アトム-サイト
[ アトム-サイト ] - 管理人さんのページです。
feed-icon RSS2.0   feed-icon Atom
妖怪映画
管理人さんのブログ 2012-01-10 22:34:11
妖怪映画

ゲゲゲの鬼太郎
ゲゲゲの鬼太郎/千年呪い歌を見てきました。
新聞広告に入っていた特別割引券を出したら、映画館が違ってた。…ので、定額で入場(大人1800円+子供1000円×2=3800円、結構高い)。
なぜか携帯の時計が30分遅れていて、気付いたのが開始10分後(間違ってた時計では20分前)。
急いで入った所、どうやら本編開始1分後くらいだったみたい(よかった…)。
映画って始まるまでに色々宣伝流してるからな。
内容は…。
とても面白かったです(先週みたポニョより断然面白い)。
いろんな妖怪出てくるの楽しいし、話の真髄もしっかりしてました(人間と妖怪の間の色んな葛藤みたいな物とか…)。
ぬらりひょん役の緒方拳、凄い迫力(さすが…)。
追記:亡くなってしまいましたね。映画見てて「痩せてるな」とは思ったのですが…。安らかにお休みください、合掌。
他のキャストで言えば『北乃きい』ですね(全くノーマークだったなぁ)。
この女優さん、これからさらに伸びていきそう…。
Amazonで【ゲゲゲの鬼太郎】を検索するとコチラです(ココをクリック

怪物くん
妖怪映画なのかな?映画館で【怪物くん( 3D )】を見て来ました。
3Dなんですが特にソレを売りにしているのではなく(既に3D映画はたくさん出てますし…)、漫画の実写化の映画版という事ですね。
連続ドラマが結構おもしろかったんですが、この映画も十分楽しめましたよ。
普通の映画のストーリーって恩着せがましい所があるんですが、この映画ではあくまで怪物くんのわがままを押し通すという良い子ぶらない感じに演出のうまさを感じました。
あ、あと、川島海荷も好きなんですよねぇ。
全国高校サッカー選手権大会5代目応援マネージャーの頃から…(そういえば、北乃きいも応援マネージャーだったな)。
参考までに、Amazonで【怪物くん】を検索した結果です(コチラ)。


綾瀬はるか
管理人さんのブログ 2011-07-01 07:46:47
綾瀬はるか

僕の彼女はサイボーグ
自分が好きな韓国映画『猟奇的な彼女』の監督『クァク・ジェヨン』の作品です。
時間が空いたので、レンタルで借りて見ました。
シリーズ通り、この作品でも彼女は強い…。
その彼女を、今回は『綾瀬はるか』が演じてます(映画自体、日本で撮っている)。
そういえば『世界の中心で、愛をさけぶ』『白夜行』なんかでドラマ主演してますが、映画で出てるとこ見るのってコレが初めてだ…。

話の設定としては、『ターミネーター』。
未来から送り込まれたロボットの話。
でも、男女の恋愛物語です(ハチャメチャですが…)。

この監督、最後に必ず一捻りあるんですが、この映画にも追加エピソードありました。
物悲しく終わるのかな…という所で、そのシーンにより救われる感じはしますね(でも、時間を飛び越えて展開しているので、パラレルワールドっぽい不思議な感覚ではある)。

ハッキリ言って、面白かったです。
『シザーハンズ』とか『ゴースト』とか好きなんですが、やっぱファンタジーっぽい恋愛物って自分の嗜好に合うなぁと思う。

見たい方はAmazonからどうぞ(ココをクリック)。

JIN -仁-
年末に【JIN -仁-】というドラマの総集編を見ました。
友人の評判が良く自分も見たいと思っていたので、ちょうどいいタイミングで放送してくれましたね(直前に漫画の1巻を読み終えて面白く、続きが気になってたのもあります)。
録画しておいたんですが、2夜連続で結構時間枠使ってたので見終えるのも大変でしたよ。
【僕の彼女はサイボーグ】と同じく、『綾瀬はるか』『小出恵介』が競演してます(主役は『大沢たかお』ですが…)。
この写真の『小出恵介』の目は、変だな…。

勝海舟に仕えていた頃の『坂本龍馬』も登場(年齢的なズレが気になりますが…)。
現代の医師が、時代を遡って幕末に活躍(苦悩)するという設定がワクワクしますね(機材が揃っていなかったり手術や医療知識のズレなんかが、アレコレと問題になります)。
Amazonだとコチラ(ココをクリック)。
今の所、何故タイムスリップしたのかという謎は解けてないんですが、4月には完結編が放送されるそうですね(きっとそこで色々分かるはずなので、見逃すわけにはいきません)。
見終わりました、続編。
最終章の後編にはキッカケとなったタイムスリップの場面が再現されて、事の真相が解明されます。
結局、結末は…。
ココでは詳しく書きませんが、あの特別な状況の中ではうまく収束した結果になったかなと感じました(多少、悲しげではありますが…)。
いやぁ~、いいドラマでしたよ、ホント。


広末涼子
管理人さんのブログ 2011-03-11 11:39:45
広末涼子

秘密
TVドラマの『白夜行』『ガリレオ』『流星の絆』と見てきた東野圭吾作品。
映画の方も『手紙』『変身』『g@me.』を見たので、東野圭吾の出世作、『秘密』を見る事にした。
ビデオレンタルで、ひっそりと隅の方に置いてありました。
広末涼子主演映画って実はそんなに見た事ないけど、『鉄道員(ぽっぽや)』ではかなりいい演技してた印象がある。
今回の『秘密』ではどうか?
体当たりでうまい演技してました。
実は、凄い女優の素質があるのだろうか?
アカデミー賞『おくりびと』の妻役でもあるし…(あれ?同じ滝田洋二郎って監督だな)。
映画自体は『変身』に近いかな。
母親が事故で娘の体に憑依してしまって、周りも含めて苦悩する話。
娘として人生やり直していくのかどうかといった所がテーマ。
結局、話の流れは落ち着くとこに向かったのだが、最後の最後「えっ!?」と思われるシーンはあります。
結婚相手の件もあり、自分的には「いらないシーンなのでは?」とは思いますが…。
見たい方は、Amazonからどうぞ(ココをクリック)。

