、分かんないなぁ~(紛失したビデオは関係なかったし…)。

なんだかんだしてる間に、大人のバチスタ手術が5日後に実施だって。
やばいじゃん、早く真相解明しないと…。

====

新しい手がかりの『薔薇の花』。
突き詰めていくと麻酔科医が急浮上。
やっぱり犯人なのか?動機は何?どんな手口なの?
…で急遽バチスタ手術が前倒し。
しかも、再び犯行予告と言える『薔薇の花』が…。

予告編見ると、次回で犯人が分かりそう…。
かなり面白いドラマで、毎回1時間があっという間に過ぎてしまう。

====

犯行予告通り、バチスタ手術失敗。
アレコレ頑張って、手口が判明しました。
犯人は麻酔科医。

…なんだけど、他にも居るらしい。
どうして?
手術失敗させようとする動機は何なの?
警察に引き渡す前に麻酔科医は失踪しちゃうし、これからどうなっちゃうのさ?

====

あれから2話進んだ。
麻酔科医は殺され、この事件にはどうやら真犯人がいるらしいというとこまできた。
こういう事件の背景には必ず動機があるわけで「手術失敗して一番得をするのは誰なのか?」を考えると…。
第一助手の鶴見辰吾が犯人かなぁ。
自分が執刀医に繰り上がれるから…(医者ってのは地位に固執したがるから…)。
麻酔科医は、弱みを握られて、途中から代理で実行犯になったとか…。

後、何話あるんだろ?
気になるドラマだなぁ。

====

第二助手の「俺にとって大事なチーム・バチスタを無茶苦茶にしたから」という動機で麻酔科医を殺したというのが分かったのが先週。
「なんだよ、その理由。アホか?」とか思っていたが、いやぁ更にその先があったのね。
話は意外な方向へ…。
白鳥&田口コンビ、よく気がついたね。
結局は医療ミス。
病理医の過去の理由もこれで結び付いた。

救える命があるのに『メス』を置いていいのか?
結果的にはその後に悲劇を生んでしまったんだけど、難しい判断だなぁ。

次回、最終回。
更に衝撃な真実があるらしい。

====

医療ミスを利用した殺人でした。
以前予想した犯人は当たったけど、動機は『地位に固執』とかそんな陳腐な理由ではなかったですね。
「娘の死」と「執刀医への疑惑」、一瞬襲った心の闇がやらせた犯行、なんか物悲しい結末でしたね。
チームバチスタは解散したけど、各々はそれぞれの新しい場所で頑張って生きていって欲しいなぁ~と、そんな感じに思います。

チームバチスタの栄光(映画)
ドラマがあまりに面白かったので、映画もレンタルで借りて見てみました。
田口先生が『竹内結子』。
白鳥が『阿部寛』。
映画版白鳥もハマってましたね。

チームバチスタの栄光(原作)
ドラマがボリュームあったからか、映画はすんなり終わってしまった印象。
映画は原作と同じなのか?…と、気になったので、今度は本をブックオフで買ってきて読み始めました。
読破!
原作と映画はほとんど同じでしたね(最後の締めや余韻部分が違う程度)。

原作・映画・ドラマの中で、一番はドラマかな。
二転三転する展開に、毎週ハラハラドキドキしていたし…。

田口・白鳥コンビの原作はまだまだあるので、今後に期待大!
Amazonで【チームバチスタ】関係を探すとこんな感じです(コチラをクリック)。

ジェネラル・ルージュの凱旋(ドラマ)
【ジェネラル・ルージュの凱旋】もドラマ化されました。
毎週、ずっと見てましたよ。
ただ、ストーリー的には【チームバチスタの栄光】の方がドキドキした気がします(展開が二転三転するあのハラハラ感が、前作程無かったというか…)。
逆に、役者さんの上手さみたいな物は、【ジェネラル・ルージュの凱旋】の方があったかな。
かなり面白いドラマでしたね(まだ見てない人は、是非)。

正月に【ジェネラル・ルージュの凱旋】のスペシャル版が放送されてましたね。
録画して見ました。
ドラマの後の数日間の話でした。
怪文書が届いて、その通りに事態が進んで行くという展開。
あまりヒネリが無くって、自分が「怪しいなぁ」と思ったそのままでしたね。
でも「久々、あの役者達に会えたからいいか…」という感じです。


