アトム-サイト
[ アトム-サイト ] - 管理人さんのページです。
feed-icon RSS2.0   feed-icon Atom
箱根
管理人さんのブログ 2011-01-11 18:06:45
箱根

ユネッサン
ゴールデンウィークの2日目、箱根の『ユネッサン』に行ってきました。
温泉テーマパークという名が付いてる通り、水着で遊べる温泉という感じです。
いろんなトコに遊びに行くんですが、こういう施設ってココ以外には思い浮かばないですね~(温水プールならいくつかありますが…)。
一応、施設内にカメラを持ち込んでもいいみたいですけど、写真撮るのも気を使うし常に水があるので、入場前のみの撮影だけにしました。
今回は2回目ですね。
以前来た時はたしか7年前くらいですが、そんなには変わってなかったです。
イベントで『ドクターフィッシュ』という足の皮膚を突っついて食べてくれるという魚のお風呂に足を入れるのをやってました。
しかも無料!
ちょうど前日の八景島の水族館でやり損ねた(そこは300円でした)んで、ちょうど良かったです。
魚達が足を突いて、コソバユかったですね~。
~~~~
3回目です。
横浜みなとみらいへ遊びに行った帰りに寄りました。
紅葉の季節だったので、渋滞にハマって到着が11時半。
まぁそれでも、ワイン浴びたり、コーヒー浴びたりと、面白かったですね。
紅葉見ながらのお風呂も最高。
帰りに1階へ行ったら、騙し絵展の様なものが開催されていたので、入場(子供一人200円)。
こういう絵が20種類位ありました。
写真OKです(絵の中に入り込む作品が多かったです)。
家まで距離があるので、4時出発。
御殿場ICへの国道138号線へ出る為の『宮の下』までの1kmが渋滞で動かず…(1時間位かかったかな)。
家到着は結局7時半。
後で地図見て、途中で左折して『強羅』抜けてけば良かったのに気付きました。

彫刻の森美術館
小田原へ遊びに行った帰りに【彫刻の森美術館】へ寄りました。
名前は知っていたのですが、行ったのは初めてでしたね。
正午頃到着したので、まずは腹ごしらえです(結構高いレストランだったので、炒飯とか安いモノを選択)。
美術館という事で子供には不向きだろうと敬遠していたのですが、ココは全く違いました。
普通、美術館というと静かに鑑賞しないといけないんですが、屋外メインなのでウルサイ子供でも大丈夫です(逆に、子供向け施設もあります)。
子供向け施設の一つ、網ジャングルジム。
芸術なんでしょうが、子供には楽しければ良しなんでしょうね。
もう一つ、透明なプラスチックのジャングルジムもありました。
小学6年の子も、結構面白がって遊んでましたね(年齢制限は小学生まで)。
いくつも彫刻があるんですが、エロっぽいモノや風変わりな作品が多いです。
あとは【ピカソ】ですね(ピカソ専門の建物があります)。
約3時間位居ましたね。
家族で行って楽しめる美術館、お勧めですよ~。


小田原
管理人さんのブログ 2011-01-09 22:06:30
小田原

小田原城
国道1号線は通るんですが、一度も寄った事が無かった『小田原城』に行ってきました。
時間があったので寄ったという感じ。
…なので、午前8時くらい着でしたね。
案の定、早過ぎるんで天守閣の中には入れなかったです(まぁ外から見れただけでOKなんですが…)。
この『小田原城』、篭城戦が得意な城で有名ですね。
豊臣秀吉も無理に攻めようとはしなかったですし…。
今では周辺だけが城という感じですが、当時はもっと広い一帯が城として機能していたんだろうなぁ~。

生命の星 地球博物館
箱根に行ったついでに【生命の星 地球博物館】へ行ってきました。
前に一度行った事があるので、今回は2度目になります。
前回はまだ子供が小さかったので、あまり見る事も無く出てきてしまったのを覚えています(でも「展示物はしっかりしてるな」という印象は持ってましたね)。
今回は小六と小四なので、結構興味持って見てました。
展示物は、地球の歴史を辿る時間の流れに沿ったモノ(岩等)や生物が、順番に並んでいます。
最後、お土産を買い終えたのは、ちょうど閉館時間でした。

小田原駅
【万葉の湯】という健康ランドに泊まった翌朝、小田原駅を覗いてみました(駅に近いので…)。
朝9時なんですが、既にお土産屋とか開いてましたね。
小学校は冬休みなんですが平日なので、普通にサラリーマンが大勢いましたよ。


健康ランド
管理人さんのブログ 2011-01-06 09:13:01
健康ランド

バーデンバーデン
子供と一緒に『健康ランド』に泊まってきました。
浜松にある『バーデンバーデン』というとこ。
かなりボロボロ、老朽化著しい場所でしたね。
外観からして酷いです。
子供曰く「えっ、ココ?」と不安そう(自分も不安でしたが…)。
中では、『××一座』の歌舞伎の芝居をやってました。
物々しい時代劇と、演歌中心の歌謡ショー。
コレが意外とお客を集めていて、結構な人がいましたね(お婆さんばかりですが…)。
固定フアンでもいるんですかね?観客と仲よさそうに話してましたが…(でも、九州から来てると言ってたから、その日だけのお客さんかな?)。
今までは浜松に2ヶ所・豊橋に1ヶ所の健康ランドがあったんですが、ここんとこの不況でココ浜松のバーデンバーデンだけになってしまいました。
浜松の市野にあった健康ランドは、新しくて清潔で料理美味しくて(バーデンバーデンとは真逆だ)かなり良いとこだったんですけどねぇ~。

万葉の湯
箱根に遊びに行った時の、一泊した健康ランド【小田原 万葉の湯】です。
湯は箱根から運んでいるらしいので、温泉ですね。
家族で箱根に泊まるには高いので、こういう所を利用するのは手だと思います。
今回は親子3人、娘がいるので心配でした(怪しい健康ランドもあるので…)が、ココは全くそういう雰囲気はありませんでしたね。
若いカップルや、母と娘の親子、子連れも居て、館内は明るい感じでした(仮眠室には専用の従業員がひとり、付きっ切りで監視してたりして、運営面でも気を配ってるのが感じられます)。
小田原の駅に近いんですが、5時間まで駐車代無料です。
今回は泊まりで確実に追加料金が発生するのが分かってるので、小田原城の24時間1000円の所に停めました(歩いても7~8分程度)。
結局、17時~翌朝9時だったので、正解でしたね(計算だと11時間オーバーですからね)。
そういえば、1000円/10分の床屋が隣接していました。
髪を切りたいと思っていた所だったので、ちょうど良かったですよ(切った直後にお風呂に行けますし…)。

総評として、清潔感とか安心感とかの館内イメージはピカ一ですね(今まで行った色々な健康ランドの中でNo.1です)。
ただ、お風呂の種類は少ないです(駅前という土地柄、お風呂の面積をそんなには取れないんだと思います)。
安く泊まりで温泉を楽しみたい家族連れとかには、絶好の施設ですよ。


新横浜ラーメン博物館
管理人さんのブログ 2010-11-26 13:54:03
新横浜ラーメン博物館

【よこはまコスモワールド】で遊んだ後、【新横浜ラーメン博物館】へ行ってきました。
以前、川崎に住んでいた時に良く来たので、今回は5回目位ですね。
駐車場は隣のとこ。
普通は(高い所だと)30分300円なんですが、ココは20分100円。
半額。
結構空きがありました。
滞在時間が長いので、駐車料金結構かかっちゃいます(最大料金を気にした方がいいのかもしれません)。
中でラーメンとか食べる時にお金を使うので、入場料自体は凄く安いですよ(大人300円、子供100円)。
内部(地下)は、昭和の雰囲気に満ち溢れています。
祝日前なので、普通に飲んでるサラリーマンも多かったです。
昭和30年代位のイメージなんでしょうね(自分生まれる少し前辺り…)。
10歳まで住んでた長屋は、こんな雰囲気ありましたけど…。
ラーメンは普通の大きさ食べてしまうと1軒しか行けないので、ミニサイズを頼みました。
この日は2軒のラーメン屋をハシゴ。
【頑者】のつけ麺が美味かった!
16時~20時まで居たので、4時間。
その日、友人宅へ泊めてもらう予定だったので、それまで時間を潰しました。
駄菓子屋寄ったり、紙芝居見たり、剣玉とかやってみたり、クイズラリーで館内をウロウロしたりと、飽きずに居られますね。
子供連れだと、お洒落な所でショッピングするより、こういう雰囲気の所で過ごす方が楽しめます。
みなとみらいからも近いですし、移動しての夕飯は正解でしたね。


みなとみらい
管理人さんのブログ 2010-11-26 13:20:57
みなとみらい

子供の文化発表会の代休で4連休となったので、そのウチの半分を使って【横浜みなとみらい】まで遊びに行ってきました。
前日の夜に出て、海老名サービスエリアで車中泊です。
休日なので、高速代が¥1000のはずなんですが、何故か¥1250と表示されてました(首都圏にかぶるので、ある区間が対象外なんだろうか?)。
到着が9時前。
早く着き過ぎました。
目的の一つ、【よこはまコスモワールド】は、11時開園…。
駐車場は、隣の車屋さんが1日900円なのを調べておいていたので、そこに停めました。
時間を潰す為、とりあえず【クイーンズスクエア横浜】とかをウロウロします(お店も殆ど開いてないんですが…)。
ウチは代休なんですが、世の中は平日なので子供の姿とかはありません。
以前、川崎に住んでいたので、この辺りは良く来ましたね。
なんか、懐かしいですよ。
でも、東の方は随分と建物が建ってて変わってましたね。
隣の【横浜みなと博物館】もまだ開園前…。
ランドマークの展望台が10時開始なので、登る事にしました。
何度か【みなとみらい】には来てるんですが、ランドマークに登るのは初めてでしたね。
残念ながら曇ってて、遠くまでは見えませんでした(雨の日サービスで飲み物付き+値下げでした)。
もうひとつの目的【マリノスタウン】。
雨が降ったりで練習どうかな?と思ったんですが、展望台からやってるのが見えたので、Go!
肖像権とかあるので、写真はありません。
中村俊輔とか、若い小野とか、山瀬とか、皆居ました(中澤は別メニューで走ってました)。
サインも貰うつもりで行ったんですが、この日はフアンサービスは無しとの事(残念)。
昼頃に【コスモワールド】に戻り、色々乗ってきました。
この前、【富士急ハイランド】に行ってるので、アトラクションは楽勝でしたね。
ほとんどお客さん居ないので、貸切りみたいでしたよ。
待ち時間も無く、一通り済ませて、次の目的地の【ラーメン博物館】へ向かいました。


プリントアウト
管理人さんのブログ 2010-11-06 13:29:47
プリントアウト

デジカメで撮った旅の写真なんかは現像するわけですが…。

今までは、写真屋さんに画像データ渡して数日後の受け取りという感じでした。
値段とか考慮して『杏林堂』とかのドラッグストアに変えてみたり…(ココも出来上がりは数日後)。

ある日、ローソンに行くと、現像機があるじゃないですか。
しかも1枚30円とココら辺りで最安値!
早速利用、時間かからないしとても便利です。
こういうサービスこそ、コンビニの出番だなぁ~と思った。

~~~~

ウチにはプリンターが無い。
プリントアウトする事ってそんなに無いからなんですが、それでも紙に出力しないといけない場合がある(例えば、割引券とかチケット引換券とか…)。
そんな時に利用してるのが【ネットプリント】。
セブンイレブンのコピー機が、自分のプリンターの様に使えます。
プリントする時の20円だけ(白黒の場合)で、登録等の使用料は無料です。
ココ↓
http://www.printing.ne.jp
プリンター自体を買うより、ずっと安いですよ!