ゼロの焦点
『松本清張』の長編推理小説である『ゼロの焦点』がTVで放映さていたので見てみました。
『広末涼子』主演ですね。
お見合い結婚した夫が、赴任していた金沢から帰って来ないという所から始まります。
「どうして行方不明になったのか?」と探っていくうちに夫の過去が色々分かっていくんですが、そんなには複雑な背景はありません(伏せておきたい事がばれるのを恐れて、犯行におよんだという感じ)。
…なので、ミステリーとしては期待外れでしたね。
『広末涼子』以上に、『中谷美紀』がいい味出してました。
いくつかの映画で見るんですが、どんな役でもこなしちゃう女優さんですね(重い役でも、見てて納得できると言うか、そんな感じです)。
Amazonだとコチラ(ココをクリック)。


マイナー洋画
管理人さんのブログ 2011-03-09 10:32:17
マイナー洋画

スウィーニートッド
久々 時間できたので、ビデオレンタルでDVDを借りて見ました。
…というのも、土日サッカーやって平日は23時まで仕事では、ビデオ見る時間は無いです。
今回、借りたのは『スウィーニートッド』。
ジョニー・デップ主演、ティム・バートン監督なので、見ないわけにはいきません。
『シザーハンズ』大大好きなので、この映画がスプラッターであろうと見なければ…。
うーん、ゲンナリ…。
復讐はいいんですが、罪の無い人を殺すのはダメですよ。
残された家族がまた自分と同じ様な立場になってしまうのが分かんないんですかね?
しかも、何人殺しちゃったんでしょうか?
負の連鎖を増幅させてどうす??!
映画作る才能ありまくりなんだから、こういう方向に行かないで欲しいなぁ(良質な映画も作りまくってるわけだけど…)。
ま、コレ、いい映画ではない事だけは確かです(猟奇殺人映画だし…)。
そもそも自分、グロいのはダメなんで…。
興味ある人は、Amazonで購入して見てみてはどうでしょう(こちらをクリック)。
お勧めはしませんけどね。
お勧めは『シザーハンズ』です(こちらをクリック)。

フランダースの犬(実写洋画)
深夜にテレビで『フランダースの犬』を放映していたので、見てみました。
自分が大好きなアニメではなく、外国で作った実写版です(アニメ映画版DVDは持ってます)。
アニメのイメージが定着してるので、色々な所に違和感ありまくりでしたね(『ルーベンス』の絵を見る為に、新婚旅行をベルギーにしたくらいですから…)。
そもそも犬が、モジャモジャで可愛い系でした。
でも、実際調べてみると、あれが本物のフランダース犬の様です。
あと「おじいさんは、もっともっと優しい顔立ちで無いとなぁ」とか勝手に思ってたり…。
でも、しっかり忠実に作られてるのには、好感持てましたね(アニメに忠実な感じ)。
Amazonの『フランダースの犬』関係はコチラです(ココをクリック)。


マイナー邦画
管理人さんのブログ 2011-03-08 13:42:41

少年メリケンサック
『宮崎あおい』が頑張って主役やってました。
レコード会社で新人発掘担当という役柄。
ネットで見つけたパンクバンドに目をつけるが、実は25年前に解散したバンドで今はオヤジになっているという設定。
勝手に人々の期待が膨らんでいって、ツアーやる羽目になり「どうしよう…」という流れですね。
色んな事が起こって「どうなるんだろう?」と思ったりするんですが、最終的には感動とかも無く、ただのドタバタ映画で終わってる気がします。
Amazonだとコチラ(ココをクリック)。

スイングガールズ
先週TVでやってた「スイングガールズ」。
ソコソコ有名で、マイナーな映画ではないかな。
なかなか面白い映画だったなぁ。
あぁいう青春コメディのジャンルって、身構えずに見始めるから割と素直に楽しめていい。
見たい方は、AmazonのDVDをどうぞ(ココをクリック)。

ローレライ
写真撮り忘れました。
この映画は、時代とフィクションが不釣り合いな感じ。
自分が好きなエヴァっぽい部分があるけど、全体としてかみ合ってないかな。
根本的な世界観作りに失敗してる映画な気がする(無理やりな部分も多かったしなぁ)。



外国ファンタジー映画
管理人さんのブログ 2011-02-12 09:30:24
外国ファンタジー映画

アリスインワンダーランド
ティムバートン監督の『アリスインワンダーランド3D』を見てきました。
『シザーハンズ』の頃から好きなんですよね~、この監督。
ファンタジックな世界観の映画を撮らせたら、ピカイチですね。
今回の映画は…。
ん~、アリスの原作通り、ハチャメチャ過ぎてて収拾がつかなくなってる部分があるかな(ストーリーの強引さが目立っちゃいました)。
3D映画については、見るのが3作目という事もあって、普通の感覚で見られる様になりました。
ブルーレイとかで3Dソフト出たら、家で楽しめるなぁ(テレビとプレーヤーを揃えないといけないけど…)。
Amazonだとコチラ(3Dはまだ出てない様ですね)。

ハリーポッター
『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』を映画館で見ました。
実は『ハリー・ポッターと謎のプリンス』を見てないんですよね(その前作まではしっかり見てるんですが…)。
…なので、話が飛んでいて「何がどうなってるの?」という感じ(失敗失敗)。
そもそも、ハリーポッターシリーズは、その世界観が確立されてるので頻繁に出てくる専門用語(と言うのか?)を(一作品飛ばしたりして)理解していないと付いて行けないんですよね。
皆(3人共)、大きくなりましたね(『ハーマイオニー』なんて、美しく成長してくれてます)。
Amazonで【ハリーポッター】を探すとこんな感じです(ココをクリック)。