酒井法子
管理人さんのブログ 2011-01-21 20:32:26
酒井法子

ビックリだよ、ノリピー、おかあさんかよ!?!
役に合わないとかそんなんじゃない、もっと根本的なとこ。
大好きだった「ひとつ屋根の下」とか「星の金貨」のあのノリピーが、まる子のおかあさん…、う~む。
チャレンジしてるなぁ。とりあえず応援しておこう…。がんばれぇ~。

~~~~

2年位前に上記の記事を書いたんだが…。
覚せい剤やってたらしいですね。
失踪した時は「子供と一緒に樹海で…」等と本気で心配していたが、蓋を開けてみれば『尿検査で反応が出ない期間、逃げる』『携帯を廃棄して情報を消す』『検査対策で、髪の毛を切る』とか、したたかな行動とりまくりだった様で…。
裏切られましたね、俺の気持ちはなんだったんだ?
最初っから素直に捕まって謝っとけば、まだ許せたのに…。

~~~~

1ヶ月程前ですが、真面目に福祉の大学通ってると思ったら『贖罪(タイトル)』という暴露本を出してきましたね(Amazonだとコチラ)。
なんか「もう騙されないぞ!」という気分。
内容云々より、そういう本を出して正当性をアピールしようという姿勢が嫌ですよ。
本の評判も悪いみたいですね~。


坂の上の雲
管理人さんのブログ 2010-12-21 15:56:28
坂の上の雲

NHKのスペシャルドラマ『坂の上の雲』を見ています。
司馬遼太郎の代表作である長編小説の映像化ですね(主に歴史小説を書く人で、坂本龍馬像を決定付けた人と言われています)。
他の作品とは違い、この『坂の上の雲』だけは本人が映像化を拒んでいたらしいんですが、亡くなった後の映像技術の発展等の理由で制作が決定したとの事です(大河ドラマを上回る制作費というNHKの意気込みも、映像化が許諾された原因のひとつみたいですね)。
時代は明治維新後、日本が近代化に向けて一生懸命頑張ってる時代の話です。
松山出身の軍人兄弟と正岡子規が主人公(第二部で、既に正岡子規は死んでしまいましたが…)。
軍艦とか普通に出てくるので、やはりCGが使える様になった今でないと映像化は無理だった気がします(司馬遼太郎の懸念は正かったんだと思います)。
その映像の甲斐もあって、忠実に明治の頃が再現されている様に感じますね(セットの中での撮影という感じは全くしません)。
脚本は『野沢尚』。
大好きなサッカー小説『龍時』を書いた人です。
テレビドラマでは、中山美穂主演の『眠れる森』というのが有名ですね。
自殺しちゃってるので、実際は他の人が補ってるんでしょうが…。
第二部まで終わりました。
日露戦争が始まったので、いよいよロシア - バルチック艦隊との日本海海戦がありますね。
でも、次の第三部(最終章)は1年後。
随分、待たせるなぁ…。
既に第一部は、DVDとか出てますね(Amazonではコチラ)。
放映されたばかりの第二部も、予約開始されてます…。


福山雅治
管理人さんのブログ 2010-12-08 16:07:23
福山雅治

ガリレオΦ
毎回見ていた『福山雅治』の連続ドラマ『ガリレオ』。
面白い回と、変な回があった(特に最終回とか)ドラマでしたが、魅力的な主人公の行動によりトータル的にとても楽しめたドラマでした。
今回、その連続ドラマの3年前の話『ガリレオΦ』というスペシャルドラマが放映されてたので見ました。
『Φ』というのは『エピソード・ゼロ』の『0』を表してるみたいですね。
最初ほんの一瞬だけ連続ドラマの紹介がありますが、今回のエピソード0は総集編とかでなく完全な新作です。
話は『東野 圭吾』の2つの原作(単行本にはなってないらしい)の組み合わせみたいですね。
何の予備知識もなく録画した物を見ました。
好きな『長澤まさみ』が出ててビックリ!
眼鏡、いいね。
あいかわらず『福山雅治』はカッコいいや(この写真は変だけど…)。
途中、学生時代の主人公の話があったりで、連続ドラマへの繋がりというか流れというか、そういう物が描かれていて無茶苦茶楽しめました(長澤まさみもいい味出してたし…)。
AmazonだとこのDVDです(コチラをクリック)。
最後、映画『容疑者Xの献身』へ続くシーンみたいのがありました。
かなり見たい気満々にさせられましたね。

容疑者Xの献身
映画『容疑者Xの献身』見ました。
う~ん、期待し過ぎたかな。
事件への経緯とかトリックとかの説明に集中し過ぎな感じですかね。
堤真一の単なる形だけでない考え抜かれた犯罪には、「おぉ~」と思いましたけど…。
スペシャルドラマの『ガリレオΦ』が面白かったゆえに、少し残念。
中の上といったところかな。
Amazonだとコチラ(ブルーレイディスクです)。