海外旅行変換プラグ
管理人さんのブログ 2010-11-06 06:52:56
海外旅行変換プラグ

南アフリカのワールドカップ観戦の為、コンセントに差す変換プラグを買ってみました。
調べたんですが、南アフリカ内でもいくつかの型があるみたいですね(しかもちょっと特殊な型?)。
…という事で選んだのが、全世界対応プラグの『サスケ(TI-13)』です(カシムラというメーカー)。
Amazonだとコレですね(コチラをクリック)。
お値段は、2000円ちょっと位。
残念ながら、裏面に『南アフリカの一部(B3L)では使えません。』って書いてありました。
泊まるホテルがどうなのかが、気になりますね。
ただ、元々南アフリカ用のアダプタは日本では手に入らないという事なので、型が合わずどうしても必要という事なら、現地でそれ用のプラグを手に入れるしかないです(普通に買えるとの事)。
ちなみに、成田空港の売店には南アフリカ用は売ってなかったです。
このサスケ自体は、2つのパーツから成っています。
下の方のパーツ単体で、中国等のハの字型コンセントに対応する様です。
通常は上のパーツだけで使用し、アースのシャッターを開ける時には下のパーツを合体させて使う感じです。
手前の白い棒が、アースの穴に入ってシャッターを開ける様です。