ジブリ
管理人さんのブログ 2011-01-31 09:57:39
ジブリ

崖の上のポニョ
映画館へ『崖の上のポニョ』を見てきました。
凄い人気、人がいっぱい(外が暑いので、涼しい映画館に集まるっていうのもあるんだろうな)。
チケット買う時「大変好評なので、前の席になりますがよろしいでしょうか?」との事。
それが、前から3番目の真ん中でした。
自分的にはベストポジションですね(人の頭とか気になるので、空いてる映画でも大体その辺を選んで座っている)。

映画は…。
う~ん、期待し過ぎたな。
あまり面白くなかったです。
映像的にはどの画面も見ていて楽しい(迫力ある)んですが、話の内容が薄いというのかな、単調でありがちな感じがしました。
宮崎駿監督なら、もっといい物出来るはずなんだけど…(残念)。
Amazonでのポニョ関連商品はコチラです。

千と千尋の神隠し
TVで放映していたので見ました(もう何度と見てますが…)。
宮崎駿は小学生の時に見た【カリオストロの城】の頃から好きなんですが、数ある作品の中でこの【千と千尋の神隠し】はベスト3に入りますね。
ちなみに、ベスト3の他作品は、【ラピュタ】と【カリオストロの城】。
この【千と千尋の神隠し】だけは他の2作品と違って冒険物(アクション物?)では無いんですが、八百万の神様達が集まる独特な神々しい世界観に何とも言えず惹かれ好きな作品になっています(他で見たことの無いオリジナルな設定ですよね)。
Amazonで【千と千尋の神隠し】を検索すると、こんな感じです(コチラをクリック)。
これはお勧めの映画ですよ。


織田裕二
管理人さんのブログ 2011-01-27 10:46:51
織田裕二

アマルフィ
【織田裕二】は【東京ラブストーリー(柴門ふみの漫画が好き)】の頃から好感持ってますね(【踊る大捜査線】なんて、最高に好きですよ)。
【アマルフィ】が正月にTV放映されていたので見ました。
ん~、ちょっと残念な映画でしたね。
話の内容とか、自分の中での評価に大きな割合を占めるんですが、何か穴だらけな展開だった気がします。
特に話の中心である誘拐事件の真相が「スイッチ一つを押させる為」ってのが腑に落ちなかったです。
そもそも、タイトルの【アマルフィ】では、ほとんど何も起こって無いんですよね(タイトルから意味不明です)。
Amazonだとコチラ(ココをクリック)。
あまりお勧めはしませんが…。


50回目のファーストキス
管理人さんのブログ 2011-01-01 16:52:01
50回目のファーストキス

【チャーリーズエンジェル】の一人、【ドリューバリモア】主演の映画という事で、TV録画して見てみました。
「下品な台詞はあるし、何か変な映画だなぁ~」というのが、前半の印象ですね。
でもこの映画、実は病気モノ。
ラブコメディーなのに、後半は結構真剣だったりします。
せっかく良いシーンがあるのに、おちゃらけた場面がソレを壊してる感じがしましたね(真面目な映画として作った方が良かったのでは?)。
【ドリューバリモア】を調べてみたんですが、【E.T.】での妹役とか小さいうちから活躍してたみたいですね。
ただ、私生活は荒れていて、10歳でマリファナ始めたって…。
芸能名家という事で、何か反発するモノがあったんだろうなぁ。
Amazonはコチラ(ココをクリック)。
この映画、見る価値はありますよ。


外国ファミリー映画
管理人さんのブログ 2011-01-01 16:29:31
外国ファミリー映画

カールじいさんの空飛ぶ家
『カールじいさんの空飛ぶ家』を、映画館の3Dで見てきました。
期待し過ぎたかな、面白かったけど(強引な展開が多かったし…)。
ストーリーに説得力というか、本筋というか、そういう物が無くって、ただのドタバタ映画になってしまってましたね。
亡くなった妻の事も、ただのキッカケでしかなかったし…(この部分をメインにもってきて欲しかった)。
クリスマスキャロルも見てるからか、3Dの方も見慣れた感がありますね。
Amazonだとコチラ(まだ3Dソフトではありませんが…)。

くもりときどきミートボール
この【くもりときどきミートボール】も3Dなんですね。
普通のDVDレンタルで見ました(2D)。
『発明家を目指す青年、失敗を乗り越えて夢を叶える…んだけど、やり過ぎて滅茶苦茶になってしまう』という話。
頑張って何とかするんですが、自分には「それって、自業自得じゃないの?」と感じる映画でした。
まぁ、子供には面白いかもしれませんね(主人公も一生懸命ですし…)。
Amazonだとコチラ(ココをクリック)。
コチラは3Dソフトが出てるので、家に3Dテレビとプレーヤーを揃えて見たいですね。

ホートン/不思議な世界のダレダーレ
ビデオレンタル屋で4本セットで借りると安くなる、その最後の1本として借りたヤツ。
…という感じなので、タイトルも知らなかったですし、あまり期待もしてなかったですね。
なんか、設定が飛躍し過ぎていて、ちょっとツラかったです(2つの世界がかけ離れ過ぎ)。
逆に「あの設定で、よくアソコまで盛り上げる事が出来たなぁ」と感心しましたね。
Amazonだとコチラ(ココをクリック)。
あまりお勧めはしませんが、見たい方はどうぞ。
ちなみに、Amazonの外国ファミリー映画のベストセラーはこんな感じですね(コチラをクリック)。