古畑任三郎
『福山雅治』が『古畑任三郎』に出てたんですね。
ちょうど再放送があったので、見てみました。
車椅子の化学系企業の研究員でした。
事故で足の自由が利かない身なので、直接手を下さないやり方で殺人を試みるという話。
ん~、使う道具が化学合成での爆薬だったので、その時点で自分に容疑が掛かっちゃって不利な気がしましたね~(もっと分かりづらい犯行の仕方は無かったんだろうか?)。
AmazonだとこのDVD(古畑任三郎 3rd season 5)ですね(コチラをクリック)。
それにしても『福山雅治』は白衣が似合いますねぇ。


龍馬伝
管理人さんのブログ 2010-11-30 09:23:41
龍馬伝

2010年のNHK大河ドラマは【龍馬伝】でした。
昨日が最終回。
ハッキリ言って、今までの大河ドラマの中で、1番のデキでしたね。
※自分の見てきた大河ドラマ中では、歴代1位です!
幕末が好きで、昔から特に【坂本龍馬】には思い入れがありました。
大学4年の時には、高知まで龍馬さんの銅像を見に行ったり、京都の近江屋跡、寺田屋、霊山神社のお墓とか巡ったり…。
NHKの作る龍馬の大河ドラマ、期待は大きかったんですが、見事1年やり切ってくれました。
【福山雅治】、最高ですよ。
昔【ひとつ屋根の下】というドラマも好きだったので、元々好感持てる俳優さんなんですが、いやぁ~やってくれましたね~(少し前の【ガリレオ】も良かったんで、安心感ありましたね)。
日曜4時からのラジオも結構聞く機会があって(独身の頃のデート中とか車に乗ってラジオ聞いてる事とか多かったので…)、親近感があったのも大きかったのかもしれません(あのオチャラケた福山、でもやる時はやる男だと何故か信じる事が出来てました)。
脚本は【ガリレオ】の人なんですね(面白いはずだ)。
あと、カメラワークとかが映画っぽく、今までの大河ドラマの映像とは違う(その場を映してるだけ?)気がしました(素人目の意見ですが…)。
なによりも、幕末志士達の【新しい日本を作る】という意気込みが、本当に良く伝わってきました。
誰もがいい味出してましたよ(誰がいいというのではなく、もう全員が皆、それぞれの役柄を最高の状態で演じ切ってたという事です)。
この【龍馬伝】を超える大河ドラマは、作れないんじゃないかなぁ。
あまりに出来が良かったんで、来年はその反動が来そうで怖いですよ。


篤姫
管理人さんのブログ 2010-11-10 14:23:50
篤姫

2008年のNHK大河ドラマの『篤姫』です。
毎週日曜1時間見るには、話がノンビリ進み過ぎるので、NHK大河ドラマはだいたいいつも年末の総集編で見てますね。

今年は『宮崎あおい』の『篤姫』。
かなり面白かったです。
総集編の6時間くらいを、一気に見てしまいました(視聴率良かったらしいですが、納得です)。
総集編のDVDが出てるんですね(Amazonで探すとコチラ

幕末、好きなんですよねぇ~。
誰もが必死になって日本を変えようとしていたあの時代、篤姫も頑張ってました。
それでも皆、時代の波に呑み込まれてしまう…。
翻弄されつつも、しっかり自分の人生を生き抜いた篤姫、一生を振り返ってみても悔いの無い人生だったんでしょうね。

同じ宮崎あおい主演という事で『初恋』という3億円事件の映画も見てみたけど、こっちはとてもつまらなかったです。
途中で見るのをやめちゃいました…。


冬のソナタ
管理人さんのブログ 2010-02-24 10:20:36
冬のソナタ

今更ですが『冬のソナタ』を見ています(何年遅れてるんだ…)。
全20話のうち18話目まで来ました、いよいよ大詰めですね。
うまくいかない事の連続。
見ている自分まで、足に何か絡み付いて自由に動けない様な感覚に陥ります(特に前半なんかはそんな感じを受けつつ見てました)。
ヒロインの子が、どことなく亡くなった妻に似てますね(眼鏡してましたが…)。
特に目かな(形だけでなく、目の使い方とか…)。
髪型とか当時着ていたコートとかも似てて、ドラマ見てると付き合ってた20代の頃が思い浮かんできたりします。