他にも『サスコム』とかが、いくつもの型に対応していて有名みたいですね。
Amazonで『変換プラグ』を探すとこんな感じです(コチラをクリック)。

~~~~

実際に南アフリカに行ってきました。
泊まったホテルでは、3タイプのコンセントが混在してましたね。
一番右の型は、日本のコンセントそのままが使えます(もちろん電圧が違うので入力電圧100V~240V対応のアダプタでないとダメですが…)。
左と真ん中の型で『海外旅行変換プラグ』が使えました(真ん中のでデジカメ充電をしてます)。
右で、携帯の充電を普通に行っています。

ジンバブエ(ビクトリアの滝)は、下記写真の型でしたね。
ココは1泊だけなので、使いませんでしたが…。


富士急ハイランド
管理人さんのブログ 2010-11-05 12:23:11
富士急ハイランド

下の子の身長が130cmになったので【富士急ハイランド】へ行ってきました。
130cmあれば、ほぼ全てのアトラクションに乗れます(【トンデミーナ】だけは137cm以上)。
9時開園に間に合う様に、家は前日夜出発。
よく使う車中泊です(高速のサービスエリアで就寝)。
到着7時(早過ぎ)、ファミレスで朝食とって、8時に駐車場でした。
すでに人が並んでましたね(50人位)。
のんびり8時半に行ったら、列が4倍長くなってました。
コンビニで東海地方限定前売り券が売っていたのであらかじめ購入してあったんですが、列自体は当日券と同じなので入るのにそこそこ時間かかってしまいました(20分位かな)。
駐車場着いて、サッサと列に並んでおけば良かった…。
東海地方在住という証明の保険証を見せて、フリーパスに引き換え入場。
まぁそれでも、2つ目のアトラクションまではスイスイ乗れましたね。
少しでも人が少ない開園直後に、人気アトラクションを先に済ませてしまうのがコツです(2つ目終わった時には【FUJIYAMA】なんかは凄い列でした)。
雲一つ無いほどのいい天気!
絶好の行楽日和ですね。
富士山もとっても綺麗に見えました!
ずぶ濡れになるアトラクションも、この天気なら平気です(濡れた直後は冷たいんですが、いつの間にか乾いてました)。
初めに【FUJIYAMA】、次に【ドドンパ】乗ったんですが、さすがに下の子には刺激が強過ぎた様です。
3つ目の【ええじゃないか】は、かなり嫌がってました(まぁそれでも無理やり連れてって乗せちゃいましたが…)。
自分的には【ええじゃないか】が一番怖かったですね。
地上数十メートル、ベルトだけの支えで下向きになるのは、かなりヤバいです(スポッと抜けて、そのまま落ちてしまいそう)。
先に激しいアトラクションを済ませたので、後は楽。
食べ物買って食べながら、順に空いているアトラクションをこなして行きます。
富士急ハイランドはお化け屋敷が有名なんですが、ウチの子供達は何処に行ってもソレ系の物には入りません(どんなに子供騙しな物でも…)。
なので、今回も無しです。
※【ゲゲゲの妖怪屋敷 妖怪小噺】は音のアトラクションなのでOKみたい。
家もそこそこ遠いので、午後3時過ぎ出発予定です。
ある程度こなし、まだやってない残りのアトラクションを消化していきます。
予定通り、3時過ぎ、お土産買って帰宅の途につきました。
御殿場ICまでが渋滞で、1時間もかかってしまいましたね。
その後の東名高速は混んでなかったので、家には7時半到着でした。

子供達も大きくなったので、これから付き添う必要も無いですね。
高い所で逆さまになる様なアトラクションは、次からは止めよっと。


富士登山
管理人さんのブログ 2010-08-25 09:51:43
富士登山

子供の夏休みを利用して、富士山登山をしてきました。
ウチから一番近い『富士宮口』の5合目から登る事を考えて、富士山スカイラインのマイカー規制を調べます(お盆を外した平日なので、大丈夫)。
駐車場も、平日なら上の方に停めれるだろうという情報を元に、前日夕方家を出発です。
到着は午後10時過ぎ。
5合目売店をグルッと回った下辺りに、車を停める事ができました(階段で30m位上がれば、そこが売店という位置です)。
着いた夜に歩き始める人も居たんですが(御来光を見る派ですね)、自分達は日の出と共に登り始めです。
高山病対策の為、駐車場で車泊して気圧に慣れるという作戦という事でも有ります(自分、いつも高い山登ると頭痛くなっちゃうんですよね)。
5時起きで朝食食べて、5時半出発。
次から次へと登って行く人がいました。
自衛隊の団体も2組、登って行ってましたね(帰りにすれ違わなかったので、違う登山ルートで帰ったっぽいです)。
6合目、新7合目、元祖7合目と登っていきます。
小六長男はサッカーやってるので、早いですね。
体力無い小四長女と一緒に歩いていたので、別々になってしまいました(自分達2人は、抜かれまくり…)。
パンフレットに予想タイムとかあるんですが、倍の時間かかります。
8合目で待ちくたびれた長男、一旦下ってきて合流。
下の子はもう無理そうなので、長男だけ頂上を目指す事に…(下った分だけロスだなぁ)。
下山のルートさえ間違わねば、問題無いでしょう。
下の子と2人の待ち組は、標高3250mの8合目山小屋前で長男待ち。
12時に別れたので、そこから頂上まで2時間、下りで1時間、休憩も入れると3時過ぎかな…という感じ(「道を間違えず、同じルートを帰って来い」と、念を押しておきました)。
8合目から頂上付近が見えるんですが、「まだあんなに登らないとダメなのか!」と思っちゃいます、がんばれ~。
これだけ高度があると、やはり頭痛くなりますね。
7合目を超えた辺りから、ガンガンし始めてました。
待ってる間に聞こえてくる会話で、かなりの人が「頭痛い」と言ってました(大体4人に1人が、頭痛い様子)。
上に行く程、天候悪化(雲の流れも速いので、時たま日光が差す時もありますが…)。
さすがに、待ってるだけの状態だと寒いです。
山小屋の壁に身を寄せて、風を避けます。
3時半頃、無事長男が降りてきました(予定時間が近付くにつれ、戻ってくるのかやはり心配でしたね)。
頂上制覇したとの事、おめでとう!
逆に頂上付近は天気良かったらしいです(お鉢内部とかしっかり見えた様です)。
綺麗な雲海。
下界は、雲の下です(実際に町に下りたら、雨が降ってました)。
登山の最中、ずっと花火の様な音がしていました。
最初「山をダイナマイトで崩しているのか?」とか思ったんですが、照明弾とか見えて自衛隊の演習だと分かりました。

8合目からの下りで2時間以上(下の子のペースになるので…)、5合目が6時過ぎでしたね。
自分達が最終組という感じ。
売店に居たりで7時前に出発、家が11時半でした。

上の子は、やっぱ、小六でスポーツやってるので体力あります。
普通にガンガン登っていけてましたね。
ただ「九合五勺から奥宮の辺りはかなり厳しかった」との事。
あと、頭が痛くなる高山病は、親ゆずりの様でした。
下の子が今回山頂まで行けなかったので、中学で体力付いた頃に再チャレンジかな。


南アフリカW杯観戦記4
管理人さんのブログ 2010-07-14 08:45:09
南アフリカW杯観戦記4

南アフリカW杯観戦記3の続きです。

『日本VSオランダ』戦も見終わって、後はビクトリアの滝ツアーですね。
ジンバブエという国には、南アフリカ以上に不安要素がいっぱいあったのですが、折角南アフリカまで来た事だし『ビクトリアの滝』には行くしかないでしょ~!
…というわけで、このオプションツアーに申し込みました(13万5千円なり)。
南アフリカからは、出国する事になります。
免税店にブブゼラ発見!日本に帰国する時に買おうと思ってたんですが、残念ながらその時には売り切れてなかったですね(なので、お土産としても買わず仕舞いに終わってしまいました)。
ジンバブエまでは飛行機で1時間くらいかな、入国の時に30アメリカドルのビザが必要。
着いたトコは、離島にある様な小さな空港でした。
意外な事に、こんな地の果てでも、フリーの無線LANが使えました(ココから久々メール送信)。
空港を出ても何もありません(家も無いです)。
道がまっすぐに滝まで続いてるだけです(ジンバブエも赤土の荒地でした)。
滝近くになると、人がソコソコ居ましたね(あまり裕福とは言えない感じ)。
着いたホテルが、超ゴージャス!
周りとのギャップが激し過ぎ…(マネーパワーだなぁ)。
南アフリカの拠点のホテルより、豪勢でした。
足を伸ばせる湯船もあったし、勢い良くお湯も出るし、TVも何チャンネルも入るし、なによりホテルに池もプールもカジノもあります(周りはただ荒れ果てた土地なのに…)。
一旦荷物を置いて、サンセットクルーズへ…。
野生のカバ・ワニ・象がいました。
晴天なんですが、ビクトリアの滝のトコだけは雲が出てたりしました。
ザンベジ川に沈む夕日が綺麗だったなぁ~。
夜はホテルで食事(バイキング)。
新婚旅行で来たという同じツアーの方と、昨日のオランダ戦の事とかで盛り上がります(結構、赤ワインを飲みすぎましたね)。
そのままいい気分で就寝…。
翌日、いよいよビクトリアの滝。
いやぁ、スケールが大き過ぎですね~。
滝底なんて見えません(どこまで落ちてるんだろう?って感じ)。
数キロ歩くんですが、先に行くと水飛沫が雨の様に降ってきます(一番先まで行くと土砂降りです)。
当然、靴なんかグチャグチャ。
ちなみに、このポイントで常に虹が見えます。
自然の凄さを実感できました。
乾季に行くと、逆に全体が見通せるらしいですね(景観を選ぶか、迫力を選ぶか、というとこです)。
最後は『バオバブの木』です。
マダガスカルで有名ですが、ココにも生えているとの事(確かに、ジンバブエは同じ様な緯度にありますね)。
樹齢2000年。
ただ、想像してた形と違うなぁ~。
普通のバオバブはこういう形してるんだろうか?
この後、南アフリカのプレトリアのホテルに戻り1泊。
翌日朝、帰途につきました。
楽しい事はあっという間に過ぎてしまうんですね。
帰りの道中も行き同様長かったんですが「終わってしまうのか~」という気分でへたれ気味でした。
最後、スーツケース受け取った時点で解散なんですが、一緒に行動した仲間との別れが名残り惜しくて寂しさで一杯でしたね(言葉では「また4年後に…」と言ってキッパリ別れてきましたが…)。
さて、4年後はブラジルW杯(これまた遠いです)、どうしようか?

そうそう、お土産なんですが、サッカー教えてる子供達に『アフリカの土』を持ち帰ってやったところ、ソコソコ好評でしたね(人数多いので、あまりお金かけれないし…)。
後は、余った小銭と、チョコと飴。
渡した時に「コレは何円位?」って大勢に聞かれましたね(「1ランド15円で、セントはランドの100分の1」って答えても計算できない様でしたが…)。
小銭ですが、一人で集めるのは大変だったので、旅行最終日に同じツアーの方にご協力いただきました。
結構、寄付していただいちゃってスミマセンでした(…と、ココでお礼言っても伝わらないんですが…)。

旅行っていいもんですね。
夢の様な日々でしたよ…。


南アフリカW杯観戦記1
管理人さんのブログ 2010-07-13 09:33:30
南アフリカW杯観戦記1

ちょうど会社を辞めて時間がある時期なので、サッカーワールドカップを観に行く事を決意しました。
友人を誘ったんですが、さすがに開催地が危険な『南アフリカ』、断られましたね(なので、一人旅です)。
西鉄観光・JTB・近畿日本ツーリストと3つの旅行会社をチェック(メールマガジン登録とか)。
西鉄観光の申し込みが一番初めだったので受付開始時間直後に申し込み完了(申し訳ないんですが、日本代表には期待してなかったので、一番見たい相手のオランダ戦を選択)。
成田発だったので、その前に東京御茶ノ水にある『サッカーミュージアム』に寄りました(写真はレプリカのワールドカップです)。
日暮里から京成スカイライナーで成田空港へ(1時間半前に到着したので、空港内を散策したり両替したり…)。
時間になり旅行会社のカウンターへ行くと、既に何人か並んでいて航空券とスタジアムのチケット等をもらってましたね(チケットには旅行会社が購入者となってました)。
海外旅行は10年ぶり。
しかも、一人での海外旅行は初めて。
まぁツアーなので、案内される通りに行動するだけです(航空会社のカウンターでスーツケースをあずけて、セキュリティチェック受けつつ搭乗ゲートへ行くだけ)。
免税店もあるんですが、行きなので何も買いません。
ココでも集合時間まではブラブラ…。
時間になると、シートの後ろ側の人から搭乗してくださいというアナウンスがありました(50~70番までとか…)。
南アフリカは遠いので、香港で乗り継ぎ。
成田からは、4時間程度。
ココにも免税店はあるんですが、買うなら帰りですね~。
無線LANがフリーで繋がったので、乗り継ぎの2時間をネットで過しました。
香港からヨハネスブルグまでは13時間…。
席が中央真ん中、トイレとか行きづらくて辛かったなぁ(新作映画3本見れたのは良かったですが…)。
現地時間早朝、到着しました、ヨハネスブルグ。
時差7時間。
昼間が長くなるので、夜更かしした感じですかね。
ソコソコ寝ていたので、全く辛くなかったです(逆に帰りは時差ボケしました)。
バスの手配がゴタゴタしてたり、他のグループを待ってたりと、暫く空港にいて、その後ホテルのある『プレトリア』へ…。
この時期の南アフリカって雨が降らないんでしょうか?
滞在していた期間、雲ひとつ無かったですね(冬の晴天の日という感じ)。
※決勝トーナメントの日本戦の時のプレトリアは、曇ってたみたいですね。
…というか、ヨハネスブルグ周辺って、基本的に赤土の荒地しか無いです(塀に囲まれた住宅地は所々ありますが、それ以外の物は無くって皆何処で働いてるんだろう?って感じです)。
着いたのは昼頃。
滞在中の拠点になる『ロードロッジセンチュリオン』というホテルです。
旅行会社が借り切ってるらしく、ほぼ日本人しかいませんでした。
すぐに大久保選手のお母さんとか(闘莉王選手の親族)、ロビーで見かけました(帰国した後のやべっちFCを見たら、このホテルで遠藤選手のお父さんや長友選手の母&兄弟とか出てましたね)。
知り合った一人旅の人同士3人(松沢さん、山根さんという方)で、まずは同じエリアにあるレストランへ。
ホテルを含めたレストランとかアウトドアショップ&ガソリンスタンド&コンビニは、塀で囲まれてて安全が確保されてるといった感じでした。
今回、自分はツアーで参加してるので、危険な目には一度も会いませんでした。
空港でもホテルでもショッピングモールでも、安全が確保されてる場所に居れば問題無いという感じでしたね(単独行動等、塀の外に出る様であれば、そこからは自己責任という事ですね)。
夜は、隣のレストランで肉料理。
こっちの肉は、パサパサしてて食べづらかったです(日本人なんですね、汁物や野菜が欲しかったぁ)。

日本-オランダ戦の前に、明日は『ライオンパークとプレトリア市内観光』。
ちなみに、今回のツアーの総額は、『ビクトリアの滝』とかのオプションもあるので、731540円(う~ん、高い!)。

南アフリカW杯観戦記2へ続きます。


南アフリカW杯観戦記3
管理人さんのブログ 2010-06-30 17:00:46
南アフリカW杯観戦記3

南アフリカW杯観戦記2からの続きです。

さぁいよいよこの旅行のメインイベント『日本VSオランダ』戦!
ホテルからの出発は2便に分かれて行くそうです。
自分達のB班は5:30出発(まずはバスで空港まで)。
なんだか興奮して眠れず、4時位には朝食食べてましたね…。

ヨハネスブルグの空港に行くと、オランダサポーターが…。
人数的に向こうの方が圧倒的に多くて、盛り上がってました。
そのうちお互いに写真撮り始めて、和気あいあいに…。
ダーバンまで飛行機。
1時間位かな。