アバター
管理人さんのブログ 2011-01-01 16:05:51
アバター

【タイタニック】を作ったジェームスキャメロンが、興行収入を塗り替えた作品ですね。
自分が最初に見たのは、サッカーW杯南アフリカ大会の道中の飛行機でした。
その時はまだDVD化されてない頃で【アリスインワンダーランド】等も視聴リストにありましたね(南アフリカまで乗り換え有りで20時間もあったので、見たい新しい映画があり時間を潰せて助かった覚えがあります)。
今回は、あらためてビデオレンタル屋で借りて見てみました(DVD)。
世界歴代興収1位の映画なんですが、自分的にはそんなに評価高くは無いですね。
ジェームスキャメロンは好きで【タイタニック】も【ターミネーター2】も大好きなんですが、残念ながらこの【アバター】はそこまでのお気に入りにはならなかったです。
やっぱり3Dで見ないと、この映画の魅力は分からないんですかね(映画館の予告で3Dメガネかけて見た時の【アバター】の映像は、確かに凄い臨場感はありましたが…)。
『攻めた星の原住民に同調して、逆に星を守る側に立つ』という設定に、あまりヒネリが無かった様に思えます(展開が予想できちゃうんですよね)。
Amazonだとコチラ(ココをクリック)。
まだ3D用ブルーレイとしては出てないんですが、一般的には評価が高いので家庭で3D映像として見れる様になると売れるんでしょうね。


大和
管理人さんのブログ 2010-12-29 22:17:04
大和

男たちの大和
録画予約した時は「まぁ録っとけ」レベルだったのだが、見てみたらなかなか良くて得した気分。
反町も獅童も好きじゃないんだけど、何がよかったのかな?やっぱり戦艦とか好きだからなのかな。
死に行く者の心理というか、そういう物は強烈に伝わってきたね。

そういえば、モンペ姿の「蒼井優」が出てた。
似合うわ…。
最後、沈む前。
もうだめだ、大和が沈むっ!
凄ましいシーンだったなぁ、死体と飛び散る血。
そこそこ事実なんだろぉなぁ、う~む。
見たい方は、AmazonのDVDをどうぞ(ココをクリック)。

SPACE BATTLESHIP ヤマト
キムタク主演のヤマトを映画館で見てきました。
時間が空いて突然「映画を見に行こう」という事になったので、狙って見に行ったわけではありません(上映中の中で面白そうな映画を選んだだけです)。
強引な展開が気になったかな(例:敵の中枢へはあんな風に辿り着けないと思う)。
あとは、人が死に過ぎです。
でも、戦争映画だとすれば、ソコはそういうモノなのかも…。
小学生の頃『宇宙戦艦ヤマト』が流行って、アニメ映画とかも見てる世代なので「良く頑張って実写版作ったなぁ」と感慨深い印象は受けましたね。
見てて面白いのは確かです。
監督さんが、『三丁目の夕日』『BALLAD 名もなき恋の歌』の【山崎 貴】なんですね。
今までの作品も「見てみたい」と思わせるのが多かったので、原作等の素材の選定基準が自分と合ってるのかもしれません。


人形アニメ
管理人さんのブログ 2010-12-20 16:42:33
人形アニメ

コララインとボタンの魔女
DVDで借りて見ました。
去年、3D映画として上映していて、映画館で見ようかどうしようか迷ってた作品ですね。
かなり面白かったです(特に、子供達のウケが良かった)。
『ナイトメアビフォアクリスマス(Amazonはコチラ)』という、あまりに有名な人形アニメ(ストップモーションアニメと言うのかな)があるんですが、その監督さんの最新作ですね(原案製作は、大好きなティムバートン)。
※ティムバートンの人形アニメといえば『コープスブライド』という作品もありますね(Amazonだとコチラ)。
コレらの作品は、普通の人間界とは別の裏の世界がある話で、何処となく似通っているんですが、だからなのかどれもハラハラ感があったりして好きです。
この話の主人公は女の子。
多忙な両親には構ってもらえず、退屈な日常とは違う裏の世界に入り込んでしまいます。
『楽しいその裏の世界は、実は【魔女】が作った世界で…』というお話。
日本語吹き替えで見たんですが、『榮倉奈々』の舌っ足らずのしゃべり方(しかも、少々生意気な感じ)が、自分的にはハマってた様に思えました。
どうせなら、3D映画で見れば良かったなぁ~。
Amazonだとコチラです(ちなみに、3Dプレミアムバージョンがありますが、赤青メガネなので騙されない様に…)。


西岸良平
管理人さんのブログ 2010-12-09 14:52:27
西岸良平

『西岸良平』好きなんですよね(絵は下手なんですが、内容にとても惹かれます)。
漫画、いっぱい持ってます。
『続・三丁目の夕日』をDVD借りてみました。
いい映画だねぇ~。
同じ日に見た『スウィーニートッド』と大違いだ…。
「北の国から」の純くん、吉岡秀隆 素晴らしいね。
「セーラー服と機関銃」の 堤真一、男らしい。
最近、お母さん役にハマってる、薬師丸ひろ子、やさしさが伝わってくる。
田舎娘がピッタリ 堀北真希、可愛い。

…というか、皆さん、演技最高だわ(演技というか、自然そのもの)。

人情味あふれまくりのこんな町に住みたいものだなぁ。
昭和っていい時代だったんだな(思いっきり昭和育ちですが…)。

余談ですが、『堀北真希』最初に見たのが、夜中眠れなくてつけたTVでした。
地元の人と話しつつ、一人鉄道の旅をしてる番組(カメラマンとかは居るんだろうけど…)。
「人を惹きつける雰囲気のある子だなぁ」と思い、その後ずっと印象に残ってましたね。
…で、再会は『電車男』でした。
妹役での出演、「あ~、あの時の子だ」という感じ。
今では、演技も方言駆使してこなしちゃうし、凄い子ですね。
…と、アマゾン探したらありました、鉄道の旅(ココをクリック)。

そういえば、最初のゴジラのシーン、凄い迫力だったけど、この『山﨑 貴』って監督、特撮出身なのね(…だからなのか)。
こんな人情映画撮れるなんて、意外だ。
素直にゴジラ映画作っても、いい物出来そうだけど…。