一リットルの涙
管理人さんのブログ 2009-07-24 16:07:37
一リットルの涙

ビデオに撮っておいた特別編というのを見た。
ほぼ総集編であった…。
毎週見てたけど、あらためて見ても心が痛む…。
結局、どうしようもない運命ってのはあるわけで、そういう物の前では人間なんて誰もが無力なんだよね…。
最後のシーン、携帯のメモリに残された電話番号…。分かるな、ドキッとしたなぁ~。

DVD 出てますね(Amazonはこちら)。

この本、大学の時に立ち読みで読んで衝撃受けた覚えがある(あ、この本ですね->クリック)。
ドラマにもなってたくさんの人の心を動かした…。
短い人生だったけど、これが亜也って娘の宿命だった…って事かな。

~~~~

子供達が読む漫画をブックオフで探していると『1リットルの涙』という見慣れたタイトルを発見。
購入して読ませたところ、評判よかった(自分読んでもいい漫画だと思いました)ので、続けて普通の文庫本も与えました。
下の子(小学3年)がかなりハマって読んでますね。
こんな子供でも、何か心に感じるらしい。
これは知らなかったんですが、この木藤亜也って子、ウチの隣の市(豊橋)です。
豊橋東高校なので、豊橋の中でもコチラ寄りですね。
病院とか聞くと「よく行くあの辺りかな」って想像できるくらい近いとこ(多分、びっくりドンキーとかあるあの周辺かな)。
年代も自分の4つしか離れて無いし「特別な病気とはいえ、身近な出来事だったんだなぁ~」と思ったりしますね。


流星の絆
管理人さんのブログ 2008-12-22 14:57:01
流星の絆

東野圭吾原作のドラマなので、見始めました。
まだ第一話のとっかかり部分なので何とも言えないですが、これからどうなるのかは気になります。

次男役の『錦戸亮』、初めて見た『1リットルの涙』以来、色々なドラマに出てるなぁ。
しかも、ちょっと癖のある役柄が多いのに、キチンと演じていい感じ。
これからも頑張れよ~。

~~~~

両親殺害という出だしで重いドラマではあるんだけど、おちゃらけたシーンがあったりして違和感はあったりする(まぁそういうドラマだと思って見れば楽しいからいいんだけど…)。
殺害についてはあまり進展なく、3人兄弟協力して1話完結でアレコレ(詐欺とか)してる感じ。

いつから事件の真相に迫っていくんだろう?

なんだか『戸田恵梨香』のコスプレが話題になっている様子。
確かに見どころではあるが、本筋とは関係ない部分だよなぁ~。
『戸田恵梨香』について調べてみた。
映画「デスノート」のあの子か~、頭の中で結びつかなかったなぁ。

~~~~

いよいよ来週最終回。
あの『とがみ亭』の社長は犯人じゃないっぽいなぁ。
誰が真犯人なんだ?
さっぱりわかんない…。

そういえば、ロケ地が麻布十番だった。
赤い靴の女の子の、あのスペースでの撮影。
六本木で働いてた頃、昼飯食いによく麻布十番行ってたから懐かしかったなぁ。

~~~~

終わってしまった、『流星の絆』。
最終回まで全くわからなかった真犯人、とがみ亭社長が決定的な物証持っていて話が急展開。
間違って持って帰った本当の犯人の傘、その傘の柄にはゴルフスイングの傷跡…。
思い返せば、あれが伏線だったんだなぁ~というシーンがあったっけ。
意外な人が犯人でビックリ。

でも、話としてはちょっと強引かな。
それまで何の繋がりも無かったのに、最終回でいきなり「実は…」という話をされてもねぇ。
それに、200万円の額で困ってるのにゴルフにハマってたってのが変。
お金かかるのよね、ゴルフって…。

ま、でも、色々楽しませてもらえました、このドラマ。


のだめカンタービレ
管理人さんのブログ 2008-12-12 10:08:48
のだめカンタービレ

正月にやっていたドラマの再放送分の録画、全11話見終えた(仕事してる身だと、連ドラを一気に見るのは大変。寝不足になるわぃ)。
正月番組やめて、あえてドラマの再放送流しっ放しにしたフジTVって凄いなぁ。前代未聞(正月は大抵、ゴルフとか漫才とかマラソンとかやるもんだと思ってたけど…)。
ネットで3話目まで見てたのだが、その後が見れる所が無くて「DVDレンタルしなくちゃ」と思ってたタイミングでの再放送。
素晴らしく いいドラマでした!
特にLastLesson。泣けたなぁ~。
のだめの過去(あの子役、ちびまる子だ)のトラウマとか乗り越えて「パリのコンクールで…」と、2人の人生は続いていく…。
スペシャルはそこから始まるのだろうか?楽しみ!
ちなみに、まだスペシャルの方は見てません。録画し損ねたので、友人にDVDにコピーしてもらう予定。