写真で見る様に、南アフリカは赤茶けた土地が延々と続いてるんですが、試合会場のダーバンは緑も生えてて(森とかは無いですが…)「随分、内陸部と違うなぁ」という印象を受けましたね(リゾート地だけあって、綺麗な景観でした)。
空港からはバスでスタジアムへ。
MATCH社というイベントを仕切ってる会社の敷地内で、食事しつつ原住民の踊りみたいのを観賞(…とは言っても、気持ちはもう試合会場の方に行ってましたが…)。
あと、ココで顔に日の丸をペイントしてもらいましたね(無料サービス)。
描いてくださったのは、美人な外国人おねーさん方でした(ラッキー)。
スタジアムはすぐソコに見えるんですが、駐車場を大きくグルリと回る様に徒歩で移動。
試合会場に到着、気分も盛り上がってきました!
オランダサポーターの方が、圧倒的に多いです(オレンジだらけ!)。
席なんですが、プラス1万円出してカテゴリー1にしたんですが、こんな上の方でした(確かに、眺めはいいんですが…)。
普通のカテゴリー3の方も隣のブロックだったので、あまり変わりは無い感じでした(むしろピッチに近くて良かったんじゃないのかなぁ~)。
日本代表に乾杯!
南アフリカまで応援に着たんだ、頑張ってくれよ~!
グループリーグ第一戦目のカメルーンに対して『1-0』で勝利してるだけあって、このオランダ戦が踏ん張り所ですね。
申し訳無いんですが、カメルーンに勝てるとは思ってなかったので、嬉しい誤算でした(勝ち点3同士の戦い)。
いよいよ始まる~!
スナイデル・ファンペルシー・カイト・ファンデルファールトとか、居るよ(点みたいに小さいけど…)。
この試合に間に合うかと思われたロッベンは、まだ完璧じゃないんですかね?ベンチでした(残念)。
一緒に君が代を歌います(何となく感慨深い気分に…)。
行け~!日本代表!
結果は『0-1』でした。
スナイデルの強烈なシュートだけは、防ぎ切れなかったですね。
相手がオランダというのを考えたら上出来なんですが、見てる側としては負けは負け。
ションボリ来た道を帰る途中、何人ものオランダ人に慰められましたね~(言葉は分からないんですが…)。
日本の報道は入らないので分からなかったんですが、帰国して友人とかに聞くと「よくやった日本、次に繋がる試合内容」って評価らしかったです(現地で見ると、良く守ってはいるけど攻め切れない日本って印象でしたが…)。

今だから書けるんですが、デンマーク戦勝ってグループリーグ突破するんですよね。
結果からすると、デンマーク戦を選んだ方が良かったわけなんですが…(ツアー売れずに、値下げしてたからなぁ~)。
ツアー予約当時は、このオランダ戦で日本は敗退決定すると思ったからなぁ~(ホント、ココまでやるとは…)。

バス乗って飛行機乗ってバスでホテルへ…。
来た道をドヨ~ンとした気持ちで引き返したのを覚えています。

南アフリカW杯観戦記4へ続きます。


南アフリカW杯観戦記2
管理人さんのブログ 2010-06-30 16:58:14
南アフリカW杯観戦記2

南アフリカW杯観戦記1からの続きです。

2日目は、申し込んだオプションツアーの『ライオンパークとプレトリア市内観光』でした。
このW杯観戦ツアー自体、基本的に食事が朝食のみなので「食べるのに困らないオプショナルツアーを申し込んだ」という感じでした(実際には、ホテル近くに3つレストランがあって、苦労する事もなかったんですが…)。
それと、ホテルに缶詰状態はツラいので、あまり期待もしてないんですが申し込んだ、という感じです(ショッピングモールへ行くという手もありましたが…)。
まぁ、ライオンなんかは、日本でも見れますからね…。
折角アフリカに来たので、皆さんライオン見たいと思うんですかね、オプションツアーのバスは満席。
大型バスのまま、サファリパークみたいな所に入っていきます。
ライオンの家族が2群れ位かな、後はホワイトライオンとか、居ました。
バスを降りて、触れ合い動物園みたいな所へ…。
ライオンの子供は確かに可愛い!
肉球とかも触れて、ニンマリ…。
その後、お土産屋に寄りつつ(ダチョウの卵など購入)、昼食会場へ。
現地の雰囲気を残したホテル内のレストランでした。
各種の肉が、次から次へと皿へ盛られていきます(串で焼いた肉をナイフで切り落としていきます)。
牛・羊・ソーセージ・ワニ・アフリカの鳥…とか。
これまた一人で来た隣の席のおじさんに、赤ワイン(ボトル)を分けていただきました。
名前分からないままなんですが、その後もビール頂いたり声をかけていただいたり、性格の良い方でしたね(オランダ戦の次の日に帰ってしまう短い日程のツアーの様でした)。
次に行ったのが『フォールトレッカー・モニュメント(開拓者記念碑)』。
これ、ケープタウン周辺にいたオランダ系入植者が、イギリス軍に追われて内陸部の開拓をしていった歴史を残す為に作られた物だそうです。
この時作った共和国が、今の南アフリカの元になっているとの事。
中の壁には、年代別のレリーフがあるんですが、基本的にはガランとしてます。
上に登ると、プレトリアの町が遠くに見えて、見晴らし良いトコでした。
その後、市街地をバスから見学。
『ユニオンビルディング』前で、バスを降りて少しの休憩(大統領の仕事場みたいな説明だったかな)。
ツアーの時間が押してたんですが、予定通りショッピングモールへ寄る事に…。
自分はトイレの場所が分からずに、ウロウロしてる間に時間が来てしまったという感じでしたね。
後から思うんですが、ココでブブゼラを買っておけばよかったです(スタジアムの中で売ってるという情報聞いてたんですが、無かったし…)。
物の値段とかは、日本とあまり変わらないかな(赤ワインだけは安かったです)。

ホテルに着いたのは午後9時位。
明日はいよいよ『日本VSオランダ』戦。
南アフリカW杯観戦記3へ続きます。


日暮里
管理人さんのブログ 2010-06-25 14:48:20
日暮里

『日暮里』周辺を歩いてみました。
前職の勤務地が六本木、家が川崎という事で、山手線北部というのは行く事もなく分からなかったりします(上野-池袋の間辺りが…)。
飲む場所のリクエストを聞かれたので、折角なのでこの『日暮里』にしてもらいました(翌日の京成スカイライナーにも乗りやすい駅なので…)。
『西口』の方へ出て見たら、お墓ばっかり…。
谷中霊園というトコらしいです。
こんな都内なのに、かなり広大な霊園が広がってましたね~。
幽霊が出そうな雰囲気がありました(イメージ的に、柳が似合う昭和な感じ…)。
この後、ドンドン南下。
目的は御茶ノ水の『サッカーミュージアム』なんですが、道も分からないので適当な狭い道を進みます。
上野動物園の裏の辺りに出て、旧岩崎邸庭園を過ぎ、なんとかサッカーミュージアムへ到着(そこそこ時間かかりましたね~)。
帰りは東京大学構内を抜けて、また『日暮里』へ。
心地よい歩きの後のビールは、うまかったなぁ(久々の仲間にも会えたし…)。


スーツケース
管理人さんのブログ 2010-06-25 11:50:31
スーツケース

海外旅行へ行って来ました。
…という事で、『スーツケース』の話題です。

ウチは田舎なので、空港まではまずは新幹線の利用ですね。
各車両の一番後ろには、『スーツケース』を置けるスペースがあったりします(最後尾座席の背もたれの後ろ)。
『乗務員』に知らせてくれという注意書きがあります。
自分の乗った車両はガラ空きだったので、席の足元に置く事にしました。
隣が居たりすると、この手は使えませんが…。
東京から成田空港は、『京成スカイライナー』。
こちらは、乗った扉のすぐ傍に、スーツケース置き場がありますね。
空いてれば、新幹線と同じ様に、座席まで持ってってもOKです。

用事を済ませたい等 一時的に預ける時には、駅のコインロッカーが便利ですね。
これは、日暮里のコインロッカーですが、主要な駅には大抵あります。
いろんな大きさのコインロッカーがありましたが、400円のスペースに入りました(この日暮里のコインロッカーは、奥行きが結構あるタイプでした)。
新宿だと、500円の一番大きなコインロッカーを使わなければダメでしたね(奥行きが微妙に足りないサイズが多かったです)。
結構使われてたりしますが、2~3箇所空いてるパターンが多いみたいです。


八景島
管理人さんのブログ 2010-05-06 12:58:11
八景島

今年のゴールデンウィークはサッカーの試合とかがあった為、空いている2日間で行動する事にしました。
子供達に行きたい場所を聞いたところ『八景島』を候補に挙げてました。
距離的にも適度な感じなので、決定。
八景島は、川崎に住んでいた頃、隣の『海の公園』と共によく行った場所ですね~(ちょうどこんなゴールデンウィーク前後に潮干狩りしてました)。

前の晩に家を出発、途中のサービスエリアで仮眠して午前9時頃に到着(朝方、鎌倉の大仏に寄り道してますが…)。
普通に行くと『A駐車場』に誘導されてしまうんですが、八景島に一番近いのは『B駐車場』という事を知ってるのでソチラに停めます(『海の公園』使う時は『C駐車場』)。
さすがゴールデンウィーク、混んでます。
チケット買うのに30分以上。
干潮の時間なのか、隣の『海の公園』でも潮干狩りの人がいっぱいいました(午後からその人達が流れてきたのか、さらに混んだ様に思えます)。
水族館なんて、満員電車の様…。
『ワンデーパス』なので何度でも入れるんですが、夜7時くらいに水族館に入り直したら今度はガラガラでしたね。
アトラクションも人だらけ…。
ジェットコースターなんか、何処まで並んでるんだ?という位の列でした(さすがに夜8時半くらいには30分待ちとかでしたが…)。
ここ『八景島』、3つの水族館があります。
普通のトコと、触れ合いゾーンと、ファンタジックなゾーン。
旭山動物園で有名になった、水槽の柱をアザラシなんかが泳ぐそんな展示方法がココにもありましたね。
水族館って、結構疲れますね(いつもそうなのは、何故なんだろう?)。
珍しい魚とか、いっぱい…。
結局、車に戻ったのは夜10時前位。
少し走って、また車泊でした。


鎌倉大仏
管理人さんのブログ 2010-05-06 08:03:15
鎌倉大仏

大仏を見に、鎌倉まで行ってきました。
※本来の目的地は、八景島ですが…。

後の予定があるので、拝観開始時間の午前7時前に到着。
周りにある有人の駐車場はさすがにやってないので、車は徒歩5分程の場所のコイン駐車場。
8時までは夜間料金で格安ですね(日中の料金は500円/30分と、かなり高いです)。
ちょうど7時に入場門到着。
でも10組くらいの人は既に居ました。
この『鎌倉の大仏』を見るのは、2回目。
中に入れるのは8時から…。
その後の予定や駐車料金の事もあるので、今回は断念しました(7時40分位までは居たんですけどね)。
時間さえ合えば、20円で大仏様の横から入れます。
後ろに窓みたいな所はあるんですが、結構真っ暗だった記憶がありますね。
大仏様の草履かな?
ずっと座りっぱなしだから、必要なさそうだけど…。


ユニバーサルスタジオジャパン
管理人さんのブログ 2010-03-29 08:50:49
ユニバーサルスタジオジャパン

子供達のリクエスト、『ユニバーサルスタジオジャパン』に行ってきました。
天気はあいにくの雨。
日程からして日付は動かせないので、仕方ないです。
朝7時半に並んだ所、ゲートの一番前列に並べました。
ネットでダイレクトインのチケットを取得していたので、チケット売り場に並ぶ必要は無し。
9時のオープンと同時に、新しいアトラクションにダッシュ!
待ち時間無しですね。
2つ目はスパイダーマン、こっちも待ち時間15分くらいでした。
さすがに3つ目くらいになると、30分待ちとかでしたね(ファストパスの人がドンドン割り込んできます)。
3月の雨は、やっぱツラいですね~。
『ジェラシックパーク』のアトラクションでは、寒い上に水を浴びたりと散々な目にあいました。
いつの間にか靴がグチャグチャ。
あとツラいのが、屋外でのショー。
風がピューピュー吹く中でジッと座り続けてると、ドンドン体温が下がっていきますね。
…と言いつつも、USJはやっぱ楽しいです。
夕方になって、やっと雨があがりました。
閉園時間ギリギリまで遊んで、お土産買って…。
一番先頭に並んで帰りはほぼ一番後だったので、ホント目一杯遊び尽くした気がしますね。


安曇野
管理人さんのブログ 2009-10-20 08:39:49
安曇野

安曇野まで泊まりに行ってきました。
まずは春日井ICのレンタカー屋で弟家族と合流。
総勢8名にて、Go!
途中休憩しつつ、諏訪IC下車。

まずは諏訪大社です。
…といっても、昼飯に寄っただけですが…。
大社前の手打ち蕎麦屋さんで昼食。
ビーナスラインで、紅葉を目指します。
…が、残念。
天気が悪くて、ほとんど見えませんでした。
最上部の『美が原』なんかは、霧で真っ白。
天気良ければ、絶景なんでしょうが…。
しかも、かなり寒かった。
お土産買い、次は松本を抜け(松本城横切りました)安曇野へ。

お泊まりは『セラヴィリゾート アンビエント安曇野』という所。
お食事、美味しかった。
ビールいっぱい飲んで、温泉入って、贅沢です。
泊まったのは、コテージというのかな、貸別荘です。
弟家族と半々で借りるんですが、中の扉で繋がってます。
2日目は快晴。
写真は上高地方面の山です(あの山の向こうが河童橋とかですね)。
紅葉も綺麗に見れました。
真っ赤なモミジ、綺麗ですね。
帰りは『大王わさび農園』の後、一時駒が根ICで降りて『ソースかつ丼』食べました(明治亭というIC下った所)。
お腹いっぱい、確実に太ってますね。


大王わさび農場
管理人さんのブログ 2009-10-19 13:14:37
大王わさび農場

安曇野への家族旅行。
2日目は『大王わさび農園』に行って来た。
広い農園で、いっぱいわさびを育てています。
とにかく広いです。
しかも、水が綺麗。
美しい景観ですね。
下の写真は9月に植えたばかりのわさび達。
まだまだ小さいです。
さわびって、砂利に植えるのね。
2つの洞窟。
ひとつは結構深く(30m位)、中に道祖神が祭ってありました。
レストランの前の水車。
この農園にいくつか水車があったんですが、どれも苔が生えてていい感じが出てましたね。
せせらぎで、ボートに乗れました。
ひとり900円(幼児は無料)。
水も景色も、やっぱ綺麗ですね。
上流に向かって50m程かな、皆でオールを使って漕ぎます。
流されて下流の水車小屋。
一番デカい水車小屋で再び漕いで、スタート地点まで戻ります。
子供達は、一番前で楽しそうでした。
写真には無いんですが、わさびソフトクリームを食べました。
でも、辛いわけでもなく、ほんのりわさびの味がする程度、黒ゴマソフトみたいな感じかな。

それにしても、のどかなトコでしたね。
心が癒されましたよ。


GW 2009
管理人さんのブログ 2009-05-07 10:34:09
GW 2009

ゴールデンウィーク、また関東方面に出掛けてきました。
ディズニー以外は場所を変えてますが、基本的に去年と行動パターンは同じですね。

まずは夜移動して、ディズニーシーへ(駐車場へは2時くらいに入れてもらえたな)。
ココで2デーパスポート購入する予定だったんですが、何と『シー→ランド』の2デーはソールドアウトという表示が…。
ダメなら1デーを1日ずつ買うしかないな…と思いつつ、チケット売り場で聞くと「シー→シー」のを買っておいて、2日目の当日8時前にランドへ変更すればOKとの事(良かった…)。

『タワーオブテラー』のファストパス取って、『インディジョーンズ』に乗ってと、効率良くまわれましたね。
初日はゆったり8時→22時。
駐車場出て、ランドの駐車場へ(12時過ぎには入れてくれて、そこで就寝)。

ランドは、5時半に起きて並びに…。
皆、『モンスターズインク』目的だったみたいです。