見たい方は、AmazonのDVDをどうぞ(こちらをクリック)。


恋空
管理人さんのブログ 2010-12-09 11:56:58
恋空

ガッキーの『恋空』ネットで見てみました。

ん~、何でもかんでも詰め込み過ぎでしょ。
本当に実際にあった話なら驚きだけど、多分創作なはず。…としたら、興味を引き付ける為には何でもOKなの?という気分にさせられた映画でした。
世の中にはその色々な出来事のひとつだけでも辛い想いしてる人がいるというのに、そういう人を軽視してる事になるのではないか…と。
まぁこういう筋書き、『不幸に恋してる』様な中高生年代には受けるのは仕方ないか…。
ガッキーは頑張ってましたよ。

見たい方は、AmazonのDVDをどうぞ(ココをクリック)。


ほしのこえ
管理人さんのブログ 2010-12-09 11:56:23
ほしのこえ

前から気になっていた『ほしのこえ』を見た。
実は、ネットで動画が見れちゃったりしました。

これ、ひとりで作ったのか、凄い…凄すぎる…。
ゲーム会社に居たらしいけど、どこなんだろ?
確かにデザイナーさんならできる人 居そうだけど、相当気合入れない事には完成しないと思う。
映像も綺麗だしねぇ。あとは人物の顔くらいかな…(まぁ、一人で製作だから許そう)。

世界観は『トップをねらえ!』そのもの。
メールが距離感を醸し出して、寂しさがうまく表現されてる。

こういう人が出てくるのって、コンピュータ技術やITの環境が整った証拠なんだろぉなぁ。
一人でここまで作っちゃうって、昔なら考えられないもん。

DVD見たい方は、Amazonでどうぞ(ココをクリック)。


変身
管理人さんのブログ 2010-12-09 11:54:30
変身

ガリレオの「東野圭吾」と、のだめカンタービレでの「玉木宏」、あと「蒼井優」好きって事で、『変身』という映画を見た。

便利な物で、ネットに映画丸々アップされてたりする。
韓国サイトで、動画みれちゃったりします。
音声が映像に比べて遅れてくるのが気になるが、まぁタダで手軽に見れるとこなので仕方ない。

映画の内容は、脳移植された青年の人格変化のお話。
どの位の割合の脳を移植されたのかは分からないが、脳を移植したりしたら「そりゃ人格変わっちゃうよ」と思わずにいられない。臓器移植とはわけが違うのに…と、そんな感じ。
脳移植はありえないが、どことなく現実の痴呆症の現象と似てるかな。

最後、移植された青年、悲惨な結末迎えます。
今までの繋がりを切って、移植された側の別人として生きていく…という選択肢はなかったのかな?

『変身』のDVD見たい方は、Amazonからどうぞ(ココをクリック)。


フラガール
管理人さんのブログ 2010-12-09 10:40:46
フラガール

TVで『フラガール』をやっていたので、録画して見た。
好きな蒼井優主演の映画です。

『xxxガール』という事で『スイングガールズ』みたいな田舎の少女達がフラダンスに目覚めてハワイのコンクールで活躍!?!的な話かと思ったら全く違いました。
『スパリゾートハワイアンズ』の立ち上げ時の実話から来てる映画なんですね。
昭和40年のお話。

蒼井優、方言駆使して頑張ってました。
「炭鉱をどうしよう」という切実なところからのリゾート立ち上げなので、様々な障害有り。
みんなが頑張ってる姿が好感持てた映画でした。
そういえば『スパリゾートハワイアンズ』は、関東に住んでる時でも行った事無かったな(川崎からはやはり遠かったので…)。

Amazonだとコチラ(ココをクリック)。


嫌われ松子の一生
管理人さんのブログ 2010-12-09 10:34:13
嫌われ松子の一生

夜遅くの時間にテレビで『嫌われ松子の一生』が放送されていたので、見た。
話題にはなっていたけど、見ずにそのままになっていた作品です。
映像の色使いとかがポップな感じで、見た目が特徴的な映画でしたね。
話の内容はグロさ満載。
ハチャメチャな人生を見返す、そんな映画だったりします。
『中谷美紀』頑張ってたけど、自分には全く共感できなかったですね(あんな人生は絶対イヤですもん)。

世の中には、こんな映画の様な人生を送る人が居るんでしょうね。
まぁ「哀れだなぁ~」とか思っても、住む世界が違うので自分にはどうする事もできないですが…。
Amazonだとコチラ(ココをクリック)。


亀は意外と速く泳ぐ
管理人さんのブログ 2010-12-09 10:29:21
亀は意外と速く泳ぐ

テレビ欄見ていて気付いたので、何となく録画しておいた。
上野樹里主演、蒼井優も出てますね。
コメディー映画なんだけど、何なんだ?この映画…。
小ネタは面白いんだけど、話全体までハチャメチャなもんだから、まとまりがありません。
スパイ物なんてわけ分かんない物にするんじゃなくって、もっと普通のテーマをメインに持ってくれば良かったのかも…とか思いますね。

面白かった『時効警察』というドラマ、この監督が演出したみたいです。
「クスッ」と笑わせるのはうまいんで、今後に期待ですかね。
Amazonだとコチラ(ココをクリック)。


おくりびと
管理人さんのブログ 2010-12-09 10:21:44
おくりびと

アカデミー賞外国語映画賞を取った『おくりびと』、見ました(ネットで…)。
いい映画ですね~。

納棺師の話なので『生と死』がテーマなんですが、それを普通の生活の中で表現してて変な気負いも無く見やすかったです。
それでいて、キチンと死ぬという事に向き合ったいい作品でした。
ラストの『握り締められた石のシーン』なんて、涙無しでは見られないですよ(あと、銭湯のおばちゃんの最後とか…)。