これを機会に、クラシック音楽に興味持って聞くと楽しめそうだけど…(フジTVのHPとかに曲目解説あったりするからなぁ)。
…でも、普段音楽聴かないからなぁ~。敷居が高そう。

そういえば「千秋」と「のだめ」が通ってたあの学校のロケ地、洗足学園って、前 川崎に住んでたとこの近く。
一度、入って見ておけばよかったなぁ。

~~~~

Special Lesson 1を見た(実はビデオに撮り損ねて、友人にDVDにコピーしてもらったので、今頃である)。
千秋メインで、指揮者コンクールで優勝するまでのお話。
音楽に全く疎いので「クラシックの指揮者コンクールなんてやりようがあるの?」とか思っていた。『数十分で指示出して自分の音楽を作り上げる…』、ほぉこういう形式なのね。

玉木宏、気迫の演技。
すごいね、なんか痺れた。

いいドラマ。いよいよ 後はSpecial Lesson 2。今度はのだめメインらしい。頑張れよ、のだめ!

~~~~

Special Lesson 2、見終えた。
この回は、のだめ中心の話。
周りについて行けなかったりで自信なくして、自分の道を見失って苦悩する…、そんな流れ。

台詞の中で「一人孤独に練習してると不安になる…」とかあった。
華やかな演奏家でも、実際にはそぉなのね(プログラマとか開発者はいつも孤独なもんだけど…)。

最後、自分を取り戻してやるべき道 見つけた「のだめ」。
頑張ったね。

これで完結(かな?)。漫画はまだ続いてるから、続きありえるのかな?
面白いドラマ見せてもらいました。

~~~~

「のだめカンタービレ」ついに映画化!舞台はヨーロッパで全2部作だとか!
おぉ~、楽しみっ!!!

Amazonで『のだめ』を検索するとこんな感じ(ココをクリック)。


マラソン
管理人さんのブログ 2008-06-26 20:27:06
マラソン

自閉症の子がフルマラソンに挑戦するドラマ。
二宮君が好演。
元は2年位前の韓国映画だねぇ(コレですね、クリック)。

こういう話弱い。
ずっとウルウルしてた。
話の内容も良かったなぁ。
写真は一番の盛り上がりシーン。
話の中の田園都市線とか実際の駅のシーンとか、前住んでた近くが舞台だった。

見たい方はAmazonのDVDをどうぞ(ここをクリック)。


時効警察
管理人さんのブログ 2008-06-26 20:26:44
時効警察

◆時効警察見逃す?
時効警察、もぉ始まってる?もしかして初回見逃したか?!?
…と思って調べたら、
SATV 23:45~24:40 4/20 (翌週金)
静岡は他より1週遅れで助かってた。

http://www.tv-asahi.co.jp/jikou/
これ見逃しちゃダメでしょ。

~~~~

霧山修一郎の眼鏡。
今度は、あんな感じの買おうかなぁ~と、ふと思った。
でも、眼鏡屋行って実際に掛けてみると、似合わないんだよなぁ~、どんな眼鏡も…。
誰にも言いませんカードを渡す時なので、この画像は隣の人が眼鏡してますね…。

見たい方はAmazonのDVDをどうぞ(ココをクリック)。


ハチミツとクローバー
管理人さんのブログ 2008-06-26 20:25:32
ハチミツとクローバー

漫画からアニメや映画になった『ハチミツとクローバー』。遂にドラマ化。
…で、見ました、第一回。
実は以前アニメ版を見た事があり妙な拒絶感(少女漫画系アニメって体質に合わないらしい)があったのだが、その影響なのかドラマも微妙な感じを受けた。
とりあえず、テーマとして恋愛メインなのは「もぉいいや」と思ったりする(あれ?『プロポーズ大作戦』は恋愛メインでも面白かったな、何故だ?)。
話の筋 知らないので分からないが、次回以降なのかな、才能に悩んだりして色々なテーマが絡んでくるのは?