そこそこ前の列から、走ってファストパス取りに行ったんですが、取れた時刻が17時!
普通に並ぶと5時間待ち!
でも、実際『モンスターズインク』やってみると、面白いアトラクションではなかったですね~。
5時間並ぶ価値は無いです(並んだ人、可愛そう)。
この日、横浜の友人宅へ。

3日目、『科学技術館』。
雨だったからなのか、人が集まり過ぎ…。
入るのも30分くらいかかったな。
人がいっぱいなので、やりたい物が出来なかったですね。
さすがGW、子供達だらけ…。
まぁ、何度か来てるので、一通りまわってヨシとします(それでも3時間位居た)。

ココで、東京タワーに行く予定だったんですが、外を通った時点で、凄い列が見えたので止めようという事で、次。

『水の科学館』です。
何故か、子供達はココを選んでましたね。
首都圏に住んでた時、何度も行ったんで、思い出でもあるんですかね?
この日は、足立区の友人宅へ(17時半着)。

最終日は、戻りつつ『富士急ハイランド』。
あいにくの雨で、絶叫系は全部中止です。
まぁそれでも、フリーパスで入場しました。
雨なんで、ココは人が少なかったです。
『ガンダム』やったり、ボート乗ったり、鬼太郎のお化け屋敷行ったり…。
観覧車とか、室内施設だけですね。
ドラえもんの『ボールパーク』なんてのがやってて、結構時間つぶれました。
後、船系絶叫アトラクションはやってました。
…で、雨と、そのアトラクションでグチャグチャ(おまけに寒いし…)。
ま、でも、楽しめました。

富士急ハイランドから3時間で無事帰宅。
スケジュールはハードだったけど、面白いGWだったなぁ。


伊良湖 - 鳥羽 フェリー
管理人さんのブログ 2009-03-23 08:42:48
伊良湖 - 鳥羽 フェリー

『伊良湖-鳥羽』間のフェリーを使って、日帰りで鳥羽水族館へ行ってきました。
1時間ちょっとで、渥美半島の先端の道の駅『クリスタルポルト』到着。
車は道の駅の駐車場(無料)に停めて、人間だけでフェリーに乗ります。
※鳥羽水族館は到着後のフェリーターミナル横なので、車は要りません。

この日、1時間に1本は出航してましたね(なので、あまり待たずに乗れます)。
自分達は8:50の2本目のに乗りました(ほとんどが車。徒歩は自分達以外は1人)。
『フェリーの往復券+鳥羽水族館入場券』のセットになっているチケット購入。
鳥羽に向けて出発!
行きと帰りで、船内の構造が違いました(帰りのは全て椅子で埋まってましたね)。
風が強かったからか、伊良湖を出てすぐに船が大きく揺れ始めました。
歩いていると、体が横に振られます。
外のデッキなんかだと、下が濡れているので踏ん張れずどうにもなりません。
船に酔ってる人もチラホラ(確かにキツいです)。
鳥羽に近づくにつれて、波はおさまってきました。
鳥羽に到着。
水族館がすぐ横に見えます。
歩きの人は2階からそのまま降りられます(車の人は下に行く)。
土日祝日は出航回数が多いようです。
帰りもほとんど待たずに乗れました。


名古屋駅周辺
管理人さんのブログ 2009-01-08 13:40:53
名古屋駅周辺

元旦、名古屋駅近くを通ったので、散策してみました。
おなじみ、JRセントラルタワーズです。
自分が関東進出した後、『ミッドランドスクエア』『モード学園スパイラルタワーズ』とかできたようなので、それらの見物です。
中に入ってみたものの、人が居ない…。
2日から営業で元旦は休日みたいです。
名古屋といえば地下街!という事で降りてみたんですが、こちらも2日から…。
全ての店舗のシャッターが閉まっていて、閑散としてましたね。


栄 - 金山
管理人さんのブログ 2008-11-25 19:26:18
栄 - 金山

昔居た会社の先輩の結婚パーティに呼ばれたので、行ってきた。
まぁ、名古屋なので電車です。

ウチからだと、豊橋までは各駅停車なんだけど、その電車が快速になってすんなり行けます。
昔住んでいた大須を見ようと思ったので、金山下車(所要時間1時間ちょっとくらい)。
金山駅はそんなに行った事なかったけど、あんな町だったかなぁ?
変わったんだろうな…。

大須まではそこそこ距離あるんですが、歩いて見ました(ブラッと町を歩くのは好き)。

一時期住んでたのは、このスケート場の南50m先のマンションでしたね。
そう言えば、初デートがココだったなぁ。

久々大須です。
町並みは変わってない気がするなぁ。

第一アメ横ビル。
電子部品や音響屋さんは健在でしたが、パソコンパーツ屋とかが無くなってましたね。
パーツで買わず、出来合いのPCを買うんですかね?まぁ普通そうだけど…。
それか、郊外型の大型家電量販店か。

大須の有名な変な信号です。

第二アメ横ビル。
ココが一番変わってましたね。
パソコン屋さんはどこへ行ったんでしょう?
衣料屋とか入ってて、もうアメ横ビルじゃなかったですよ。

その後、栄のパーティ会場へ。
いいですね、ラブラブで…。
末永くお幸せに…。

何次会までやったんだっけ?
友人3人で栄のサウナに泊まってきました(3300円)。
翌朝10時にお土産買って帰りました。


駒ヶ岳
管理人さんのブログ 2008-08-21 11:26:18
駒ヶ岳

今年は駒ヶ岳へ。

しらび平(標高1700m)までバス、そこからロープウェイで千畳敷(標高2600m)。
お盆休みをずらしたので、行きは空いてましたね(帰りのロープウェイは多少混んでましたが…)。

雲の上ですね。
見える山々は南アルプス(以前登った北岳も見えます)。
更にその向こうには、富士山が見えます。
ここからいよいよ足で登ります。
左膝が腫れてたりしたので、心配でしたが…。
下に見えるのが、ロープウェイの駅。
雲が通過。
ハイジの世界ですね。
駒ヶ岳到着。
ここから天気崩れました(日が当たらなくなると、無茶苦茶寒いです)。


無地戻ってきました、千畳敷。
膝も何とか大丈夫でした。


北関東ツーリング
管理人さんのブログ 2008-06-10 17:11:22

2002年夏(おそらく)のツーリングメモです(発見したので転記しておく)。

8月3日、PM8:00
会社からそのままツーリングへ出発・・・。
PM10:00
船橋駅到着。駅の北側では、何組もの人々が歌を歌っていた。南米の民族音楽やってるグループは、かなり人を集めていた。船橋ってそういう町だったんだなぁー。
PM11:00
今日の宿泊予定の健康ランドに到着(場所が地図と違っていて迷った。最後にはTELして場所を聞く)。健康ランドって泊まっても¥2000ちょっとだから、宿の素泊まりより断然安い!北海道のライダーハウスには安さではかなわないけど・・・。

8月4日、AM6:00
「助けてくれよー、誰かぁー」っていうどこかのオヤジの寝言で目が覚める。こんな起こされ方したら、笑うしかない・・・(というか、皆笑ってた・・・)。
8月3日、AM7:30
朝風呂に入って出発。東を目指す。僕のごついカバンを見て、山登ってきたの?って聞かれたけど・・・。このカバン見て、今まで何人もの知らない人から「何のカバン?」って聞かれるんだけど・・・。
AM11:00
九十九里浜でサーフィンしてる人見ながら、道を確認。実家は静岡の遠州灘のすぐそばなんだけど、そこよりは波は低いなぁーって感じ。
AM12:00
犬吠埼(銚子)の灯台へ。クルクル廻る階段を100段登っててっぺんへ。地球が丸いのを実感。昼は磯定食であわびとホタテ。
PM2:00
カシマスタジアムへ。外観を見ただけ・・・。
PM4:00
JRA美浦トレーニングセンターへ。当然、中には入れず。山の中に突然整然とした団地が立ち並び、馬みたいに人も飼われてるような印象を受けたなぁー。
PM7:00
2日目の健康センター発見。こちらは迷わず見つけれた。今日の走行距離は約300km。バイク乗り続けでお尻が痛い。基本的に北関東はずっと平地で町並みも変わった所がないから、そんなに面白くはないかな。今、住んでる川崎の方が、断然高低差があるよなぁーって思う。川崎は関東平野じゃないのかなぁー。

8月4日、AM9:00
また、朝風呂に入って出発。
AM11:00
秩父に到着。やっとまわりが山になった。やっぱ、山道をクネクネ走る方が面白い。
PM1:00
奥多摩ダムでの昼食。ヤマメとイワナ。ツーリングでダムを目指す事は多いな。中部地方はダム多かったから・・・。
PM2:00
奥多摩周回道路で豪雨。おまけに濃霧。ツーリングマップに気持ちのいい道って書いてあったけど、さすがにこの雨では・・・。ヒドイ霧の中、のろい車の後ろをトロトロ走る。
PM3:00
山を下りると雨もやんでいた。というか、地面濡れてないし、雨降ってなかったみたい。
PM4:00
家に到着。この日の走行距離は250kmくらい。あー、疲れた疲れた・・・。


北海道ツーリングレポート4
管理人さんのブログ 2008-06-10 15:58:10
北海道ツーリングレポート4

part3の続きです。

小樽
午後3時、小樽に到着。運河やガラス館 オルゴール館など、男一人で来るには場違いだ
と思いながらも見てまわる(無茶苦茶メルヘンチックな雰囲気の所だった)。


午後6時、ライダーハウス(ここはレストランがメインらしくて マスターもコック風の
人でした。寝るのはそこの2Fの6畳間2部屋)に飛び入りで入り 泊めてもらう事にす
る。

7月18日(木)

小樽
・午前7時起床、8時半出発(この時は 雨が降っていた。北海道はずっと天気が悪く、
晴れていたのは数時間だけだった)。
・9時45分フェリーに乗船、10時半 出航。

・夕ご飯にイクラ丼を食べる。その後 ビールを呑みながらテレビを見、消灯時間までボーッ
として過ごす(このあたりから現実の日常の事がちらつき始める)。

7月19日(金)

新潟
・朝5時半フェリーを降り、名古屋を目指す。北海道の地図しか持ってなかったので、駅
の案内表示でこれからのルートを頭にいれる。
・7時~10時、案の定 道に迷う。電話帳で現在位置を調べると自分がとんでもない方
向に向かっている事に気付く(国道○号線に入らなきゃというのだけ覚えていて、全く逆
の国道○号線に入ってしまったらしい)。
・11時、ようやく本来通りたいと思っていた道に出る(長野↑の道路標識を見た時には
ホッとした)。
・真夏の暑さに驚く(北海道の気分で数枚着込んでいたのが、最後には1枚になっていた)。

長野
・途中のドライブインでざるそばを食べる。

名古屋
・午後5時半、名古屋の自宅に着く(この日は540kmも走った為、お尻が痛くなる)。


とまあ、こんな感じで1週間半をかけて北海道を左回りに廻ってきました。今回の旅では
様々な人に出会ったんだけど、そこで感じたのは「人にはいろんな生き方があるんだ」と
いう事かな・・・。もしこの先 自分がつまずく事があったとしても、これだけ多様な生き
方があるんだから「どうにかなるだろう。気負う事なんてないさ」と そんな風に思いまし
た(ちょっと危ない考え?!)。
それから この旅の中で何回かジーンとくる場面というのに遭遇する事ができました。船
が出る時なんかはいつもそうだったし、ライダーハウスで見送られる時などもそんな風に
思いました。一晩だけ偶然出会った仲間が次の朝にはオーナーのもとを離れそれぞれの道
を行くあの瞬間は 人生そのものという感じで、何故か胸にくるものがありましたね。
こういう事を体験でき、やっぱり北海道に行って正解でした。大満足です!でも、いつま
でもあのままの気分じゃあいけないからね、気合入れてがんばらなくっちゃ!

1996年の転職期間中(4ヶ月位)に行った北海道ツーリングメモより転記。


北海道ツーリングレポート3
管理人さんのブログ 2008-06-10 15:49:35
北海道ツーリングレポート3

part2の続きです。

7月15日(月)
礼文島
・朝5時半起床。
・6時半、フェリーターミナル発のバスに乗りスコトン岬へ向かう(所要時間:1時間10
分)。
・午前8時、8時間コースの始まり(北海道を廻った中ではここが一番奇麗だった。海の
色も青く透き通っていたし・・・。それにしても、何で木が生えないのかが不思議でなら
なかった)。
・コースの脇の丘の上で昼食(民宿で握ってもらったおにぎり2個)を食べる。
・午後2時に宇遠内、午後4時半にゴール地点の地蔵岩(いかにもゴールという感じの岩
だった)に到着する。ワゴン車で迎えにきてもらって、5時半 再び民宿に着く。
・午後6時、夕飯(おかずの一品のウニがトロッとした美味しさで、本物のウニを味わえ
た様な気がした)。

7月16日(火)

礼文島
・午前6時半起床。朝ご飯を食べる。
・7時50分発のフェリーに乗るためにターミナルまでワゴン車で送ってもらう。
・フェリー出発時、桃岩YHの変な歌と踊りでちょっと胸が熱くなる(感動してだよ)。

稚内
・午前10時、一昨日に食べれなかったウニ丼を食べる(ウニたっぷりで¥2000)。
・10時半、銀行でお金をおろし 稚内出発。

夕張
・午後4時半、夕張メロンを買って送る(閉店の時間だった為、余っていた試食用メロン
をたらふく食べさせてもらった)。
・午後5時、市が管理する無料のライダーハウス(サービスエリアに似た感じ。畳を敷い
たスペースがあり、殺風景だが奇麗)に到着。時間が早かったのでもう少し先に行こうか
とも思ったが、雨が降っていたのでここに決める(先客1名)。
・東京からきたライダーと 75歳になる管理人のおじさんの3人で、夜11時頃まで世
間話をする。途中、雨の中 コンビニまで車で連れていってもらう。

7月17日(水)

夕張
・幸せの黄色いハンカチ想い出公園で、映画そのものの黄色いハンカチが風になびいてい
るのを見て感動する。





札幌
・午前11時、改装中の時計台に到着する(足場とシートに囲まれホントに何も見えませ
んでした)。
・すすき野のラーメン横丁でカニラーメンを食べる(味噌とゴマの風味。カニの爪が4つ
入っていたが 特別おいしいというほどではなかった)。
・午後0時、ボーイズビィーアンビシャスで有名なクラーク博士像を見る。
・午後1時、北海道大学の中をウロウロする(ポプラ並木を見に行ったんだけど、何だこ
れ?という感じでした)。

part4


北海道ツーリングレポート2
管理人さんのブログ 2008-06-10 15:46:39
北海道ツーリングレポート2

part1の続きです。

帯広・釧路
・この辺りは平均時速100km位で通過(ポプラ並木と牧場の続くここら辺りが 一番
北海道らしい風景だった)。

霧多布
・午後6時半 ライダーハウス(民宿の二階)に到着し、2日ぶりの風呂に入る。
・洗濯機を借り、たまっていた洗濯物を洗う。
・午後8時 同部屋の3人で居酒屋に行く(北の酒場という感じでよかったです。また、
会ってすぐ一緒に飲みに行けるっていうのもライダーなればこそですね)。

7月13日(土)

霧多布
・同部屋の人の薦めで湖(阿寒湖等)方面から知床(カムイワッカ湯の滝)方面に予定を
変更する。午前8時出発。

根室
・午前10時半 ノサップ岬でカニ丼(カニが卵でとじてある。普通のカツ丼を食べてい
る様な味でカニの味は目立たない)をたべる。
・実家に花咲ガニを送る。
・カムイワッカ湯の滝で水着が必要だと聞いていたので、市街で探す。が、結局 見つか
らず根室の町を後にする。

カムイワッカ湯の滝
・砂利道に入るとすぐ北キツネに遭遇。最初はもの珍しい為、写真をとりまくっていたが
3匹目、4匹目となるうちに素通りするようになる(野生の鹿も何匹かいた)。
・午後3時、湯の滝(一枚岩の上を流れる水が全てお湯というとんでもない所)到着。水
着を持ってない為 人の少ない上流を目指して登って行く。と、ちょうどうまい具合に前
の人が上がったばかりの滝壺を見つける(上流まで上がる事で 逆に適温の滝壺に巡り合
う事が出来ました。下で水着を着て入るような所はぬるかったんじゃないかと思う)。