テーマがテーマだけに考えちゃうんだけど、死ぬってのは大袈裟な事じゃなくって 自然な流れの一部みたいな物なんだろうな…なんて事をこの映画を見て思った。

Amazonだとコチラ(ココをクリック)。


おっぱいバレー
管理人さんのブログ 2010-12-09 10:16:29
おっぱいバレー

TVの宣伝で、凄い惹かれた『おっぱいバレー』。
映画館まで足を運んで見てきました。
いやぁ、チケット買うのが恥ずかしかったですよ。
券売係の人が男女で半々くらい(3人ずつ)、順番的にお姉さんになってしまいました。
まぁ言わないと映画見れないので「おっぱいバレー、大人1枚」って言いましたけどね(チケット売る人も確認で言うんで、恥ずかしいんじゃないかなぁ)。

映画、とてつもなく凄く良かったです。
涙もろいんですかね、後半、ずっとウルウルしてましたね。
誰もが純粋で一生懸命で…。
あんな青春を送りたかったですよ。

Amazonだとコチラ(ココをクリック)。


ウォーリー
管理人さんのブログ 2010-12-09 10:11:07
ウォーリー

半日空いた時間、子供にどこ行きたいか聞いた所、映画を見たいとのリクエスト。
「あんまりいい映画やってないねぇ」と、上映中リストを見せた中で選んだのが『ウォーリー』でした。
上映開始は1時間後、急いでいつもの『ユナイテッドシネマ豊橋』へ…。

居ました、ウォーリーくん(ペーパークラフトですね)。
結構、出来がいいですね、コレ↑。

自分達が見たのは吹き替え版なんですが、映像内に漢字とかあって(例えば『起動中』とか)日本語用映像になってた気がします(そんな事あるのかな?)。

映画自体は、予想に反して、かなり面白かったですね。
オンボロロボと美女ロボの恋愛物語とでも言えばいいのかな。
純粋で一途なんで、どうしても応援してしまいます。
映像も、CG駆使してて どのシーンも目を離したくないくらい とても綺麗でした。

こういう映画、日本では作れないのかなぁ?
ゲーム業界に居た頃、周りには上手いグラフィックデザイナーいっぱい居たから、日本でもスタッフは揃うと思うんだけど…。

Amazonだとコチラ(ココをクリック)。


スラムドッグ$ミリオネア
管理人さんのブログ 2010-12-09 10:03:11
スラムドッグ$ミリオネア

アカデミー賞を8部門も取った『スラムドッグ$ミリオネア』、見てきました。
「ファイナルアンサー」って言っていくあの有名なクイズ番組に出たインドの青年の話です。
スラム育ちで貧困、学校も行ってないのに、どうして正解していくの?というストーリー。
答えは、人生の中にあったのね。
いやぁ、それにしても、恐ろしい程に強烈な道を歩んできてます。
世界にはまだまだあの様な生活を送ってる人がいるのね…。
Amazonだとコチラ(ココをクリック)。


パコと魔法の絵本
管理人さんのブログ 2010-12-09 09:57:02
パコと魔法の絵本

ギラギラした映像の中に描かれる、ハチャメチャな性格の人々が織りなす心温まるお話。

登場人物の性格がキツイからか、見始めは「何か見づらい映画だなぁ~」と思ったんですが、グングン惹き込まれていきましたね。
「グチャグチャしちゃうところを、うまくまとめきったな」という感じです。アッパレです。
普通の映画とは違う幻想的な映像を多様してるファンタジーですね。
人の記憶に残るのも嫌だった老人が、最後には少女の記憶に残りたいと必死でした。
物悲しい結末ではあるものの、頑張れて良かったんだと思います。
やっぱり自分は、こういったファンタジー物が好きだなぁ。
Amazonだとコチラ(ココをクリック)。


2010年夏
管理人さんのブログ 2010-12-09 09:31:17
2010年夏

今年の夏は、結構映画観に行ってます。
やはり、最近になって3D映画が増えたからですかね(現状、家では3D映画楽しめないから、映画館へ出向くしかない…)。
トイストーリー3
この夏見た中で、一番のお気に入りですね~。
子供→大人になっていく中での玩具達の宿命みたいなモノがうまく表現されてて、涙無しでは見られません。
あぁいう内面の情緒をあそこまで上手に見せられるなんて驚きですよ(作り手側のレベルの高さに拍手)。
シリーズ中、最高なのは、間違いありません。
Amazonだとコチラです(ココをクリック)。

劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド・パール 幻影の覇者
これは、ガッカリでしたね。
ポケモンシリーズって、回を重ねる毎に『テーマ』が無くなって、ただ色んなポケモン登場して戦ってるだけになっていく気がしますね(子供騙し)。
初期のミュー2とか出てくるあぁいう映画を観たいんですけど…。
Amazonだとコチラ(ココをクリック)。

借りぐらしのアリエッティ
悪くは無いんですが、こじんまりと纏まっちゃってますね。
小人の話なんで、仕方ないんですかね?
後で思い返してみると、少年との間にはそんなに深い関係も無いし、「人間に見つかったから引越ししますよ」的な事だけだった感じが…。
でも、さすがジブリ、絵が綺麗。動きも素晴らしいです。
ディズニーはCGになっちゃったんで、こういう高質なアニメを見られるのはジブリくらいしかない様な気がしますね。
Amazonのアリエッティグッズはコチラ(ココをクリック)。

ヒックとドラゴン
3Dで観たかったんですが、時間が合わず2Dで…。
でもこの映画、3D・2D関係無く、かなりの出来です。
ドラゴンというファンタジーの王道を使っただけあって、世界観とか分かりやすいですし、少年の自分なりのやり方で現状を打開していく姿に、一時も目を離せません(「この先、どうなっちゃうんだろう」というワクワク感で、時間を忘れる程)。
それと、ドラゴン乗りの映画なので、カメラアングルとか絶妙ですね。アトラクション的なノリも有り。
3DTVとか買って、家で3D映画を楽しめる様になったなら、この映画ソフトは購入したいですね(3Dソフトって、いつから出始めるんだろうか)。
Amazonだとコチラ(3Dソフトはまだですね)。