あの『ハグ』は、『1リットルの涙』のエリカ様の妹だなぁ。

~~~~

ビデオに撮っておいた第二話を見た。
勝手に想像してた(才能に悩んだりとか?)流れとは裏腹に、普通に恋愛路線メインの話であった。
う~ん、つまらないドラマではないんだが、何か重みが無いというか…。
漬物石がどう…とか、商店街のクジにそんな頑張らなくても…とか、皆で海に行った先で云々…とか、ハッキリ言ってどうでもいいのよねぇ。

もう一回だけ見てみよう。…で、同じ路線だったらビデオ予約削除(…と言いつつ他に見てるドラマ無いし最後まで見ちゃうのかも…)。

~~~~

第三話見た。
同じ恋愛路線だったので、ビデオ予約削除。
これで、今シーズンの見てるドラマは無し。

自分はやめましたが、見たい方はコチラからどうぞ(Amazon一覧)。


プロポーズ大作戦
管理人さんのブログ 2008-06-26 20:22:58
プロポーズ大作戦

第一回を見終えた。

長澤まさみの花嫁姿。
溜息がでるなぁ~。

ドラマの方は、写真1枚ごとにエピソードがあるって感じか。

~~~~

プロポーズ大作戦 第2話

このドラマの様に「やり直したい過去の瞬間」ってのは確かにある。
…けど、ドラマと違ってやり直せないんだよなぁ、現実は…。
結末どうなるんだろ?
結婚相手が変わってしまうんだろぉか?

~~~~

プロポーズ大作戦 第3話

世間では4話終わってるけど、やっと見る暇ができて今、3話目。
毎回毎回確実に同じパターンだというのに、何故だかハマっているな、どうしてだろぉ?長澤まさみの魅力か?
今回は、結局はライバルを盛り立ててしまうという話。
心を曲げて過去を変えたとしても、それは幸せには結びつかないって事で、結末は同じに…。
でも、その行為で彼女にまた一歩近づけてヨシ。

どうなるんだろぉねぇ、最後には…。

~~~~

プロポーズ大作戦第4話

「ハレルヤぁ~、チャンス」と言ったところまで見ただけで、実はまだ途中。
第二ボタンの話らしいなぁ。
自分は高校時代とかそぉいう浮いた出来事はなかったから、そぉいうのでやり直したいとかっていうのは無いなぁ。

~~~~

プロポーズ大作戦第5話

今週のハレルヤチャ~ンス。
ファーストキスのお話でした。
このドラマのテーマ「後悔しない行動」ってのがハッキリ出てた回だったな。
思い立ったらすぐやらなきゃダメだ。
ちゃんとできる時にやんなきゃダメなんだよ。
いつも近くに居ると思って先延ばしにしちゃダメなんだよ。
「明日やろう」は「馬鹿野郎」だ!
ズキンとくるセリフだねぇ~。

~~~~

プロポーズ大作戦第6話

今回は、結局すれ違いで過去は何も変わらず…という話。
今まで少しずつながらも良い方向に進んでいただけに、先行き怪しくなってきたなぁという感じ。
でもね、長澤まさみ視点から見ると、どっちになったとしても幸せになれる気がするなぁ(しかもどっちもかっこいいしさ)。
逆にそのままの方が結婚相手としてはいいのかも…。

~~~~

プロポーズ大作戦第7話

前回、今回とうまく行かず、結局流れは変わらず。
主人公自信喪失してるし、このドラマ、結末どぉなるんだ?

ドラマの中、「人の幸せを壊す事が自分の幸せにつながるのか?」みたいなニュアンスの事いってたけど、そぉなんだよねぇ。
そこんとここれからどんなシナリオにもってくのかな。

~~~~

またまたまたうまくいかず…。

だめだ、スライド写真はもぉあと1枚しかない。
ラストハレルヤチャンス!ホントにどぉなるの?

で、主題歌「明日晴れるかな」の歌詞を調べてみた。
う~ん、素晴らしいなぁ。実際に歌詞見ながら曲聞くと泣ける…。
桑田佳祐って天才だわ。

ドラマも毎回グッと来る台詞あったりする(今回は「いない事が普通に思える時が来るのかな」ってニュアンスの事言ってたな)し、完全にハマッてるなぁ。

~~~~

プロポーズ大作戦 第9話

どうにもうまくいかないねぇ。
結局、過去そのまんま、変わらず。
やっぱり、いくら過去に戻れたとしても、どうにもならない事はあるんだよ、うん。あきらめろ、健三。
最後にラストハレルヤチャンスくれました。
…でも、もぉ無理でしょ、ここまで来てしまったから(ドラマだからな、大逆転するんだろぉけど…)。

~~~~

プロポーズ大作戦第10話

ラストハレルヤチャンス!
ホントに最後だぞ、行けよ!
…という事で、直前の過去へ。
結婚の準備してますよ?
ここから話の流れ変えるのは無理でしょ?
今回もどうにもならない雰囲気の中、最後に強引に手を引き、駈けだした。
何故、それがもっとはやくできなかったのさ?
でもね、ただ強引なだけではもぉ手遅れなんだよ、周りの状況がね…。
どぉするのさ、健三?

さぁ、奇跡はどこにある?