斜里
・午後6時、ライダーハウス(ここは倉庫を改造してシャワー室とか畳の間とかを作って
ある)に飛び入りで入る。誰もいなかったので、一人で夕飯を食べに行く。
・午後7時半、近くの町の食堂で刺し身定食を食べて帰ってくるが誰もいない。シャワー
を浴びた後、一人寂しくテレビを見る。
・午後9時、「北の国から」のビデオがあったので布団にくるまりながら見る。倉庫とい
う広い空間なので少し怖かったが、知らないうちに寝てしまう。

7月14日(日)

斜里
・午前9時、ライダーハウスのおじさんに挨拶して出発。

網走
・午前10時、網走刑務所を見ようと思っていたが知らないうちに通過してしまう。特に
見たい場所ではなかったので、そのまま先を急ぐ。

宗谷岬
・午後2時、ついに日本最北端の地に到達。みやげ物屋にも寄らず、写真をとっただけで
すぐ出発する。

稚内
・午後2時45分、ウニ丼を食べようと思って食堂に入るが、ご飯がないといわれしぶし
ぶ天ソバを注文する。
・午後4時15分、礼文島行きのフェリーに乗る。



礼文島
・午後6時10分、礼文島に到着。
・民宿の人に 8時間コースを歩くのは連泊でないと無理だと言われ、次の日も泊めても
らう事にする。その後、コースについての説明を受ける。

part3


北海道ツーリングレポート1
管理人さんのブログ 2008-06-10 15:46:28
北海道ツーリングレポート1

1996年の転職期間中(4ヶ月位)に行った北海道ツーリングのメモが出てきたので転記しておく。

7月9日(火)

名古屋
・自宅を出る直前まで降っていた雨がピタリとやむ。
・2年以上動いていなかった腕時計の電池を換えてもらい、午前10時頃 出発。

木曽
・ドライブインで山菜そばを食べ、その後翌々日泊めてもらう所に予約のTELを入れる
(翌日[北海道に着く日]は函館の公園にでも寝ようかと思っていた)。

直江津(上越市)
・フェリーの出発が夜中の0時だというのに、午後7時前に到着してしまう。が、夕飯を
食べる所をウロウロ探していた為、意外と時間がつぶれる(ウロウロ探して入った所は、
結局ラーメンのチェーン店)。
・午後10時頃 乗船。出港の時間までフェリー内の浴場に行く。
・0時ついに出港!甲板で若い2人組に「皆で投げて欲しいんです」と言われ紙テープを
渡される。その紙テープがプチンと切れた瞬間、自分の中で「いよいよ旅立つんだ!」と
いう気分が妙に盛り上がる。

7月10日(水)

フェリー内
・朝、食堂でイカ刺し定食を食べる(コリコリした新鮮さが美味しかった)。



・船内シアターでウエストサイドストーリーを見たり、風呂に数回入ったりと、暇を持て
余す。

室蘭
・午後4時北海道上陸。空模様が段々あやしくなるが、そのままの足で函館に向かう
(このあたりから、日常を忘れた頭の中は北海道一色になっていった)。

函館
・あと数kmの所で雨が降ってくる。もうちょいで函館の町だからと雨合羽を着なかった
のが失敗でかなりビチョビチョになってしまう。野宿する気力も奪われてビジネスホテル
に逃げ込む。
・午後8時 チェックインした途端に雨があがる。ジメジメした空気の中でヘルメットを
被るのがうっとうしかったのでノーヘルで夜の函館を散策する。
・午後9時 パトカーに捕まり、減点1(罰金がないだけマシ?!)。
・気持ちを切り替え、100万ドルの夜景を見ようとロープウェイを登るが 見えるのは
霧だけ・・・。
・ビジネスホテルの50m手前で、再びパトカーに捕まる(さっきとは違うお巡りさん)
が、厳重注意だけで見逃してもらう。

7月11日(木)

函館
・朝市でウニいくら丼を食べ(市場の食堂みたいな所)、函館の町を出発する。


長万部
・長万部名物のカニ飯(ちらし寿司の様にカニがご飯の上にふってある。パサパサしてい
てそんなに美味しくはない)を昼食にする。

富良野
・午後6時半、予約してあったライダーハウス(10部屋程あるプレハブ小屋)に到着。
皆で焼きソバをやるからと、ノコギリで一生懸命木を細かくしマキを作るはめに・・・
(ライダーハウス初体験だったので この時はこういう事をするのが普通だと思い込んで
いた)。
・夜、焚き火を囲みながら世間話をする(会社を辞めて北海道に来た人がほとんどだった
のには驚いた。1ヶ月住み着いている人などもいて「もう社会復帰するよ」「これ以上こ
こにいたらヤバイ」って言っていました。そういう人達の気持ちは名古屋に帰る時とかに
初めて分かった様な気がします。やっぱり日常のしがらみがなく仕事の事や将来の事を考
えなくていい北海道は居心地がいいからねぇ・・・)。

7月12日(金)

富良野
・午前9時 オーナーと住み着きの人に見送られライダーハウスを出発する。
・午前10時~10時半 吹上温泉(「北の国から」で宮沢りえが入った露天風呂。更衣
室がないので板の上で服を脱いで入りました。ドラマで有名になったので遠くから来る人
ばかりだろうと思っていたが、聞き耳を立てていると地元らしき人の方が多かった。さす
がに女の子は水着を着て入ってました)。
・午前11時 北時計(「北の国から」の中で宮沢りえと純が会っていた喫茶店)でミー
トソーススパを注文。礼文島~稚内間のパイロットをやっているというBMWに乗る中年
ライダーと話が弾む(北海道に来たらバイク乗りは皆仲間っていう感じです。ピースサイ
ンはほぼ100%だし、休憩してたりするとよく声をかけられました)。
・麓郷の森で純と蛍が育った家(ロケで使われた家がそのまんま残されている)を見るが、
すっかり観光地化されていて ちょっと幻滅する(何も分からないおじさんが「ワシ等は
こんなもん見に来たのか」と言っていたのを聞き、なら見に来るなよ!と心の中で一人怒っ
てました)。


part2


富士山・伊豆ツーリングレポート
管理人さんのブログ 2008-06-10 12:44:17
富士山・伊豆ツーリングレポート

2002年夏のツーリングレポートが出てきたので転記(写真提供はキノピー、ありがとう)。

今回は富士山と伊豆です。静岡出身といっても最も西よりの生まれなので、ほとんどこの地方は行った事はなかった・・・。

8月24日 AM11:00
コ○ミスタジオのバイク乗り5名とツーリング(目標は富士山新5合目)。集合10:00のはずだったけど、寝坊により集合11:00に。東名の港北SAに集まる。

AM11:30
ガソリン給油のため、海老名SAに。バイクを2ストのガンマと取り替えてもらって出発(昔、NSRに乗ってたので、2ストは懐かしかった・・・)。

PM1:00
当時乗っていた革張りスカスカ仕様のTW200が少しだけ写ってるな(あと、バイク乗る時いつも背負ってた脊髄ガード用かばんも写ってる)。

御殿場インター下りる。で、道に迷う。何度と道を確認して(最後は自衛隊員に聞いた・・・)富士山行きの道にでる。
なんか楽しそうだな、オレ。

PM2:00
ずっと自衛隊の演習場の中の道(木と演習場の看板しかない道)。ガソリンスタンドがなくてピンチ。
やっと見つけたと思ったら、休業中だったんだっけ!

PM3:00
ガソリンないまま、新五合目。さすが、富士山は寒い・・・。やっと昼飯。でも、なにも入ってないカレーうどん¥700、高っ!

PM4:00
山を下りたところで、みんなとお別れ。
一人になっちゃったので、ここから写真ないです。

PM4:30
ガソリンスタンド発見。多分、ギリギリ。よかったぁー。

PM7:00
修善寺。あてにしてた健康ランドが深夜営業打ち切りとの事で、どうしようかと路頭に迷った。でも、近くにユースホステルがあったので、TELして行く。ユースホステルは初めてで、みんなで集まって歌を歌うとかいうイメージがあって恐々だったけど、そういうのはなかった。

8月25日 AM8:00
なんだかユースホステルの仕組みも分からないまま、チェックアウト。

AM9:00
戸田へ。蟹の町らしいのだが、どこの店もあいてる様子がなく、通過(民宿はいっぱいあったけど、そこへ朝ご飯だけを食べに入るのはなんだか変な感じだったし・・・)。

AM10:00
野生の猿がいた。伊豆の南西の方はあまり人も来ない感じ。看板に伊勢えびを取るな!と書いてあった。たしかに地形は志摩半島の方の雰囲気に似てる。海が緑色だった・・・。

AM12:00
石廊崎到着。とにかく暑い!サザエの串焼きが安かったので食べる。バイクから降りて30分ほど歩いて、灯台へ。先端は断崖絶壁の見晴らし台。そんなところに神社があったりちょっと怖い所。あんな所で、地震になったらやばそう・・・。

PM1:00
ガイドブックに載ってた店で、伊勢えびラーメンを食べる。半分丸々入ってて¥1120だった。かなりお得。

PM3:00
天城峠。伊豆の踊り子のトンネルは旧道なので、バイクで3キロほど、砂利道を走る。トンネルは昼間でもなんだか不気味だった。夜だったら、絶対何か出そう・・・。

PM3:30
わさびの産地らしくわさびソフトクリームを買って食べてみる。かなりわさび味が強烈。あんまりソフトクリームには合わない・・・けど、わさび味のポテトチップスの感覚っぽくって、味とは別の感覚が呼び覚まされる感じというかなんというか・・・。

PM4:00
昨日泊まった修善寺に戻ってしまった。伊東に向かう為、進路を東に・・・。

PM4:30
ハトヤがあった・・・。

PM5:00
熱海の辺は、車が渋滞。バイクはすり抜け・・・。

PM7:00
川崎の家に到着。

東北にも行ったし、これでだいたい日本中、まわったかな・・・。しばらくはツーリングはいいや・・・。この1ヶ月で4000kmくらいか・・・、走り過ぎだな。


東北ツーリングレポート
管理人さんのブログ 2008-06-10 08:53:46

2002年夏に行った東北ツーリングのメモが出てきたので転記しておく。

8月10日 AM8:00
川崎の家を友人と2人で出発!
帰省ラッシュ真っ只中。環状8号線北上はムチャ混み。
PM2:00
昼飯は湯波(ゆば)。ふにゃふにゃした食べ物、日光名物らしい。
日光東照宮到着。「見ざる聞かざる言わざるの猿」や「眠り猫」を見る。あまり寺とか興味ないけど、一見の価値はあったかな。
PM6:30
会津若松到着。夕飯は喜多方ラーメン。宿泊は健康ランド(以降1週間、ずっと・・・)。

8月11日 AM8:00
出発。白虎隊が命を絶った山(というか丘かな?)に登る。幕末は好きで坂本竜馬の像とか見に行ってるから、ここは今回の東北ツーリングの目玉だった・・・。
AM10:00
猪苗代湖1周。すんなり1周できると思ったら、湖の南側は砂利道だし、湖自体もかなりデカイ(日本で4位の広さとか。走り終わるまで知らなかった)。僕の実家の浜名湖よりちょっと大きい感じ。
AM11:00
休憩したドライブインに喜多方ラーメンがあったので、味くらべの為にまた食べる(朝飯)。
PM1:00
で、本当の喜多方市に到着。本格的な喜多方ラーメンの店,発見。本場の味をあじわう(昼飯)。
PM3:00
米沢で米沢牛の串焼き。
PM4:00
山形市通過。パトカーに「ナンバー跳ね上がってるね・・・」と注意を受けるがオトガメは無し。
PM5:00
酒田の辺り・・・。山を越え、日本海側に向かった途端、雨。ここ以降、最後の前日まで、ずーーっと雨合羽を着たまま。
PM7:30
本荘手前でやっと今日の健康ランド(たしか2000円弱、ここは安かった・・・)。

8月12日 AM8:00
日本海沿いをひたすら北上。
AM12:00
世界遺産の白神山地の林道に入ろうとしたが、通行止め。そのまま北上。
PM4:00
昼飯としてウニ丼¥2000。
竜飛岬手前。雨合羽破ける・・・。道の駅でテープを借り、修復(黒いゴミ袋ももらったので、ついでに着る)。
PM5:00
竜飛岬先端。ものすごい雨と霧と強風・・・。今回のツーリングで一番自然を感じた所。自然の猛威の中では人なんてちっぽけなもの。バイクだけが頼り・・・って感じ。
PM7:30
青森の健康ランド到着。ツーリングライダーいっぱい(50台くらい停まってた)。

8月13日 AM8:00
今日の目的は下北半島一周。
AM11:00
むつ市到着。半島の奥にあるのに、かなりデカイ町。人口5万人とか・・・(と、地元のライダーが言っていた)。
でかいホームセンターがあったので、雨合羽購入。
PM1:00
恐山到着。石が積んである所に風車が差してあるあの風景はかなり怖い・・・。硫黄の臭いも雰囲気を増幅させていた・・・。
PM3:00
大間崎。本州の最北端。NHK「私の青空・・・だったかな?」の舞台だったらしいけど、知らなかった。
PM4:00
がけ崩れの為、完全には1周できず。ちょっとショートカット。
PM5:00
尻屋崎。牛と馬が放牧されているだけの所。わざわざ行った価値は無し。
PM6:00
街灯もない道をひたすら南下。雨も降っていて、道もよく見えず・・・。なんだか暗い地域だったな(何故だか走っていて不安な気持ちになる所)。
PM7:30
十和田市。今日の健康センター(というか、ぼろい宿・・・という感じ)。ヌメヌメの湯。

8月14日 AM8:00
奥入瀬渓流。有名なところだけあって、かなり綺麗なとこ。
AM10:00
十和田湖。ひめますが有名らしい。ので、ひめます定食。
PM1:00
八幡平。霧で全く見えず(視界10mくらい)。ひたすら前の車について山道を走る。
PM3:00
盛岡手前のドライブイン。盛岡は冷麺が有名らしい。ので、盛岡冷麺。
PM4:00
宮沢賢治の羅須地人協会の家と資料館。「雨ニモマケズ」や「永訣の朝」の原稿の複製があって感激。いいとこだった。
PM6:00
北上市で、健康ランド泊。

8月15日 AM8:00
出発。
AM9:00
平泉の金色堂。屋根以外、全部「金」。一言、すごい建物。
AM11:00
気仙沼で生牡蠣。1つ¥500。でも、かなりデカイ。今までみた中でも一番大きな牡蠣だった・・・。友人はいくつか食べていた。
PM2:00
牡鹿半島。捕鯨基地の町・・・があるが、なんかさびれた感じ。とりあえず、鯨の刺身定食を食べる。
PM5:00
松島。日本三景・・・といわれれば確かに綺麗なとこだけど・・・。とにかくちょうど花火大会の渋滞やら人ごみやらに紛れ込んでしまって大変だった・・・。
PM6:30
今日の宿泊の地、仙台。

8月16日 AM8:00
仙台の町を歩く。杜の都って感じではなかったけど・・・。規模は名古屋くらいある感じ。
AM10:00
青葉城。伊達正宗の像とかあった。仙台名物の牛タンを食べる。
PM1:00
蔵王。スキーで有名な蔵王に・・・。夏だけど、結構人はいた。特に見る場所はなし。
PM8:30
ひたすら走リ続けていわき市到着。すっと走りっぱなしだったので、肩がこった・・・。

8月17日 AM8:00
あとは川崎に帰るだけ!ひたすら国道6号を南下。
PM2:00
ゴール!

総走行距離2600km。1日平均、300km強か・・・。よく走ったから、なんかバイクの調子悪し・・・。


江南
管理人さんのブログ 2008-05-21 15:02:32
江南

昔、住んでいた町、愛知県の『江南』へ行って、仲間に会ってきた。
…といっても、もぉみんなチリジリになってしまっているので、会ったといっても一人である。
ゲーム業界は出入りが激しいので、都会でもないこの町にとどまっている人はそんなにはいない…(元々地元の人でなければ、会社辞めれば出て行ってしまう)。

ちなみに年末年始の拠点である北名古屋市から自転車。
1時間強くらい。

7年住んだ江南団地に程近い『うさぎ屋』という所。
1階の『タイサイ(もう店は変わっていた)』は行ったことあったが、2階のココは初めてである。
写真、撮り忘れて食べ終わった後。
会計、2人で約13500円!!!飲み過ぎか?
ちょっとおごってもらっちゃった。ありがと~。