北の零年
管理人さんのブログ 2010-12-08 16:44:40
北の零年

TVでやっていた『北の零年』見ました。
吉永小百合さん主演の映画ですね。
幕末後の武士達の話です(北海道開拓)。
レビューとか見ると、あまり評判は良くないみたいですね。
でも、自分的には楽しめました。
確かに、話の流れは強引な所がいっぱいあるんですが、あの時代だったらそういう人生も有り得る気がします。
静内町を最初に開拓した稲田家家臣達「人それぞれの人生があるんだよ」という映画です。
『幕末』好きだし、『北の国から』好きだしで、結構ツボにハマったのかもしれないですね。
Amazonだとコチラ(ココをクリック)。
是非ご覧ください。


GOEMON
管理人さんのブログ 2010-12-08 16:31:49
GOEMON

TVで『GOEMON』をやっていたので、見てみました。
ビデオレンタル屋で借りようと思ってた作品なので、ちょうど良かったです。
いやぁ~、映像美が素晴らしい!
なんか、ファイナルファンタジーのCG見てるみたいですよ。
『CGと衣装をゴテゴテにして、映像に手を加えまくった』そんなイメージです。
狙いなんでしょうが、それぞれの場所にはそれぞれの原色があったりします(水辺では『青』だったり、信長の部屋が『金』だったり…)。
「戦国の世も、実はこの位、色鮮やかだったのかも?」と思わせるほど、存在感ある情景がいっぱいでした。
登場キャラも、有名どころばかり。
誰もが強烈な雰囲気醸し出してました。
ストーリーも良く出来てましたね~(それ以上に映像に目を奪われてしまうのですが…)。
Amazonだとコチラ(ココをクリック)。
見てない方は、是非どうぞ。


クリスマスキャロル
管理人さんのブログ 2010-11-09 15:15:09
クリスマスキャロル

普通の映画は、待てばDVDレンタル等で見れる様になる。
「どうせ映画を見るなら、映画館でしか味わえない体験をしたいなぁ」という事で、3D映画を見てきました。
クリスマスキャロルです。
テーマパークではよくありますね、3D映画(10分とか短いですが…)。
でも、コレは普通の映画の3D版なので(普通に映画館で上映されてるし…)、ストーリーがあって長いです。
この眼鏡をかけて見ます。
やっぱり臨場感が違いますね。
町の上空を飛ぶ等の主人公目線のシーンなんかは、その場に居る様な気分になりますよ(足元フワフワするとか…)。
それと、長い時間3D眼鏡をかけるので目が疲れるのかと思ったんですが、そんな事は全く無かったですね。

これからは、映画といえば3Dが基本、という感じになる気がします。
普通の映画は世の中に溢れかえってるわけなので、なかなか新しい映画を見ようっていう事にはなりにくいのではないか…と。
あと、カメラワークとか3D映画特有の新しい見せ方みたいなのもある感じでした(見てて背景のぼかし方とか工夫されてる気がしましたね)。