~~~~

プロポーズ大作戦最終回

結局、最後まで過去は変わらないまま…。
もぉ遅いんだよ、健三、あきらめろ!
…と思っていたけど、奇跡の扉の答えは過去にあるんじゃなかった。
そうだ、今なんだよなぁ。
「大事な事は、過去を嘆く今ではなく、今を変えようとする未来への意思」なんだよね。
でも、もぉ結婚式の真っ最中ですよ?
そりゃ葛藤もあるだろう…。状況からして相当の覚悟は必要だわ。
でも、一生を決める大事な場であれば無茶したとしても、それは許されると思う。

最後、ありきたりなシーンにならなくて良かったぁ。で、誰もがいい人のままで、あぁいうラストに持っていくなんてねぇ~。
いいドラマ見せてもらいましたっ。

~~~~

スペシャルありました。
最近、TV欄とかも見てなくて録画もせず…。
ネット見てて「スペシャルやってたのか!」と気付いた始末。
動画探したらありました(中国サイト)。
撮り損ねても見れる…。いい時代だねぇ~。

内容は1年後の話。
あの最終回の後、すぐに答えが出たのではなくあいかわらず優柔不断な主人公。友人の結婚の為に過去に戻ってアレコレ。その中で自分がすべき事に気付くという感じ。
スペシャルでは結果が変わるわけではないので、ドラマの時ほど「どうなるの?」というドキドキ感はなかったかな。
まぁそれでも2人の結末がはっきりしたのはよかったな。

結婚してからも2人の人生は続くわけだ。もう「過去に戻りたい」なんて思うなよ~、建三。

DVD-BOX出てますね。
見たい方はAmazonで購入してみてはどうでしょう?
ココをクリック(高いですけどね…)。


FREEDOM
管理人さんのブログ 2008-06-26 20:22:03
FREEDOM

Yahoo!無料配信期間今日の昼まで。
なんとか忘れずに見れた、FREEDOM4。
中の画像はキャプチャできないのか…
大友克洋、「アキラ」があまりに凄かったので、あれ以上の物はできないだろぉなぁ~と思っていたが、イヤイヤ凄いです(今回は監督やってるわけじゃないのかな?)。
テーマもいいね「自由」を追い求める若者の物語(スケールもデカい)。しかも、CGが大友の画風にうまくマッチして効果的に使われてるから、見ていて気持ちイイ。
見逃した回があるから、105円で見るかな。

~~~~

見ようと思ったけど、今クレジットカードの住所や口座変更(今頃だけど…)してるんだった。しかも、そろそろ更新で新しいカード来るはずなんだが…。見るのはそれからだな。

~~~~

Niftyの方で配信されていたので、nifity-ID入れて見た(月額のプロパイダ代にプラスされて引き落とし)。見逃していた1話と3話。これで話が繋がった。
今週はいよいよ5話が無料配信される。見逃さないようにしないとね~。

~~~~

1月18日から、第6話無料配信。
『いよいよクライマックス』とか書いてあるけど、もぉ終盤なのか?
………
見た、6話。
地球に来てから2年、月に戻るロケットを発射させるまでの話。
女の子の過去のエピソードとかも入って、短い時間にビッシリ詰まりまくり。
さすがにロケットを飛ばすというスケールの大きな出来事があるので少々内容に無理がある気もするのだが、それでも面白いね。…というか、素晴らしい出来!