~~~~

江南市を通ったので車内から写真を撮ってみた。
用事があったのは木曽川町なので、通過のみ(ブックオフ江南店は寄ったが…)。
新しい道が次々と出来てて、随分雰囲気が違ってました。
この辺りなのよね、5年住んでた江南団地。
ここ左折した右側。毎週サッカーやってたグランドです。


GW 関東1
管理人さんのブログ 2008-05-07 16:31:45
GW 関東1

ゴールデンウィークに子供と関東方面へ行く事にした(普段サッカーばかりなので、こういう時でないと出かけられない)。
関東には5年住んでいたので、その時行った所のリストを出して子供達に選ばせてみた。
ちなみにリストはこんな感じ。

◎ディズニーランド、ディズニーシー
・後楽園
・東京タワー
・科学技術館
・国立科学博物館
・上野動物園
・横浜子供科学館
・八景島シーパラダイス(と潮干狩り)
・ズーラシア(横浜動物園)
・横浜こどもの国
・麻溝公園
・つくし野アスレチック
◎清水公園アスレチック
・日本科学未来館
・ソニーエクスプローラーサイエンス
・船の科学館
・よみうりランド
・サンリオピューロランド
・としまえん
・ジブリ美術館
・横浜コスモワールド
◎富士サファリパーク
◎富士山こどもの国
・富士急ハイランド
 (小さいとこはもっとあるが、まぁリストとして上げるとこんな感じか…)

相談の結果、◎印に決定。
ちなみに泊まりは車中泊&友人宅(ホテル代節約の為)。

~~~~

四連休、フルに使う事に計画を立てました。

金曜、夜出発
土曜、ディズニーランド(めいいっぱいの閉園時間まで粘って車中泊)
日曜、ディズニーシー(18時くらいで切り上げ、友人宅へ)
月曜、清水公園アスレチック(2日間泊めてもらう事にしました。お邪魔します)
火曜、帰路途中、富士サファリパーク&富士山こどもの国へ

~~~~

行って来ました関東。
計画通りに行動できました。

それでは、ディズニーランドから…。
金曜の夜9時家出発。
子供達には寝てもらって、運転手の自分はまぁ眠くなった場所で車中泊という事に…。
静岡の西端から東方にかけてはバイパスが充実していて信号もなく進めるので、まずはバイパスでGo!
ICとの接続で都合のいい清水IC辺りで乗るか…と思っていたが、予想以上に早い時間だったのでパス(この辺りから富士の辺りに少し信号があるので、普段は清水ICで乗る事が多い)。次に接続のいい沼津を目指す。
沼津ICでもそこそこ早い時間。このまま眠らずに行ったらディズニーランドの駐車場開門してなくて困るかも…という事で、ここもパス(沼津越えると結構信号で停まるのでこの辺りがいいのではあるが…)。
裾野ICもパス、大井松田ICから先の下道はバイパスも無く街中で普通に信号ばかりなのでココで高速乗る事に…。
東京料金所までで1800円位、安上がりに済みました。
眠くならなかったので、ノンストップで首都高経由して葛西IC(浦安ICより断然早いです)で降りてディズニーランド駐車場に着いたのが2時。
すでに駐車場開門していて、着いてすぐ安心してそのまま車で就寝。
子供が早く目覚めて暇そうだったので、5時にチケット売り場へ…(結局3時間しか寝れなかったか…)。
前から3番目です。
2Dayパスポート購入(明日はディズニーシーです)。
でも、チケット買っても元からチケット持ってる人の後の列へ並び直すので、入れるのは少し後になります(…といっても10分位ですが)。

早く入ったので、まずは駆け足でビッグサンダーマウンテンのFPゲット。
そのままスプラッシュマウンテンに並び、すぐ乗れました(待ち時間10分)。
乗り終わった後の時間で、人気アトラクションは1時間待ちとかそんなんになってしまってましたね。
取ったFPの時間まではまだすいているアトラクションに乗って、FPの時間にビッグサンダーマウンテンへ(さすがFP、すんなり乗れます)。
その後、次のFP。FPも12時には無くなるので、結局取れるのは3箇所程度ですね。

この日はあいにくの雨、靴グチャグチャ。
とにかく凄い人…。
さすがゴールデンウィークだ!
ポップコーンも並びます。
ま、仕方ない(それでも何種類かを食べてます)。
夕方になってやっと雨が止んだ感じ…。
最後、一番人気のプーさんへ。
閉園直前なので30分待ちで乗れましたね。
プーさん終わって閉園の10時経過。
お土産を見つつ、ほぼ最後、自分達は最後の100人とかそれくらい(歯磨きも園内で終わらせたりとか…)。
駐車場もほとんど皆出た後でした。

一番心配したディズニーランド後の車中泊なんですが、問題なかったです。
ランド閉園後駐車場出たのが11時、シーに向かった所50台位道端に並んでいたその後に停車。12時くらいに門前まで誘導で仮眠、1時過ぎに早くも駐車場に入れてもらって十分寝る事が出来ました(1時の時には案内の人が大きな声で起こして回っていましたね)。

パート2へ続く…。


GW 関東2
管理人さんのブログ 2008-05-07 16:23:41
GW 関東2

パート1の続きです。

駐車場で車中泊、6時間くらい寝れたかな。
起きたのが6時前。
まぁ何もする事も無いので、開場待ちに並ぶ事に…。
2Dayチケットなので、今回はチケット売り場へ並ぶ必要は無し。
そのまま門の前に並びます。
前から20組目くらいですかね。まぁこういう列は、いっぱいあるんですが…。

昨日に引き続き、雨がパラパラ(降ったのは開園前だけだったので良かったですが、傘がずっと荷物になってしまいました)。

開門後は走ります。
大人気アトラクション『タワー・オブ・テラー』のFPをGet!
その後、まだすいているので『センター・オブ・ジ・アース』へ向かって走ります。
待ち時間10分で乗れました。
昨日と同じく、乗り終えたこの時間帯で他の人気アトラクションは1時間待ち。
あまり待たないアトラクションやポップコーンの列に並んだりと、タワー・オブ・テラーのFP時間を待ちます。
怖かった『タワー・オブ・テラー』、その後『スペースマウンテン』のFPゲット。
昨日のランド同様、シーも混みまくり。
さすがにGWです。
混んでる時は、並ばせる必要のない園内の仕掛けで遊ばせるのが一番。
『マーメイドラグーンシアター』『マジックランプシアター』は、いつでもFP取れるようです。
ただし『マーメイドラグーンシアター』のFPの時間は15分程度(一度行きそびれて2度発券しました)。
燃える滝、見てるとこまで熱気が来ます。
ちなみに小学4年と2年なんですが、ホラー系はダメみたいで乗りたがらないですね(タワー・オブ・テラーは無理やり乗せたんですが、かなり懲りてもういいと言ってました)。

この日は友人宅宿泊なので6時にディズニーシーを出発。
足立区なので首都高を真っ直ぐ北上するだけなのに、渋滞して1時間15分もかかりました。

2日ぶりのお風呂に入って、ビール&おつまみもご馳走に…。
ありがとう!!!