いずれ、家庭用プレイヤーも3D対応になっていくのかな?

~~~~

いよいよ、3D対応のブルーレイソフトが発売されますね。
Amazonだとコチラ(ココをクリック)。
残念ながらウチには3Dテレビもブルーレイプレーヤーも無いので、家で3Dを味わう事は出来ません(時代に乗り遅れない様に、機材揃えなきゃなぁ)。
いくつかの3D対応ソフトも発売され始めたし「ここから3Dの普及が始まるんだろうなぁ」とワクワクしてます。


どろろ
管理人さんのブログ 2008-08-07 13:12:51
どろろ

TVで『どろろ』の映画をやっていたので、録画して見ました。

数ある手塚治虫の漫画の中で、一番好きなのが『どろろ』。
さて、映画版の出来栄えは…。
百鬼丸:妻夫木聡

どろろ:柴咲コウ

オドロオドロしさが無く、ん~、なんというか、安っぽい出来になってしまってる様な…。
原作の雰囲気はもっと薄気味悪かったり異様だったりするんだけど、どうにもそういう重さが無いというか、ちゃちな感じを受けましたね。
例えば、最初のどろろの体を作るシーンとか、途中妖怪と戦ってるシーンとか…(仮面ライダーのワンシーンを見てる気分)。
画面もギラギラチカチカし過ぎですね。

この映画、大ヒットで続編が決まってるとか…。
次はチャンとしたのを作ってくださいな。

Amazonのどろろ関連はコチラ(ココをクリック)。


ドラえもん 魔界大冒険
管理人さんのブログ 2008-06-26 20:57:07
ドラえもん 魔界大冒険

雨が降っていたので、子供達を連れて映画館へ。
ドラえもんの新シリーズ2作目。
面白いねぇ、ドラえもん。
新シリーズになってから、面白さ復活という感じ。
ずっと昔に「のび太の恐竜」で「いい映画だな」って思ったけど、あれから30年。永遠に不滅だわ。
今回見ての感想。
「ドラえもんって意外と柔らかいんだな」
(どんな感想やねん!)

見たい方は、AmazonのDVDをどうぞ(ココをクリック)。
ドラえもんのDVDリストです。


クレヨンしんちゃん ケツだけ爆弾
管理人さんのブログ 2008-06-26 20:52:41
クレヨンしんちゃん ケツだけ爆弾

映画を見てきた。
いつも豊川のコロナにいくが、調べたらクレヨンしんちゃんやってなかったので豊橋のユナイテッドシネマへ(実はこっちの方が近い。これからこっちだな)。
イトーヨーカドーとかある所。
映画は9時15分からのみ。…なので、急いで出発。
もぉ監督変わってるのねぇ。
戦国あっぱれとかであった、「情」とか「切なさ」みたいなのは、無くなってたなぁ。残念…。

見たい方は、AmazonのDVDをどうぞ(ココをクリック)。
クレヨンしんちゃんのDVDリストです。


ウォーターボーイズ
管理人さんのブログ 2008-06-26 20:49:33
ウォーターボーイズ

ビデオに撮っておいたのを見た。馬鹿馬鹿しいけど、面白いんだよなぁ、こぉいう類の青春映画ってのは…。
玉木宏がアフロだったり坊主頭だったり、今は超2枚目なのにねぇ。

見たい方は、AmazonのDVDをどうぞ(ココをクリック)。


時をかける少女
管理人さんのブログ 2008-06-26 20:48:29
時をかける少女

アニメ版、名古屋で見よう(地方を転々としてた映画なので)と思ったら一日遅れだった奴。
もしかしてやってるかと思い、映画館の前までいってみたけど、やっぱりやってなかった、なんて思い出があるなぁ(転職活動中だったから1年前か…)。
TVでやってたので見た。
やっぱりオリジナルと同じで設定…というか世界観がいい、ので面白かった(そのオリジナルとは全く話は違うが…)。
中学生の頃かな、オリジナルの映画(原田知世主演)見たのは…。
ラストシーンが悲しくもあり、少し救われた感もありでとても心に残ってる作品でした(漫画のウィングマンの最後も似た終わり方だったような気がします)。
もちろんあの名曲のせいもあるかも…。
同じ時期「セーラー服と機関銃」もあり、学生当時は「筒井康隆」か「赤川次郎」の本を読みまくってました(後は平井和正とか星新一とか…)。
最近、本といえば技術書ばかりだなぁ。

見たい方は、AmazonのDVDをどうぞ(ココをクリック)。


ディアルガVSパルキアVSダークライ
管理人さんのブログ 2008-06-26 20:45:04
ディアルガVSパルキアVSダークライ

休日出勤の代休日で子供も夏休み中なので、ポケモン映画を見てきた。
この前、クレヨンしんちゃんを見てきた豊橋の「ユナイテッドシネマ」。家から行くにはここが一番である(車で30分)。

話自体は…、なんかこぉ「行き当たりバッタリ」な感じの印象が強くて、登場人物やポケモンの感情みたいのがあまりなかったかな。ダークライは頑張ってたけどね。

下の子は寝てました(う~ん、もったいない)。…という自分も眠かった。

見たい方は、AmazonのDVDをどうぞ(ココをクリック)。
ポケモンのDVDリストです。


手紙
管理人さんのブログ 2008-06-26 20:41:41
手紙

ビデオに撮っていた『手紙』を見た。

山田孝之主演、沢尻エリカ共演。
エリカ様が眼鏡かけてたな(ちょっと萌えな感じ?)。

それにしても、考えさせられる映画だね。
避けられない宿命みたいな物ってそこそこあるわけで、どうそれと向き合って生きていくか。
難しいねぇ…。

そういう事と無縁の人も居るけど、強い人ってのはやっぱ何かを背負って生きてる人の方だと思う。
…なんて事を、映画見終わって思ったな。

見たい方は、AmazonのDVDをどうぞ(ココをクリック)。


<< 2017年11月
2017年11月18日(土)
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

 最近の書き込み

SMTP
  <2016-04-06 12:03:21>
S.M.A.R.T.
  <2015-05-07 08:03:36>
POP
  <2015-04-21 11:33:37>
Linuxコマンド
  <2015-04-21 11:03:04>
アルバートオデッセイ
  <2014-08-04 23:12:12>
トイレ
  <2014-01-31 08:58:16>
(*)調光スイッチ
  <2013-09-30 10:46:11>
(*)調光スイッチ
  <2013-09-20 01:26:34>
(*)調光スイッチ
  <2013-09-17 12:21:11>
(*)調光スイッチ
  <2013-09-15 20:13:59>


 カテゴリー

おでかけ(83)
サッカー(45)
旅(45)
DIY(43)
食べ物(39)
映画(36)
 ・ 妖怪映画
 ・ 綾瀬はるか
 ・ 広末涼子
 ・ マイナー洋画
 ・ マイナー邦画
 ・ 外国ファンタジー映画
 ・ ジブリ
 ・ 織田裕二
 ・ 50回目のファーストキス
 ・ 外国ファミリー映画
 ・ アバター
 ・ 大和
 ・ 人形アニメ
 ・ 西岸良平
 ・ 恋空
 ・ ほしのこえ
 ・ 変身
 ・ フラガール
 ・ 嫌われ松子の一生
 ・ 亀は意外と速く泳ぐ
 ・ おくりびと
 ・ おっぱいバレー
 ・ ウォーリー
 ・ スラムドッグ$ミリオネア
 ・ パコと魔法の絵本
 ・ 2010年夏
 ・ 北の零年
 ・ GOEMON
 ・ クリスマスキャロル
 ・ どろろ
 ・ ドラえもん 魔界大冒険
 ・ クレヨンしんちゃん ケツだけ爆弾
 ・ ウォーターボーイズ
 ・ 時をかける少女
 ・ ディアルガVSパルキアVSダークライ
 ・ 手紙
家(35)
季節(34)
健康(32)
地元(29)
本(29)
家族(29)
モバイル(23)
生物(23)
学校(22)
家電(21)
ドラマ(21)
風景(18)
Web(18)
PCハード(17)
通勤(16)
ゲーム(16)
Winアプリ(15)
ブログ(14)
Linux(13)
飲み物(13)
自転車(13)
ゴルフ(11)
ブラウザ(11)
ネットワーク(10)
javascript(10)
足技(9)
php(9)
会社(8)
感銘映像(8)
税金(6)
空想(5)
VMware(5)
Ruby(4)
データベース(3)
perl(1)