どの回見ても、絵柄というか映像は綺麗だなぁ~。
全く手を抜いてない感じがいいね。

~~~~

いよいよファイナルらしい、第7話。
いきなり予告も無く(あったのかも?)配信が始まって、無料視聴期限が前編が明日正午まで後編がその後の1日のみという短さ。
仕事終わったら、忘れずに見なければ!!!
………
見た、前編。
あいかわらず、無茶な奴等だ(あのガムシャラさが好きなんだけど…)。
いよいよラストか~。
後編も忘れずに見るゾ!
………
見終えた、後編。
よかったー!
すげーよ、FREEDOM。
感動!涙出てきた。
いいアニメをありがとう!

こういうアニメを作らせてあげる企業も凄いと思う。
日清食品だよね?好きになったな、この企業。
カップヌードル、贔屓にしますよ~。

見たい方はAmazonのDVDをどうぞ(ココをクリック)。


ロミオとジュリエット
管理人さんのブログ 2008-06-26 19:31:44
ロミオとジュリエット

タッキーかっこいいなぁ。
そして、長澤まさみ。
最強のカップルだわ。
現実世界ではこんな組み合わせあり得ないわなぁ(恋愛ドラマだからな)。

お話の方は、まぁ楽しめたからいいんだけど、途中から親達メイン(山下真司・三浦友和・田中美佐子)の筋書きになってた気がするなぁ。

そぉいえば、長澤まさみは磐田だよなぁ(お父さん監督だったし)。
結構近いわ。

うぉ、DVD出てる!
見たい方はコチラをクリック


鯨とメダカ
管理人さんのブログ 2008-05-10 08:08:32
鯨とメダカ

田中邦衛と志田未来の競演、なかなか面白そうという事で見てみた。
一流企業社長を解任された老人と下町の少女家族の人情ドラマ。
かなりいいドラマでしたね~。
大好きなドラマ「北の国から」の五郎さん、今回もやっぱりいい味出してました。

「女王の教室」の志田未来、大きくなったねぇ。
この子の演技もすばらしいね~(将来楽しみ)。


ラストフレンズ
管理人さんのブログ 2008-05-10 01:29:15
ラストフレンズ

『長澤まさみ』『のだめ』が主演という事で見た。
↑これ、ドラマの画像じゃないですが…。

タイトルからして「キャピキャピした青春ドラマだろう」と思って見始めて吃驚。
最初っから意味深なシーン…。明暗全く逆でとても重いドラマでした。
『のだめ』なんかは全くの別人だし…(バイオリンのあの2人も出てますねぇ)。

テーマはDVなのね~(知らなかった)。
あの『一リットルの涙』の男の子の豹変。
痛々しくて「もう見るの止めようと思ったほど…」。

う~ん、先は気になるけど、これから見るのどうしようかな?
見続けるにはツラいドラマだなぁ~。

~~~~

今日、第二回だ。
ビデオは毎週設定にしてあるので撮れてるんだけど、見ようかどうしようか迷ってたりする…。
再生するのが怖いんだよね~。
やだなぁ~、長澤まさみが『あざ』なんて作ってたりしたら…。

~~~~

やっぱり見るのやめました(どうにも怖くて…)。
痛々しいのは、かなり苦手なのです。
録画予約も削除。
これで、今見てるドラマは無し。


<< 2017年11月
2017年11月18日(土)
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

 最近の書き込み

SMTP
  <2016-04-06 12:03:21>
S.M.A.R.T.
  <2015-05-07 08:03:36>
POP
  <2015-04-21 11:33:37>
Linuxコマンド
  <2015-04-21 11:03:04>
アルバートオデッセイ
  <2014-08-04 23:12:12>
トイレ
  <2014-01-31 08:58:16>
(*)調光スイッチ
  <2013-09-30 10:46:11>
(*)調光スイッチ
  <2013-09-20 01:26:34>
(*)調光スイッチ
  <2013-09-17 12:21:11>
(*)調光スイッチ
  <2013-09-15 20:13:59>


 カテゴリー

おでかけ(83)
サッカー(45)
旅(45)
DIY(43)
食べ物(39)
映画(36)
家(35)
季節(34)
健康(32)
地元(29)
本(29)
家族(29)
モバイル(23)
生物(23)
学校(22)
家電(21)
ドラマ(21)
 ・ SP
 ・ 時代劇
 ・ トイレの神様
 ・ 海堂尊
 ・ 酒井法子
 ・ 坂の上の雲
 ・ 福山雅治
 ・ 龍馬伝
 ・ 篤姫
 ・ 冬のソナタ
 ・ 一リットルの涙
 ・ 流星の絆
 ・ のだめカンタービレ
 ・ マラソン
 ・ 時効警察
 ・ ハチミツとクローバー
 ・ プロポーズ大作戦
 ・ FREEDOM
 ・ ロミオとジュリエット
 ・ 鯨とメダカ
 ・ ラストフレンズ
風景(18)
Web(18)
PCハード(17)
通勤(16)
ゲーム(16)
Winアプリ(15)
ブログ(14)
Linux(13)
飲み物(13)
自転車(13)
ゴルフ(11)
ブラウザ(11)
ネットワーク(10)
javascript(10)
足技(9)
php(9)
会社(8)
感銘映像(8)
税金(6)
空想(5)
VMware(5)
Ruby(4)
データベース(3)
perl(1)