パート3へ続きます。


GW 関東3
管理人さんのブログ 2008-05-07 16:19:03
GW 関東3

パート2の続きです。

友人宅に泊めてもらって、次の日その家族と一緒に清水公園へおでかけ。
足立区からは首都高少しと常磐道少し。後は流山の専用自動車道を西へ行くと着きます(1時間かかりません)。
子供達がディズニーランドの次に選んだ場所ですね(それほど楽しい場所です)。

同じ敷地内に立体迷路有り。
30分程で出てこれる所。
子供だけで行かせて、親は外で待ってるパターンが多いみたい(皆で入るとかなりの料金になってしまうので…)。
GWをなめてました。
この清水公園もえらい事に…。
アスレチック入場整理券配ってるし、入場待ちの列は300m。
子供達が立体迷路やってる時間を利用して列に並んでました。
列は長いですが、45分くらいで入れた様な気がします(まぁ中入ってもコミコミなんですが…)。
すぐ水上コースへGo!(これが正解。しばらくして水上コースの列はあふれ、何時間待ちか分からないくらいになってましたね)。
水上コースの名物『ターザン』です。
アスレチックの外からも見学できるので、大盛り上がり!
皆、落ちるのをワクワクして待ってます。
ウチの子は2人共、出来てましたね(小学2年と4年)。
一緒に行った子供が水に落ちてました。
助けに行った友人(父親)、落ちた子供を引き揚げようとして、重さで一緒に池に落ちてました。
正にミイラ取りがミイラに…(後で分かったんですが、その時、肩の骨にヒビが入ったそうで、今は三角巾で腕を吊っているらしいです)。
ただただ笑って見てて、申し訳ない…(いやぁ、そんな状態になってるとは…)。
水上コース以外も、とにかく混みまくり。
コツは、最初の5種類くらいはパスして、先に進む。
意外と中はそれほど待たなくても出来ます(一人づつやるのは列できちゃいますが…)。
混んでましたが『ファミリーコース』『冒険コース』『水上コース』とも、一通り回れました。
一通り出来たので、4時くらいで終了。
帰る時にも、売店近くまで『水上コース』の列が伸びたまま…。
ホント、最初にやっておいてよかったです(多分、待つのに2~3時間はかかっただろうな)。

パート4、いよいよ最終日です。


GW 関東4
管理人さんのブログ 2008-05-07 16:16:05
GW 関東4

パート3の続きです。

いよいよGW、最終日。
帰りつつ途中寄り道という感じです。

足立区の友人宅を午前7時発。
首都高もスイスイ(もちろん東名も…)。

富士サファリパークに9時到着(開園時間よりも早く開いていたみたいです)。
HPをプリントアウトした入場割引券で、少し安く入れました。
なんとなく駐車場が混んでる感じ。
ちょうど開いた場所に車を停めて、園内の動物園とかを散策。
園内は『ねこの館』『いぬの館』『乗馬コーナー』『動物園』みたいのがあるんですが、あまり面白くないですね(まぁディズニーランドとかの後ですから…)。

この食べ物、ケバブというのか。
ここ最近、よく見るな。
渋谷とかで売ってる回ってる肉を削ぎ落とすやつです(この前はエコパのサッカー場で食べたっけ)。
餌を間近で見られるバスに乗ろうとしたのですが、予約時間が午後2時とかだったので、自分の車で回る事に…。
車でサファリ内に行く時には、激混み。
駐車場待ちの車でごった返していました(サファリコーナーを抜けた後にデカイ駐車場があるのだが、皆分からないみたい)。
猛獣達、指定の場所から移動は出来なくて(高圧電線とかで区切られている)、なんだか普通の動物園と変わりない感じな気がします(移動が車なだけ…)。
ノロノロノロノロと、動物を見て回ってるというか、渋滞にはまってる気分。
この日は東京からも富士山がクッキリ見えてました(朝には雲もかかってなかったです)。
まぁ一回りしたので、早々に次の場所に移動です。

パート5へ。


GW 関東5
管理人さんのブログ 2008-05-07 16:02:36
GW 関東5

パート4の続きです。

静岡県なので学校から『富士山こどもの国』のチラシをもらうのですが、その度に「行きたい」とか言っていたので寄って来ました。
富士サファリパークの隣です(ついでに寄った感じです)。

前にも行った事があり、あまり面白くは無いなぁと思っていたのだが子供達は覚えていない様子。
いくつか拠点があるんですが、とにかく広くて歩くだけで大変です。
勾配もあり、登りは辛いですね。
ここも混んでました。
網のジャングルジムとかカヌーとか木材工作とか、あまり遊ぶ物もないので集中してしまい長蛇の列です。
高度が高いので、涼しいんですが日差しが強い感触でしたね。




最後、水の国のこの遊び場だけは楽しめたみたいです。
子供曰く、ここを選んだのは失敗だったそうです(前の日までが楽し過ぎだから仕方ないでしょ)。

帰り、富士ICから三ケ日IC。
さすがに自分も疲れて居眠り運転しかけたのでPAで30分仮眠。
家に6時着でした。

ま、こんな感じのGW、とにかく体力勝負な感じでしたね。


伊良湖岬
管理人さんのブログ 2008-05-07 08:06:36

自転車で行ってきた渥美半島の先端伊良湖岬
自宅から往復で100kmでした(しばらく走った後の看板に伊良湖岬47kmとなっていました) 。
30km超えるとこぐ力もなくなってくる。…というかこぎたくなくなる。

動画で見えているのが、岬の先端です。
フェリーの発着場とかあります。

太平洋側には自転車専用道路とか設置されているんだが、まだまだ作りかけだったり、壊れて通れなかったりと、なんだか役立たずな道でした(わざわざ車道と別に作る事もないだろうという感じ)。


何とか帰ってきたけど、ちょっと距離あり過ぎたかな。


靖国参拝
管理人さんのブログ 2008-05-07 08:06:21
靖国参拝

東京駅-新宿駅を歩いてたら靖国神社があったので、今まで一度も入ったことがなかった事もあり参拝してみた。
併設されている資料館にも入ったわけだが、戦争を正当化する主張の映画とかやってて???気分。
ただ、日本の為を信じて散っていった人々(個人個人)に罪があるはずもなく、そこは純粋にお参りできた。


陣馬形山頂
管理人さんのブログ 2008-05-07 08:04:13
陣馬形山頂

親戚に山生活が好きな夫婦がいてログハウスみたい(丸太ではないな)のを所有している。
休みになるとそこへ集合となるわけ(ムゲに断るわけにはいかないんだよねぇ、親戚だし…)で、その周辺で色々やったりする。で、今回は陣馬形という山へハイキング。登ったのはいいけど、山頂には車で行ける道がチャンとあったりしてなんだかなぁ~という感じだったりした。
子供ができると連休とか親戚に合わせに連れて行くから、結局自分の時間なんて無いんだよなぁ。
ま、写真撮ったので載せておく。





宝剣岳
管理人さんのブログ 2008-05-07 08:03:55
宝剣岳

子供達をつれて駒ケ根へ。
ロープウェイに乗って一気に上空。
お菓子の袋は気圧が低いのでパンパンです。
かなり上まで苦労することなく来れてしまうので卑怯な感じはするが、まぁそぉいうとこも有りかなと…。
宝剣岳へ登るとなると、それなりに勇気は必要…。
落ちたら死にます。マジに…。
大人なら落ちて死んでも自分のせいだけど、子供達はどうかなぁ。
ホントは自分の意思で命をかけれるかの判断がつく年齢になるまでは、来ちゃいけないような気がするけど…。
万年雪ありました。このお盆の時期に溶けないんだから、本当の万年雪なんだろぉなぁ。
この後、極楽平経由なので、グルっと周った感じ。
所要時間4時間くらいかな。


大阪
管理人さんのブログ 2008-05-07 08:01:00
大阪

次のお仕事の面談で、大阪まで来いというので行ってきた。
でも、感触はいまいち。
大阪まで呼んどいて、それは無いよなぁ…。
無理っぽいなら、何で呼ぶかなぁ…。


白馬
管理人さんのブログ 2008-05-07 07:58:56
白馬

スキーしに、白馬村にきた(これも毎年恒例の親戚付き合い)。
積雪が凄くて、大町越えた辺りでチェーン装着。
北名古屋市11時発白馬村15時半着、4時間半かかった。…ので、初日はスキー無しで明日から。ちなみに明日夕食後帰宅(白馬-静岡)で結構ハードなので、こんな時間(午前5時)にブログしてる場合じゃないのだが…。
ココのペンションでは暗号キー無しで無線LANが使える。通信速度もしっかり出ている(ほかのペンションの電波っぽいけど…)。
WILLCOMの電波も普通に届いた(去年は圏外だった)し、便利な世の中になったものである。



~~~~

夜中1時半、静岡着。
高速をブラック缶コーヒー3本でしのいだけど、キツかった(途中、何度かぼーっとした)。


東京駅
管理人さんのブログ 2007-02-16 13:09:51

随分前の動画です。
前の会社の退社手続きの時の東京駅です。
この後、丸ビルで手続きでした。


<< 2017年11月
2017年11月18日(土)
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

 最近の書き込み

SMTP
  <2016-04-06 12:03:21>
S.M.A.R.T.
  <2015-05-07 08:03:36>
POP
  <2015-04-21 11:33:37>
Linuxコマンド
  <2015-04-21 11:03:04>
アルバートオデッセイ
  <2014-08-04 23:12:12>
トイレ
  <2014-01-31 08:58:16>
(*)調光スイッチ
  <2013-09-30 10:46:11>
(*)調光スイッチ
  <2013-09-20 01:26:34>
(*)調光スイッチ
  <2013-09-17 12:21:11>
(*)調光スイッチ
  <2013-09-15 20:13:59>


 カテゴリー

おでかけ(83)
サッカー(45)
旅(45)
 ・ 箱根
 ・ 小田原
 ・ 健康ランド
 ・ 新横浜ラーメン博物館
 ・ みなとみらい
 ・ プリントアウト
 ・ 海外旅行変換プラグ
 ・ 富士急ハイランド
 ・ 富士登山
 ・ 南アフリカW杯観戦記4
 ・ 南アフリカW杯観戦記1
 ・ 南アフリカW杯観戦記3
 ・ 南アフリカW杯観戦記2
 ・ 日暮里
 ・ スーツケース
 ・ 八景島
 ・ 鎌倉大仏
 ・ ユニバーサルスタジオジャパン
 ・ 安曇野
 ・ 大王わさび農場
 ・ GW 2009
 ・ 伊良湖 - 鳥羽 フェリー
 ・ 名古屋駅周辺
 ・ 栄 - 金山
 ・ 駒ヶ岳
 ・ 北関東ツーリング
 ・ 北海道ツーリングレポート4
 ・ 北海道ツーリングレポート3
 ・ 北海道ツーリングレポート2
 ・ 北海道ツーリングレポート1
 ・ 富士山・伊豆ツーリングレポート
 ・ 東北ツーリングレポート
 ・ 江南
 ・ GW 関東1
 ・ GW 関東2
 ・ GW 関東3
 ・ GW 関東4
 ・ GW 関東5
 ・ 伊良湖岬
 ・ 靖国参拝
 ・ 陣馬形山頂
 ・ 宝剣岳
 ・ 大阪
 ・ 白馬
 ・ 東京駅
DIY(43)
食べ物(39)
映画(36)
家(35)
季節(34)
健康(32)
地元(29)
本(29)
家族(29)
モバイル(23)
生物(23)
学校(22)
家電(21)
ドラマ(21)
風景(18)
Web(18)
PCハード(17)
通勤(16)
ゲーム(16)
Winアプリ(15)
ブログ(14)
Linux(13)
飲み物(13)
自転車(13)
ゴルフ(11)
ブラウザ(11)
ネットワーク(10)
javascript(10)
足技(9)
php(9)
会社(8)
感銘映像(8)
税金(6)
空想(5)
VMware(5)
Ruby(4)
データベース(3)
perl(1)